ゼノギアス 感想日記14「子供に容赦ないフェイ」

※ネタバレがあります。

VS ダン


そして、大武会4回戦へ。相手はラハン村のダンです。

ストーリー上どこかでまみえるんだろうなとは思っていましたが、まさか4回戦まで勝ち上がるとは…!

「ユイさんのところから逃げてきたのさ。ねえちゃんの仇をうつために!」

と意気揚々なのですが、1人でここまで来たのでしょうか。砂漠の戦闘用ギアに会ったらひとたまりもないと思うけれども

自分のせいで亡くなったアルルの弟を相手に「俺はどうすればいいんだ」と悩むフェイ。その結果…


武技千烈をお見舞いしました。最初の2ターンくらいは防御に徹していたのですが、特に何も起きなさそうでしたのでこうするしかないと思いまして…。

その結果「覚えてろよー!」と言い退去していくダン。

しかし、ずっと防御に徹していればこんな結末にはならなかったそうです!フェイ涙目


城への潜入


やっとのことで水門にたどり着いたバルト。初めは水門が閉まっていたのですが、しばらく経つと開くシステムでした。流れに逆らっても進まなかったのは、これが原因かもしれません。

すると、アヴェの水を守っている管理人から叱られちゃいました。管理人は王子を慕っているものの、バルトが王子だとは気付いておらず。


城に潜入したバルト。部屋に入ってから外へ出ようとしますと、メタルギアのように外の様子を確認できるんです!しばらく待っても何も通り過ぎないけれども

VS ワイズマン


決勝戦はワイズマンです。ワイズマンといえばロックマンエグゼを思い出す

彼はフェイを知っているようで、どんな攻撃も回避してしまいます。

これでは大武会を盛り上げることができず、焦るフェイ。しかしワイズマンは、こんなことを話しかけました。

「お主、その技をどこで覚えた? 理由も目的もなく戦っているのか?お主は前を向いているようで、実は足下のみ、己の事しか見ておらん」

よくあの怪我から回復したな、フェイよ

そして「こんな刻限になっていたとは」と焦り出し、その場から颯爽と去ってしまいました。強者に門限という新たなギャップ萌えを狙っているのか…やられた…

フェイは聞きたいことがあると止めようとしますが、待ってくれるはずもなく。大武会は、フェイが優勝するという結果に。

ニサンの大教母・マルー救出!


マルーは天守閣にいるという情報しか知らず、無駄に歩き回りましたが、無事に合流できました!

バルトは、彼女を連れて脱出を図ります。部屋から出る前に、彼女はお気に入りだからと変なぬいぐるみを持っていきたいと言いました。あの中にファティマの碧玉がありそう

VS ラムサス、ミァン


しかし、ラムサスとミァンにより、途中で阻まれてしまいます。そこで2対2で戦闘を行うことに。


ミァンとマルーは、回復しか行いません。それはいいのですが、マルーがバルトの体力回復をミスするのは本当にやめて欲しかったです…。ニサンの大教母ならベホマくらい使えてもいいと思う

ラムサスは水鏡の構えを繰り出すので、その時は回復と防御に徹底することで辛くも勝利に。

フェイの加勢とラムサスの過去


大武会を終えたフェイは、バルトに合流しました。そしてラムサスに格闘技をかましたところ、ラムサスいわくその技に覚えがあるようで…。


赤い髪の人間?がいくつもの戦闘用ギアを一瞬で破壊していきます。その技が、フェイのものとそっくりだったようですが…。

この赤い髪の人物は、フェイの父親が守っていた男性ヒロイン人物でしょうか。


「姿は…まるで違う…手応えも皆無。やはり気のせい?だがあの技は確かに奴の…」

手応えがないならなぜ屈んでるのかお聞きしたいところですが、それはさておき。

3人だと、あっという間にラムサスを倒せました!


隙を見つけたマルーはネズミの群れを呼び、ラムサスらの視界を奪います。その瞬間に3人は、着いたばかりのエレベーターに乗って降りていきました。

「フェイ…それが私の子の名前…」

ラムサスの脳裏によぎった言葉。そして、

「もし本当に奴であるのならば、この俺は…俺は…塵だ

自信満々な冷静閣下だと思っていましたが、まさか自分を塵と考えるとは…。人がゴミのようだと言うおじさんはいるけれども

よほど怖い体験をしたのでしょうか。

←次回 ゼノギアス 感想日記15「ワタシはピカチュウ」

→前回 ゼノギアス 感想日記13「噴水王子」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク