CODE VEIN感想日記3「成功しない特殊錬血(大ダメージ技)」




©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※ネタバレがあります。

オリバーとの別れ

第一陣の吸血鬼が倒れていたので、近寄ったたまこたち。

すると彼は堕鬼に成り果てたようで忍者みたいな身のこなしで襲撃&オリバーが負傷しました!!

…ちと待ってくだされ。とてつもなく嫌な予感がするんですが…

オリバー
「少し、休んでから行くよ…」

嘘じゃろおおおおお!!!わしを一人で行かせないでくだされ!!こんな不気味なところを1人で進めというの…!?

貴重な再生力を君に使ってもいいから、一緒に行きたいのですが!!

しかし開発さんはソロプレイを強要するので、大ダメージ技を教わりつつ先へ進むことに。心細すぎるぜよ…。

爽快!特殊錬血

けれど大ダメージ技(特殊吸血)が爽快すぎて、アクションがより楽しくなりました!

これは敵の攻撃に合わせてカウンターの如くL2を押すと発動するんです。タイミングはシビアですが、これが決まればザコは一撃で葬れます。

しかしタイミングを外すと敵の攻撃をもろに浴びるので、新しい敵を見つけたら練習せねば…!

そして顔はアリクイ・身体はボディービルダーのような敵を発見!

こやつに特殊吸血を試したところ、見事に1度も成功しない!!こやつには効かない仕様なのか、私がタイミングを誤ってるだけなのか…?

そこで通常攻撃に変えるも、ダメージがほぼ入らず!!再生力を使い切り逃げようとしたところで霧になりました…。つ、強すぎる…。

レベルを上げよう

失ったヘイズを取り戻し、せっせとヤドリギへ向かうたまこ。

ここで初めてヘイズを消費し、レベルを4つ上げてパワーアップ!

そして新しい武器も見つかり…

もんげー!と驚くほど重そうな剣ですが、これがとーっても強いんです!

先ほどのアリクイも3回の通常攻撃でお陀仏にできますし、目の前にいるヤバそうな堕鬼もボウリングのピンの如く倒れました!

見知らぬ吸血鬼との遭遇

先へ進むと、イケメンの雰囲気を醸し出す吸血鬼と出会ったたまこ。

彼は第一陣ではなく、探索者として徘徊していたようです。ひとまずイケメンなので、彼に同行してもらうことに。動機が不純

「彼と一緒ならオリバーを庇いつつ先に進めるかも!」と思って戻ったら、オリバーの姿はどこにもありませんでした。あやつ1人でどこ行ったの。お手洗い

ヤドリギを見つけて

地下道の先で、ようやくヤドリギを発見!!たまこの血を与えると、血涙の実が成りました!

これで少女の元へ帰れますぞ~!

けれどたまこたちは、穴に突き落とされて地下道に入りました。なので帰還するには、出口を見つけねばなりません。

錬血を習得しよう

一度ヤドリギに戻り、溜まったヘイズで今度は錬血(スキル)を習得!

ちなみに、ブラッドコードによって得られる錬血が異なるんです。そして一度習得すれば、その他のブラッドコードに切り替えても使えるのだとか。

…といっても、複雑で詳しいことはよくわからぬので先へ進みます。私は「わからなければ詰まった時に調べる」タイプなのです。

地下道の出口へ

地下道に入ってから1時間…ようやく出口を発見しましたー!!

ああ、日の光が恋しかったですぞ!もう地下道なんて入りたくありません!

消えたオリバーのことは心配だけど、早く少女の元へ帰らねば!そして膝枕してもらうんだ~!

←次回 CODE VEIN感想日記4「化け物に変わり果てた戦友」

→前回 CODE VEIN感想日記2「お化け屋敷のノリ」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。