カリギュラOD 感想日記12「胸キュンワード『スイーツ食べ放題』」




※ネタバレがあります。

再び待ち伏せ

「あの…図書館はダメですか?」

待ち伏せはもういいのでは…と呟いても、部長の言葉なのに無視され、決行へ。

ここで警察みたく、2人1組で行動するのですが、私はまたも独りぼっち。

こう何度も続くと、ハブられているようで悲しいですぞ…。経験者は語る

ソーンに呼ばれて、ミレイ、梔子、少年ドールと共にラガード狩りへ!

と思いきや、少年ドールは鈴奈に嫌われることを恐れるあまり、引きこもりました…。

ミレイはガンガン罵声を浴びせるので、梔子と一緒にフォローしつつ、やっとこさ少年ドールを引っ張り出しましたよ。

鈴奈を洗脳して現実を忘れさせたら、友達になれるよ♪とアドバイスしましたが、真っ先に忘れさせるべきは少年ドールの女湯覗きですな。


地下アイドル〇人未遂

図書館待ち伏せ作戦に参加している永至は、地下アイドルがファンに殴り〇された事件を見ていました。

琴乃いわく、現実ではかなり有名な事件とのことで、犯人は有能な弁護士により無罪を勝ち取ったんです…。

永至がこの事件にどのように関係しているのか…それは、永至のサイドストーリーで明らかになります!

実は、彩声もこの事件に関わっていて…

VS 永至、琴乃

梔子と対面した永至が挑発してくるので、真っ先にオーバーキルさせていただきました!

誰であれ、サンドバッグみたく暴力を振るうこやつが強かったのですが、必殺技を連続で発動するとさすがに1ターンで終わりました。

疑い

なぁ、お前本当に図書館にいたのか?

前回疑われていたので、ドキドキしながら部室に戻ると、なかなかの修羅場に…。

部長への信頼が徐々に危うく変化しているのが、彼らの態度から伝わります。

だがしかし、図書館にいましたぞ!
嘘はついてない

広場でゲリライベントをやる!という情報が流れ、ミュウのもとへ向かう一行。

そこにはミュウと…ファッションセンスが残念なイケPが楽しそうに演奏していました。
名前も残念

イケPは、維弦に図書館を教えたクラスメイト・小池なんです。自分の場所に来られると面倒だから、少年ドールの管轄を教えたんでしょうな…。

スイーツ食べ放題

イケPはパピコの屋上にいるとのこと。

しかし、イケメンの維弦を求めて爆食フラワープリンセスが追いかけてくるんです!!

そこで、鼓太郎は声の大きい鈴奈に耳打ちし…

食品売り場でスイーツ食べ放題がはじまりますよー!!!!

前例を聞いたことがないので「本当か?」と疑うけれど、純粋なフラワープリンセスは真っ先に向かって行きました…。

食欲がイケメンに勝利した瞬間ですな。

イケPは、現実でアパレル店「メンズフィスト」の店員でした。

彼の履歴書を拝見したところ、顔はかなり残念だそうで、引いてしまう女子もちらほら。

人は外見じゃないと言うけれど、絶句するほど酷いのか…。

VS イケP

ちと可哀想なイケPのもとへ向かうと、羨ましいことにハーレムじゃあありませんか!!!

これに嫉妬した私は、彼の履歴書を女子に見せつけて、ハーレムの退散に成功!!

しかし、イケPは怒り心頭になり、勝負することに…。

←次回 カリギュラOD 感想日記13「まさかの最終回」

→前回 カリギュラOD 感想日記11「ちょろいコンテスト」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。