ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記5「双子山を越えて」

※ネタバレがあります。
※著作権は「©Nintendo」です。

いざ、ハイラルの大地へ


 ハイラル王は「ハイラル城にはガーディアンが多く徘徊している」「まずは、双子山を越えた先にあるカカリコ村のインパを訪ねるといい」と教えてくれました。ですがその前に、ラスボスのところへ向かってみます…!

 そして、初のパラセール飛行!鳥人間になった気分で、爽快感がありました!飛んでいるだけで楽しいですよ!


 ハイラル城へ向かう道中には、一撃でゲームオーバーするほどの強敵やガーディアンが動き回っています…。彼らに見つかったらお終いなのですが、何をやっても見つかってしまい、撃沈すること10回…。

 …これだけゲームオーバーを迎えますと、諦めようと考えるようになりました。なので、ハイラル王のありがたい教示に従い、カカリコ村を目指します。ジャガリコみたいで美味しそうな名前

カカリコ村に向かって


 途中では、野性の馬に遭遇しました!近くを歩いていた、ぶち柄の馬にしゃがみながら近づきますと、乗馬に成功しました。

 乗馬は初めてのせいか、移動があちこち行きがちですが、速度はリンクのダッシュよりも速いです。急ぎたい場合は、馬に乗っての移動を強くお勧めします。

 そういえば、リンクが口笛を吹くアクションがあるのですが、今のところ何の効果もないように思います。これは、馬を呼ぶ口笛に変わったりするのでしょうか…。


 道中には、お肉を売ってくれる商人がいました!どれも美味しそうなので、すべて買い占めたいところですが、所持金は0ルピーという…。

 素材を売却できますが、何に使うか判明していないので取っておきたいと思い、断腸の思いで諦めました…。お肉売りのボンゴさんにはまた会いたいものです。


 双子馬宿という宿場では、馬に詳しい双子がいました。そして、以下のことを教えてくれます。

  • 単色馬は気性が荒くて扱いずらいけれど、能力が高い
  • ぶち柄は扱いやすいので初心者にオススメ
  • 暴れる馬はなだめて落ち着かせる
  • 馬が言う事を聞いたり、降りたりする前になだめると懐きやすい

 余談ですが「お兄ちゃんの今の頭の中って、馬 馬 馬 馬 飯 馬 馬 …だよね?」と聞かれました。こういう並びを見ますと、「男女男男女男女…」を連想してしまうのは私だけでしょうか…。


 別の人物からは、ブラッディムーンに関する話も聴けました。名前の厨二感がすごい

 赤い満月の深夜0時に空が血の色に染まるのだそうです。そのときはガノンの魔力が増し、今まで倒した敵が復活するのだとか。

 今のところ、その現象に遭遇していません。どれくらいの周期で発生するのかが気になるところですね…。


 山道には、ブロッコリーのようなキャラクター・ボックリンが立っていました。彼の大事なマラカスをマモノたちに取られ、困っているようです。

 なので、マモノの巣の上からリモ爆を投げて、ささっとやっつけました。そうしてマラカスを取り戻しますと、今度は「マラカスの中に入れるコログの実を探してほしい」と頼まれます。またお使い

 コログの実は未入手なので、ひとまず置いておくことに。そして再び、カカリコ村を目指します!

←次回 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記6「インパ様とプルア博士」

→前回 ゼルダの伝説BoW 感想日記4「ハイラル王国の過去」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク