ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記25「初見さん号泣の無敵状態」

※ネタバレがあります。
※著作権は「©Nintendo」です。

VS 厄災ガノン


本丸の天井には、黒くて大きな卵が引っ付いており、蠢いていました。卵の中身が出ようとするので、ゼルダが止めていたようですが、それも限界を迎えてしまい…。

中にいたモノは殻を突き破り、地面をも貫き、リンクを巻き込んで地下広場へと落ちていきました。その道中で、パラセールを使ってゆっくり降りるリンクがシュールでした!これぞ本当の神対応


蜘蛛のような禍々しい姿…これがラストボスの厄災 ガノンです!顔の周りがライオンみたい


そして、ここで熱い演出が入るんです!撮影できなかったのですが、今まで解放してきた4人の英傑(リーバル、ウルボザ、ダルケル、ミファー)たちが各々の神獣を操り、ハイラル城へ向けて光線を放ちました!

外からでは、ハイラル城のどこにガノンがいるのか分からないはずなのですが、すべての光線がガノンに命中するという神業を成し遂げてくれました!仕様の問題

個人的に推しメンのミファーの姿と声を視聴できただけでもう眼福で、耳も幸せでして!やはりリンクとミファーにくっついてもらいたい…!と心の底から思いましたよ!

第一段階


英傑の活躍により、第一形態の体力は半分削がれた状態から戦闘開始できました!いやはや、英傑たちの解放に努めた甲斐がありましたよ。けれど全部削ってくれてよかった

ここでは、七宝の盾が大活躍でした!防御力が「48」もあるので、敵のジャンプ攻撃はよろつきますが無力化できたり、剣によるダメージはかなり軽減されるんです!もう有能としか言いようがありません…!

ラッシュを狙うのもいいのですが、アクションが苦手な私はなかなか上手くいかず…。そこで、エリアの中央でウルボザの怒りを発動し、敵を痺らせる&ダウン状態を狙いました!ダルケルの護りでもダウン状態を狙えますが、この段階では、英傑の力は温存するのがベストです。理由は後述いたしますね。

さらに体力を半分削りますと、戦慄の無敵状態へ移行します。

第二形態


上記のような演出が入り、体に炎を纏わせて無敵状態になるんです!

初見では無敵状態を解除する術を把握できず、お亡くなりになりましたよ…。ここで亡くなれば、また第一形態からスタートとなるので肩を落としました。これを何十回繰り返したことか

何度戦っても分からないので、埒が明かず…。そこで調査したところ、以下の3点で一時的にダメージが通るようになることが判明しました!

  • ラッシュ
  • ウルボザの怒り
  • ダルケルの護り

……これは分からないわけだ、と納得しました。ウルボザの怒りと、ダルケルの護りは第一形態で使い切っているためです。また、ガノン戦ではラッシュを狙ったことがないので、そんな仕様があるとは露ほども知らず…。

というより、初見で把握できたプレイヤーはいたのでしょうか…?


しかし、攻略方法が分かればこっちのものです!

第一形態では英傑の力を温存し、第二形態では剣の攻撃を避けてラッシュしたり、ウルボザの怒りを使ったりしました!

上記の画像は、無敵状態のガノンにラッシュを決めているところです。ラッシュ中は無敵状態が解け、ダメージを与えられるんです!

そして何度目の正直か分からなくなるほど挑戦し、ようやく討伐できました!これで世界を、ゼルダを救え――


――てないんです!!

ガノンは地上へ昇り、リンクも後を追いかけました。行先は大草原で、1頭の馬が佇んでいます。さらに、ゼルダの声が聞こえてきました。

このガノンは怨念を纏わせており、100年前の厄災よりももっと甚大な被害をもたらすから、討伐してほしいとのことでした。

まだクリアじゃなかったのか…と気落ちしながらも、次こそは正真正銘の最終決戦のようなので、気持ちを新たに頑張ろうかと思います!

ボス戦では決まって何度かゲームオーバーしてから勝利しているので、今度こそはゲームオーバーせずにクリアしたい…!

←次回 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記26「あっさりとしたエンディング」

→前回 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記24「女子の部屋を荒らすのは」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

フォローはこちらからどうぞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク