ゼノギアス 感想日記27「空前絶後のオオォォォォ!」

※ネタバレがあります

グラーフとミァンの思惑


ゴリアテを捕捉したラムサス。部下に、シェバドのアウラ・エーペイルかどうか聞きますが、それよりも小さいので違うのこと。

シェバドはキスレブよりも高度な技術を持っているようですね。

そこへ転移してきたグラーフが、ラムサスに「追いかけなくていいのか?」と問いました。転移できるならゴリアテのブリッジに行けば確実に阻止できたはず

ラムサスはそこにフェイがいると思い、追いかけることに決めました。

また、グラーフはアクヴィという場所に転移するそうです。ラムサスはその地名に覚えがあるようですが…。


ミァンはブリッジを離れて、グラーフと会います。

「手出しするな、何を考えている?」

「私は貴方の手助けをしているだけ。結果的にかせが外れやすくなったのだから良かったじゃない?」

ミァンは相変わらずミステリアスな感じですね。

また、器は運命られた者にしか反応しないと話していました。器とフェイに関連性があるようですね。

グラーフとミァンの目的は未だ掴めませんが、どちらもフェイが関わっているのは間違いなさそうです。また、フェイはラムサスの存在意義なので、ラムサスにとっても必要とのこと。人気者はつらいね


上層部の思惑


ここでまた、スターウォーズが登場。やはり、ソラリスの上層部でした!

ラムサスの任は、イグニスに眠るアニマの器の発掘と、ラムズの監視だったそうです。アニマの器はフェイのようですが、そんなフェイを倒そうとしている姿を見て呆れている様子でした。

また、移転した船(ユグドラシル2号)に乗る、ある人物を気にしているようです。シタンやシグルドあたりでしょうか。その人物の周囲には、アニムスとなり得る因子を持つ人が多くいるそうですね。

グラーフの行く先であるアクヴィは、タムズの近くにあるそうです。その場所にはカレルレンが向かうようですが、意味がわからないカタカナ単語が多すぎてポカーンとなってしまいますよ…。

カレルレンは、4000年に渡り探していたゼボイムの遺産を見つけたようです。


そして突然、モニターに天帝が映りました!ここでようやく、彼の名がカインと判明します。天帝カインは、ゼボイムの遺産がアクヴィの海底下に眠っていたことを知っていました。

天帝の登場に驚く様子のないスターウォーズですが、キスレブを消すつもりだったのかと問われます。悲しいですが、所詮地上のことなので、消えても問題はないと考えているようです。

天帝カインはスターウォーズと対照的で、地上人を大切に思っているような気がします。

赤「アーネンエルベを未だに信じているわけではあるまい

白「その結果、この通りだ」

アーネンエルベを信じたせいで、あのような姿になった、と受け取られますね。ということは、彼らも元は人間か、亜人なのかもしれません。

肌の色を変え、毛が抜け落ちる現象をもたらしたアーネンエルベとはいったい…?

ユグドラシル2号


助けてくれたお礼を伝えに行く、リコとシタン。しかし、ユグドラシル2号の艦長でもあるバルトは、嬉しそうにこう答えました。

俺達がゲットしたこのユグドラシル2世がバケモンみてえな飛行機をヒットオオオオオオオ!!サンシャイン池崎ならぬサンシャインバルト誕生

それに怒ったリコがつっかかり、シタンが宥めました。そりゃ当然ですね…。ギャグで言うことじゃない

というか、親友が乗った飛行機を墜落させた張本人なのになぜそんな神経でいられるのか…。

漂流した2人


一方で、フェイとエリィは漂流していました。上空で円盤が通り過ぎますと、エリィがあれはシェバドよと教えてくれます。

シェバドは普段、アクヴィと呼ばれるエリアを中心に移動しているとのこと。

ソラリスの管理外の国だそうで、同じく障壁を持っているようです。かといって、対立関係でもなさそうですが…。キスレブは、ソラリスとシェバドのどちらの障壁を破ろうと画策していたのでしょうか。


また、フェイらが乗るゴリアテの残骸には運良く、ヴェルトールとヴィエルジェが格納されていました。しかし、海面下にあるため取り出せず。

けれどようやく2人きりになれたので、少しはいちゃいちゃしてほしいものです。

黄昏王子の謝罪行脚


また黄昏ているバルト。あんなふうに振舞っていたものの、フェイの安否を気にしている様子でした。空前絶後の思春期


バルトは、今回の行為についてシタンとリコに謝罪することに。許されるものの、早とちりは悪い癖だと注意されました。これで直ればいいのですが…。

また、ユグドラシル2号は砂漠の下にあったようです。1号よりも高性能のようで、シタンいわく、その作り方や紋章からして、シェバドで造られたものとのこと。アヴェの王家とシェバドは、かつて協力関係を結んでいたのでしょうか。

←次回 ゼノギアス 感想日記28「かっこつけるアザラシ」

→前回 ゼノギアス 感想日記26「犯人は貴様か」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク