CODE VEIN感想日記2「お化け屋敷のノリ」




©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※ネタバレがあります。

吸血鬼のお仕事

吸血鬼に連れて来られたのは、ビルの地下っぽい牢屋。ここでは捕らわれた吸血鬼が大勢いて、奴隷みたく扱われてます。

ちなみに瘴気が漂ってるため「浄化マスクを早くつけろ」と教えてくれました。奴隷の優しさが目に染みるぜよ…!

一方で少女はずーっとたまこに付き添ってたため、ちょうど眠り始めたのだそう。健気な少女は何に代えても守りたくなりますね!

現在の時系列はクイーン戦後

囚人の話を聞いて回ると、クイーン戦が終わったら赤い霧が発生したことが分かりました。

赤い霧に触れれば、たちまち激しい恐怖に襲われて狂うため誰も通れないのだとか。

でもたまこならイケそうな気がします。
特別なので

クイーン討伐戦
クイーンは、吸血鬼の欠点「血の渇き」を克服した完全な戦士を造るQUEEN計画の被検体。激しい苦痛を伴う実験を繰り返した結果、耐え切れず暴走したため討伐された。

迫る血税徴収日のために

吸血鬼に指示され、血涙の実を捜すことに。

赤い霧に囲まれたこの土地では、シルヴァという吸血鬼が統治しています。彼は血税制度(血涙の実の献上)を導入し、血涙の実の管理しているのだとか。

けれど血税制度は力の弱い吸血鬼の奴隷化に繋がり、さらに厳しい圧政を敷いているため反発する吸血鬼も少なくないのだそう…。

それにしても少女の美しいくびれ&背中が丸見えなので、ずっとこのアングルで会話を進めて頂きたいですぞ。

吸血鬼に指示され、地下道へと入る囚人たち。

まず第一陣が先へ進み、時間を置いてから第二陣としてたまこ&青年も入ります。お化け屋敷のノリですなこれ。

ちなみに少女は、たまこが逃げ出さないための人質としてお留守番に。もしや少女のたわわで遊ぶつもりじゃないじゃろうな…?
そうなら仲間に入れてください

吸血鬼・オリバー

オリバー
「あ、俺オリバー・コリンズっていうんだ…よろしくな!」

1人じゃ心細いので、同行者(NPC)がいるのは大変ありがたい…!そしてこの地下道には「吸血鬼狩り」が出るようなので、遭遇したら真っ先に倒してもらおっと。

堕鬼が潜む地下道へ

惨いことに、地下道にはいくつもの遺体が転がっています。

…が、これは堕鬼がもっと凶悪な化け物になる前の休眠状態らしく、目覚めるのに数年かかるやつもいるそうです。

であれば今のうちに、ダイナマイトで粉々に吹っ飛ばしたいですね!後顧の憂いはすべて断ちたいのですが、本作にそんな機能はないので先へ進むことに。

初めてのバックアタック

「吸血鬼狩り」こと堕鬼が遺体をムシャムシャしてたので、初めてのおつかいならぬ初めてのバックアタックを試みることに。

背後にそ~っと忍び寄り、剣を振り下ろして…バックアタック大成功!

けれど襲い掛かる堕鬼の群れにやられ、ヘイズを失い霧化したたまこなのであった…。

霧化
吸血鬼の肉体機能が停止した際、心臓に取り込まれたBOR寄生体により引き起こされる自己防衛機能。細胞を空気中に分散して再結合することにより、復活できる。

ヘイズは必ず回収すべし

復活したらまずは失ったヘイズを回収すべく堕鬼にやられた場所へ向かいます!

これを得ずしてまた霧化したら、失ったヘイズが消えてしまうからです。ヘイズはヤドリギで消費できるんですが、なかなか遠いので溜まりやすのですよ…。もう少しヤドリギ生やして開発さん

ヘイズ
レベル・スキル習得・スキル熟練度を上げるのに必要な経験値。敵を倒すと入手できる。ヤドリギのある場所で割り振りでき、このシステムのおかげでレベル1でクリアも可能。

ダイビングはやめよう

「お、下で水浴びできるじゃん!ちと泳いでみたいな~」

と思ってここから飛び込んだら、霧化しました。プレイヤーさんは飛び込まないよう注意してください。

心もとない再生力

攻撃は□or△ボタンと覚えたところで、今度は再生力(回復薬みたいなもの)の使い方を教えてくれました。

カーソルキーで使えるけれど、今は3回使えるんですね。少ない

早いとこ「再生力拡張因子」「再生力強化因子」を見つけて、回数や回復量を増やしたいものです。

←次回 CODE VEIN感想日記3「成功しない特殊錬血(大ダメージ技)」

→前回 CODE VEIN感想日記1「文字通りの肉食系少女」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。