カリギュラOD 感想日記5「篠原美笛の凶悪化」




※ネタバレがあります。

オスティナートの楽士

一方で、こちらは帰宅部の敵…オスティナートの楽士たちです。

リーダーの女の子・ソーンを中心に、帰宅部の考え方を改めさせるため、あれこれと策を練ってます。

彼らの顔に影がかかって見えませんが、きっとお正月の羽根つきで負けて墨を塗られたのでしょうな。

ここでカギPが最弱呼ばわりされていたことは、彼には内緒にしておこう…。


ゆめかわいい参加者

ソーンに目の敵にされている足グキ先輩ですが、お茶会の参加者は「ゆめかわいい」の愛好者でないとダメなのだとか。

…仕方ない、俺が行こう

私、こう見えてお茶会には興味がありまして、やれやれ感を出しつつ挙手したものの、一行に引かれるという結末を迎えました…。

そこで、帰宅部の1人である篠原美笛が、お茶会に参加することに!
これが仕様上の都合というやつか

こちらは全体マップですね。

周囲に描かれたオーロラのような輝きが、ディズ◯ーの雰囲気をチラつかせますな。キングダムハーツのワールドにも登場しそうです。

お茶会はショッピングセンター・パピコで開催されるらしいので、向かいましょう!

しかし、パピコといえば…

これが、いと美味しなのですよ!!

ガリガリ君の梨味と、カルピス味のパピコをガブリと食べると「また夏が来たな~」と感じるほど、愛用していますw

ローズ「お茶会までに新しい服を買いに行くわ」

彼女はぽちゃっとしたフラワープリンセスのローズです。ロースと間違えそうになる

スイートPの茶会に参加するには、3人のフラワープリンセスからハンカチを貰わないといけないのです。

美笛の覚醒

「フラワープリンセスは可愛い!」という男性に…というより太った体に猛烈な愚痴を呟く美笛。

そこで美笛も覚醒したところ、マスクにハンマーとなかなか恐ろしい武装に変わりました。

食べることは好きなようなので、マスクで口を塞いでいるのは、ご飯を食べないように制限しているのでしょう。

彼女の花はオトメユリ、アザミ、アフリカンデージー。花言葉は「飾らぬ美、好奇心の芽生え」「孤独、満足、復讐」「元気、心も体も健康」です。

要するにケーキ

「パステルでフェアリーでメルヘンでミルキーな女の子しか参加できないの」

招待されるための条件を聞いたところ、カタカナが続いて想像し難いのですよ…。

要約すると、可愛いものをローズに渡せば良いので、パピコのお店を巡って可愛いもの探しをすることに!

可愛ければなんでも良さそうですね!

りーさ「バッグはどう?」

ローズ「こういうのじゃないのよね…」

可愛けりゃなんでもいいわけではなく、食べられるものをご所望の様子…。

そこでスイーツ店でケーキを買いまして、ローズに渡したら大喜びされました!

虚構の詐欺師

虚構の詐欺師「私、怖い人に脅されてて…20万円必要なんだ」

りーさ「ミュウに頼めばいいじゃんけ」

と突っ込みたくなりますが、そもそも頭上に「詐欺師」と書かれているので、嘘なのがバレバレですぞ!!

こういったキャラクターは、親友づくりのクエストクリアに必要なので、今はまだスルーするしかありません。

美笛の凶悪化

チッ…またあ!?見てください先輩、床がたわんじゃってませんか!?

2人めのフラワープリンセスを見つけたものの、容姿がぽっちゃりなので、美笛が凶悪化しております。。

にしても、床がたわむと罵る表現は初めて聞きましたぞ…。

←次回 カリギュラOD 感想日記6「爆食!フラワープリンセス」

→前回 カリギュラOD 感想日記4「新キャラは超特急ガールとナンパ師」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。