閃の軌跡 感想日記30「終章 士官学院祭、そして 4」

※ネタバレがあります。

差し入れ


エリゼに会うまでには時間があるため、騎神を調査しているジョルジュのもとへ向かうことに。

ここで本校舎の屋上にある屋台でブラックチェリーパイを買って差し入れすると、とても喜んでくれます。アイテムもくれるので、一石二鳥ですね!


エリゼの案内


エリゼとの待ち合わせ場所に向かったリィン。彼女と合流した直後、パトリックと出会いました!

パトリックはエリゼに気があるので、彼女を誘おうとしますが、リィンは社交界デビュー前を理由に2人の間に割って入りました。

余計な虫がつかないようにするのも兄貴としての役割でね

恐るべしシスコン兄さん…!

邪魔者を排除したリィンはエリゼを校舎内へ連れていきました。彼女の案内も終わり、アルフィン皇女らにエリゼを託したリィンは、早速ライブの準備にとりかかります。


そして、講堂では貴族クラスⅠ組による小劇場オペレッタが演じられました。

それを見たⅦ組は勝てるのかと不安に陥りますが…

駆けつけたアンゼリカ


そこに駆けつけたのはアンゼリカでした!

ログナー侯爵には、お見合いをいくつか受けることを条件に、学院祭に行くことを許可してもらったようです。

早速女子全員を抱きしめるアンゼリカは、トワやジョルジュと共にⅦ組を励ましてくれました。

Ⅶ組ステージ


まずはマキアスとユーシスのダブルボーカルから!音声がないのは悲しいですが、ぴったりと息が合っている姿は見ていて泣きそうになります…!

最初は評価に響くほど仲が悪かったのが、今となってはご覧の通り。成長して一安心ですね。


次のライブでは、ロリボーカル(ミリアムとフィー)の後にエマさんが登場!!

衣装だけでなく、眼鏡を外したエマさんが美しすぎて…!!これは惚れない人はいないんじゃないでしょうか!?


個人的に、最も声をあげたシーンはこちら。クロウがボイス付きでカッコイイ演出を見せてくれたんです!!

皆さんーーご声援ありがとう

あーーもう、この声がたまらんのです!!音量をがっと上げて聴き入らせていただきました!

ここから、アンコール曲が始まります!


講堂に多くの人が詰めかけているんだろうなと思いきや、想定していたより少なく…。これがvitaの限界

Ⅰ組との勝負は投票の数で決まるので、これで勝てるのかとハラハラしますが…。


しかし、そんな心配は微塵に吹き飛びました!

疲れていたⅦ組メンバーの前に現れたトワは、Ⅶ組のステージが1位に輝いたと教えてくれましたので!

その前にはパトリックが、自分らは負けたというニュアンスの小言を言いに来たので、これはもしやと思いましたよ。

後夜祭


こうして始まった後夜祭。ステージの構成や衣装などを手がけてくれた、クロウとエリオットに礼を告げるリィン。

こう言っちゃなんだが、俺が借りたミラを返すのは相当珍しいんだからな?

そう言って、クロウは50ミラを返してくれました。縁結びおみくじの成果か

これは、クロウの手品で取られたミラです。しかし今になって返してくれたのは、何故でしょうか。

後夜祭を過ごしたい相手


次に、後夜祭を過ごすパートナーを決めることに。ここでは男性を選びますと、

ま、まさか兄様…そういう趣味が…?

とエリゼに驚かれます。

エマの場合


女性を選ぶとフォークダンスを楽しめるようで、私はエマさんをチョイスしました。

ここでは、エマさんの悩みが聴けます。Ⅶ組の中で自分だけ正体を明かしてないため、皆と本当の意味で絆を築けていないのではないかと考えていたそうで。

だからと言って正体を明かすわけにもいかない彼女に、リィンはそんなことないと慰めていました。

クロウの場合


こちらはクロウをチョイスした場合です。

クロウをご飯に誘ったリィンは、珍しく真面目な話を聞くことに。

ダチってのは、学院生活において一番大切な財産みたいなもんだ

だから友達を大切にしろ、というお話でした。

消滅した要塞


後夜祭も終わりを迎えようとする中、クレア大尉や皇族らが慌ただしく帰っていきます。何事かと思いきや、学院長からその理由を告げられました。

ガレリア要塞が原因不明の異変により、消滅してしまったそうです


どうやら、列車砲も消滅したらしいです。これはクロスベルの仕業らしく、しまいにはカルバード共和国とクロスベルが結託したなんて噂も飛び交うことに。

クロスベルの軍事力は、帝国や共和国に比べたら劣ると誰もが考えていたのですが、それがひっくり返る出来事となりました…。

←次回 閃の軌跡 感想日記31「終章 士官学院祭、そして 5」

→前回 閃の軌跡 感想日記30「終章 士官学院祭、そして 3」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク