ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記12「潜入!神獣ヴァ・ルーダニア」

※ネタバレがあります。
※著作権は「©Nintendo」です。

ユン坊を守れ!


 モリブリンに襲われているユン坊を助けなければなりませんが、今の装備では弱く、2回攻撃されるとゲームーオーバーに…。

 なので、ユン坊の後ろに隠れてリモ爆をひたすら投げるという戦法に!モリブリンもダメージが低い遠距離攻撃しかできませんし、高確率で当たらないので勝ちやすいです!


 モリブリンを撃退し、組長が来ないことを伝えました。するとユン坊が戻ろうとしますが、リンクが待ったをかけます。ルーダニアをガノンから解放したい旨を伝えますと、組長がいないことに心配しながらも、協力してくれることに!

 潜入するためには、ルーダニアを火口に追いやる必要があります。そのためには、3カ所の大砲を使わなければなりません。

 道中はルーダニアが派遣した偵察機が巡回しているため、見つからないようにしなければなりません。ユン坊の進退は、リンクの口笛で指示します。ウィンクやテレパシーを選んでも、結局は口笛になります…。

ルーダニアを火口へ追いやろう!


 ルーダニアが派遣した偵察機のサーチライトに当たりますと、火山弾が雨の如く降り注ぎます。そのため、鉄のブロックをマグネキャッチで操作し、偵察機にぶつけて破壊したり、サーチライトを遮断したりしましょう。


 大砲の近くに寄りますと、ユン坊が大砲へ入ってくれますので、リモ爆を起爆させて放ちました!

 ユン坊をルーダニアに当てる行為は、3回行わなければなりません…!ユン坊すまぬ


 入口では、英傑ダルケルの声が聞こえました。マップの場所を教えてくれたり、自身がカースガノンによって亡くなったと教えてくれました…。他の2人もきっとそうなのでしょう…。英傑の強さとはいったい

 ルーダニアの中に入れましたが、マップを入手するまでは暗い状態が続きます。たいまつに火をつけて、燭台に火を灯していきますと先へ進めました。

 また、今回の神獣操作はダンジョンが90度回転するというものです。床が壁になったりするので、それを活かして攻略しなければなりません。実際、頭がこんがらがりそうになりました…。

VS 炎のカースガノン


 5箇所の制御装置を解放し、メイン起動装置へ向かいますとカースガノンが登場!今回も第二形態まであります!

 私は、以下の戦法でなんとか勝ちました!ただし3回ゲームオーバーしている

  1. 1段階目:敵の懐で近接攻撃
  2. 2段階目:リモ爆で気絶させて近接攻撃

 石柱を盾にして立ち回ると、ダメージを受けにくいです。ですが、大きな炎球は攻撃範囲が広いため、石柱へ当てるように誘導したらその場から離れるといいですよ。


 カースガノンを討伐し、ダルケルの魂を解放できました!また「英傑ダルケルの護り」を頂きましたよ!これはユン坊が使っていた結界で、一定時間攻撃を無効化するというものです。

 その後は、ミファーと同じく神獣を操り、ハイラル城へ向けて光線を放ちました。その際、ユン坊とダルケルの視線がぶつかり、ユン坊は嬉しそうに手を振っていました!

 生者と魂が互いを認識できるなら、ミファーも父・ドレファン王に会えたはずです。「会いたかったな」と話していましたが、なぜ会いに行けないのでしょうか…?ハイラル王は自由に行動できていた(ように見られた)ので、神獣の側でなら行動できるという制限もなさそうですし…。


 ルーダニアの解放に成功したリンクは、組長のもとへ向かいます。御礼を述べられ、どこかの森に退魔の剣があることを教えてくれます…。しかし、何処の森かまではわからず…。

 また「家ん中にある宝を持ってってくれや」とのことなので、早速取り出してみました!そこには両手剣「巨岩砕き」が入っており、かつてダルケルが使っていた物だと教えてもらいました!

 攻撃力が62とダントツで高いので、重宝できる予感がします!壊れたらゴロンシティで修復できるそうなので、どんどん使いたい…!

←次回 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記13「女装リンクが可愛すぎてつらいです」

→前回 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記11「廃坑を爆破しよう」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    私の中での考察なんですが、英傑としての役目を果たすためじゃないですかね。英傑は神獣に囚われてると考察したこともあったのですが、「解放された」と英傑たちも言ってますしそれはなさそうですね。ガノンを倒すという英傑としての役目が果たされない限り自由に行動は許されないのでしょう(100年前は負けているのだから、自由行動をとっていて最終決戦に間に合わないなんて許されない)。
    ダルケルがユン坊と会ったのも、ヴァ・ルーダニア付近からユン坊を見かけたというだけですし、解放された後も英傑たちは神獣と共にあるんですよね。
    既に一度負けてるという事実は重いのだと思います。

    まあ、ガバガバ考察なんですがね

  2. りーさん より:

    >匿名さん

    コメントありがとうございます!^ ^

    確かにそうですね。
    英傑が自由行動しないのは、使命と100年前の敗北が原因という可能性が高そうです!

    教えていただきありがとうございました!

    せめてリンクがガノンを倒したら、英傑たちが思い思いの行動をとれたらいいなと願います…!

  3. GSC より:

    はじめましてGSCです。
    同じくBotWプレイしてます。

    個人的にはユン坊だけが『英傑の力』を持ってる(受け継いでいる)のも関係してそうかなと思いました。

    シド王子→直系の家族かつ長寿の為に『祈りの力』を受け継ぐ『子孫』ではなく、また今の所子孫が生まれてないため
    ルージュ→当人ではなく『雷鳴の兜』にその力が宿っているため
    テバ→いや力じゃなく技術だろこれ
    ユン坊→ダルケルの『子孫』であり、尚且つ『ダルケルの護り』を受け継いでいる

    同じ力を持つ故に、かつたまたま見える位置に来たために存在を確認できたんじゃないかと思いました。

  4. りーさん より:

    >GSCさん

    はじめまして、りーさんです。
    コメントありがとうございます!^ ^

    それは見落としていました!!確かにダルケル以外は誰も力を使えないですね…。丁寧なご説明をありがとうございます!( ´ ▽ ` )

    同じ力を使えるからこそ、互いを視認できたという可能性もありそうですね…!

    すみません、テバに対するコメントには笑ってしまいました…!まさしくその通りで、英傑の力の中でもリーバルの上昇気流だけは、練習すればできそうです。笑