CODE VEIN感想日記4「化け物に変わり果てた戦友」




©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※ネタバレがあります。

堕鬼と化した戦友

あら、オリバー!先に出てたのね、良かった!と近寄ったら、目が光るほどの敵意向けて来よりました!!

オリバーも堕鬼になったんですね…。こうなると二度と元には戻れません。

15分だけ死地を共にした仲なので、戦意が起こらないたまこ。けれどイケメン同行者は

見知らぬ吸血鬼
「迷いは捨てろ」

迷いよりも先に、刃がちと錆びてる君の剣を新調してほしいですぞ。ボス戦なので

VS オリバー・コリンズ

巨槌を振り回すオリバーに近寄ると、一撃でHPの7割を削がれました。なんという破壊力…!

ずっと倒れているから後は頼む同行者…!と願ってたら、彼の錬血「ギフトヒール」で立ち上がったたまこ。その代わりに彼のHPがぐっと減りました。

そんなことしなくていいのに!!
私足手まといなので

ということで、傍観を決めたたまこ。

そしてHPが半分になると、オリバーは巨槌を振り回す灰色の怪物に変身!

「その調子だ同行者!頑張れ!」と遠くから応援していたら…

同行者の体力が尽き、愕然とするたまこに向かって突き進むオリバー。

こうなったら一か八か、特殊錬血を試みるぞ!!と狙ってみたら、案の定負けました。

同行者頼りの戦法は勝てない&近接攻撃を当てるのは難しいと分かったので…

キャスターに変えてみた

遠距離攻撃ができるブラッドコード「キャスター」に変更!

あとはヘイズで遠距離攻撃を習得するために…

そうだ、堕鬼狩りへ行こう!某JR東海風

この細い通路にうじゃうじゃいるのでヘイズ稼ぎが捗る捗る♪近くにヤドリギもあるので、すぐにレベル上げできるのも嬉しいポイントです。

こうして遠距離攻撃を習得し、ちと練習してからオリバー戦に挑みました。

再戦!オリバー・コリンズ

ヘイズを回収しつつ、再びオリバー戦へ!
怪物からどうやって元に戻った

そしてオリバーが同行者に構っている間、チビチビと遠距離攻撃をかますたまこ。

同行者が倒れたら「ギフトヒール」で復活させて、たまこは遠くから攻撃…を繰り返していたら、先ほどの苦労が嘘のように勝てました!

オリバーの血英

たまこ達に命令していた吸血鬼は、オリバーにやられた様子。そして少女の無事を確認したところで、赤く光る「血英」を見つけました。

それはオリバーの声で囁きかけてきます。けれど同行者いわく「絶対触れるな」とのこと。

そして自由に歩き回れるパートに変わるものの、血英に触れないと先に進めないパターンだったので…

血英
触れた者に侵喰し、堕鬼に変える危険な代物。持ち主の声で囁きかける
開発さんの手引きにより血英に触れたたまこ。

同行者が慌てる一方、傍に居た少女は落ち着いた様子で…

少女
「大丈夫…貴方なら」

そうですね、雲丹をがっしり握りしめたような痛みなら大じょ(ry

確証のない大丈夫は怖いけれど、少女は未来でも予知できるのだろうか…?

すると次の瞬間、白い光が周囲を包んで…。

←次回 CODE VEIN感想日記5「霧の牢獄に閉じ込められて」

→前回 CODE VEIN感想日記3「成功しない特殊錬血(大ダメージ技)」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。