ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記9「ミファーと神獣ヴァ・ルッタ」

※ネタバレがあります。
※著作権は「©Nintendo」です。

カンギスの絵


 カカリコ村を出て、電気の矢を集めに向かおうとしたところ、カンギスに遭遇しました。

 彼はミニチャレンジ「妖精の泉を撮影して」の依頼主です。そんなカンギスはキャンバスに絵を描いているようですが、その画力は…家が包帯を巻いているように見える

ラネール大水源で電気の矢を集めよう


 ラネール大水源では、ライネルに存在がばれないよう、こっそりと電気の矢を集めます。見つかったらひとたまりもありませんので、慎重に探し回りました。

 電気の矢を20本得るとメインクエストが更新されるので、貯水湖にいる神獣ヴァ・ルッタに挑めます!

VS 神獣ヴァ・ルッタ


 貯水湖でゾーラ族のシドと合流し、彼の背中に乗ったリンク。2人でルッタを止めに向かいます。ルッタの攻略方法は、以下にまとめました。

  1. 氷のブロックをアイスメーカーで壊す
  2. シドがルッタに接近しゾーラの鎧で滝を登る
  3. 装置に電気の矢を当てる
  4. 1から3を繰り返す

 自信がある人なら、電気の矢4本で決着がつきます。ムズリ多く見積もりすぎ

 アクションの連続でしたので、少しばかり苦行に感じられました。ですが、装置を破壊できた時の快感はたまりません!


 ルッタの動きは収まり、水があふれ出ることもなくなりました。ですがリンクは、ガノンに操られたルッタを解放すべく、単身で内部へと向かいます。


 中に入る直前、優しい声音が聞こえました。その正体は英傑ミファーです!!しかし、姿は現れず…。

 そして、神獣ヴァ・ルッタを解放するには「5箇所の制御装置にシーカ―ストーンを認識させなければならない」と教えてくれました。


 ここでは、ルッタの鼻を上下に動かしながら、先へ進みます。

 滝を降らせたり、鼻の上に乗ったりして、5箇所の制御装置にシーカ―ストーンを認識させました!その後、入り口付近にあるメイン制御装置へ近づきますと…

VS 水のカースガノン


 水のカースガノンが登場!100年前、ミファーはこやつに倒されてしまったようです!残りの3人も同じ説の可能性が高そう

 ここでは、カースガノンの攻略を簡単にまとめてみました。ちなみに、カースガノンは2段階あります。私は5回ほど溺れて亡くなりましたよ…。

  1. 1段階:ガノンに接近して滅多斬り
  2. 2段階:足場に乗り、ブロックをアイスメーカーで壊す
  3. 最後のブロックはピタロックし、ガノンに向けて発射する

 2段階目で氷をぶつけますと、ガノンはしばらくダウンします。ガンガン行くぜ派は、ここでガノンに近づいて近接攻撃を食らわすと早急に決着がつきますよ!

ミファーとの再会


 カースガノンを討伐しますと、ミファーが登場しました!!!ようやく会えたと思いきや、周囲には火の玉らしきものが浮いています…。

 ミファーは、100年前にカースガノンによって倒されたため、魂だけの姿となったそうです。そのため、昔のようにリンクを癒すことはできません。

 だからこそ、その力をリンクに譲りました。それは「英傑ミファーの祈り」で、ゲームオーバーを迎えてもこれは1度だけ自動蘇生するという、有能な能力です!!

 カースガノンに倒されてから100年間「これからずっと1人きりなんだ」と泣いていたミファー。しかし、リンクがカースガノンを倒したことにより解放されました。なので、リンクに感謝の旨を述べます。

 リンクを外へ転移させた後は、ルッタを操り、ガノンが居つくハイラル城へ向けて光線を放ちました。これでガノンの力を削いでいるのでしょう。彼女いわく「これがリンクに最後にしてあげられること」のようです。

 また「もう一度、父様(ドレファン王)に会いたかった」とも話していました。

 魂の姿では会えないのでしょうか。彼女の心情を思うと、胸が痛くなります…。


 ルッタを止めたことにより、ゾーラ族にリンクの活躍を認められました。ハイリア人のことを良く思っていなかったゾーラ族の元老院は、考えを改めたようです。そして、シドと握手を交わしました!

 そして、ドレファン王とムズリから、ミファーの形見を受け取りました。それは「光鱗の槍」で、ミファーがかつて愛用していた槍でした。なので、ミファーが想いを寄せていたリンクに持っていてほしいそうです。できれば、ずっと側に置いてほしいとも…。

 ミファーの思いはしっかりと受け止めたいので、光鱗の槍は保持します!!耐久度のせいで壊れたら泣く

←次回 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記10「耐火服のためにルピー稼ぎ」

→前回 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記8「妖精の女王様はルピー好き」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク