ダイエット 感想ブログ8「焼き梅干しダイエットを3日間試してみた」




最初に


 こんにちは、楽して痩せたいりーさんです。

 とあるテレビ番組で取り上げられた「焼き梅干しダイエット」が簡単にできそうなので、早速試してみました! 痩せる理論や手順など、感想を交えてお伝えいたしますね。

理論


 スーパーなどで手に入りやすい梅干し。これを焼きますと、以下の成分が増えたり、生成されたりします。

  • バニリン
  • ムメフラール

 この名前を初めて聞く人が多いかと思います。私もこんな成分があることを知りませんでした。そこで調査しましたので、詳しいことは以下に掲載いたしますね。

バニリンとは?

 バニリンとは、バニラの香りの主要な成分です。アイスクリームをはじめとする乳製品やチョコレート、ココアなどに香料として含まれることがあります。実は牛糞にも含まれている

 そんなバニリンには、脂肪を燃焼する効果があります。脂肪細胞に刺激を与えることによって燃焼させ、小さくなるので体重が減少するようです。また、和歌山県の調査結果により、梅干しを食べている人が食べていない人に比べて、BMI値が低いことも証明されています。

 梅干しには、バニリンが含まれています。梅干しを加熱しますと、バニリンが2割もアップするんだとか。それなら加熱せねば、ですよね!ですが、加熱することのメリットは他にもあるんです。

ムメフラールとは?

 ムメフラールは、血流を促進する効果があります。これは生の梅干しにはない貴重な成分で、クエン酸と糖分が加熱して結びつくことで、生成されます。なので、加熱すると一石二鳥なわけですね。バニリンも増えるので。

 また、加熱したらすぐに食べなければいけない…ということはありません!1回加熱すれば、冷めても成分量は維持されるそうです。なので、作り置きできるのが嬉しいですね。毎日作るのは面倒

手順


 紹介された方法は、以下の方法でした。

  • 梅干しをフライパンまたはトースターで焼く
  • 梅干しを電子レンジで500W、1分間ほど温める

 ですが、上記のためにわざわざお皿を用意したり、フライパンを出したりするのは面倒です。なので、私は以下の方法で行いました!

  1. 白湯を用意する
  2. 白湯に梅干しを2粒入れ、1分ほど待つ
  3. 白湯を飲み干し、温まった梅干しを食べる

 私は毎日白湯を飲んでいますので、その中に梅干しを2粒入れて飲み干しました。その後は温まった梅をガリッと食べましたよ。さすがに種は残した

 梅干しを入れた直後に飲んでも、梅の風味はしません。また、電子レンジでも1分間加熱しているため、ここでも1分間我慢してからぐいっと飲みました。

 すると、梅の酸味がほんのりと口に広がりました。おそらく、長い時間浸けるほど梅の風味が強くなるかと…。

 また、梅干しは1日3個までなら食べていいそうです! しかし、それは贅沢かなと思いまして、1粒減らしました…。貧乏性

結果

 なんと、3日間で-1.1kgも痩せられました!!! 短期間で−1kg超えは初めてなので、驚きましたよ…。

 もちろん個人差はありますので、もっと効果が出る人がいるかもしれません。その逆も然りです。

 お金がかかってしまうのが難点ですが、梅干しがあればできるお手軽なダイエットです。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


紀州南高梅

→前回 ダイエット 感想ブログ7「肩甲骨ダイエット」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。