カリギュラOD 感想日記13「まさかの最終回」




※ネタバレがあります。

維弦の顔


維弦の容姿を羨ましがっていたイケP。しかし、現実の維弦の顔を見て、すっかり同情したんです。

そして、シャドウナイフの居場所を教えてくれました。

維弦の顔、実は傷跡があるんです。イケPがかなり驚いているので、よほど大きな傷なのでしょう…。


待ち伏せ作戦


シャドウナイフの居場所…ランドマークに行くのをためらう足グキ先輩が、また待ち伏せ作戦を提案。

もういいじゃろおおお!!と叫んでも聞く耳すら持たない帰宅部なので、またぼっちで行動することに。

疑うなら、誰かしらが私と共に行動するだろうけど、そんな気配すらなく…。部長は頼りになるから、1人でもいいと言う判断をしたと信じたい…!

顔合わせ


楽士の部屋に行くと、イケPと共にラガード狩りをすることに…。

もちろん、イケPは拒否するので、STORKがあるツイートを読み上げました。

それは鳴子が、楽士を挑発するために上げたもので…


「残酷なまでに顔がビッグ、それが俺のデスティニー」

…なんか、楽士より帰宅部の方が敵のように感じますぞ。

永至といい、鳴子といい、なかなかの悪役ですな。

太陽神殿へ

シーパライソの太陽神殿を改造したことから、ミレイに怒られちゃう梔子。

ここに帰宅部がいるので、ささっとやっつけましょう!

VS 田所と取り巻き


一方で、不良の雰囲気を醸し出す男・田所も太陽神殿に来ていました。

初登場ですが、スチルが用意されていることから、誰かしらのストーリーに関わりそうですな。

こやつ、実は梔子のトラウマに関わっており、彼女の家族が住むアパートに放火した犯人なんです!

そのせいで、梔子は家族を失うことに…。

頂上付近で彼らと戦うことになるのですが、これがなかなか強い。

しかしサクっとやっつけて、その先で待つ帰宅部の足グキ先輩、維弦と戦うと…

VS 笙悟、維弦

維弦が強すぎてゲームオーバーに…。

そこでもう一度やり直し、やっとこさクリアできましたー!

…で、この後も物語が続くのですが、これ以降はスクショNGなのですよ。いくらボタンを押しても撮れないんです。

他のサイトでは、どうやってかスクショを上げている人もいますが、スクショNGということは「ネタバレしないでほしい」という開発側の意図があるんです。

開発側の意思を尊重したいので、プレイ日記はここで断念します…!

中途半端な形で終わってしまい恐縮ですが、また別のゲームを探して遊んだら、記載したいと思います!

→前回 カリギュラOD 感想日記12「胸キュンワード『スイーツ食べ放題』」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。