ドラクエ11 感想日記15「ロミアとキナイの悲恋」




※ネタバレがあります

外海へ


ジエーゴとロウは親しい仲のよう。

しかし、
今はデルカダールに赴いており
不在でした。

ジエーゴは剣の達人で
わざわざ教えに行っているようです。
そこには、門下生らしき人物もいました。

ひとまず、
執事のセザールに依頼したところ
快く水門を開けてくれました!
服装がカジノのディーラーに見える

絶景


PS4版では、他のハードに比べて
グラフィックが良いんです!

ここはソルティコ海岸にある洞窟ですが
幻想的なので、ずっといたくなります。

洞窟にへばりついているのは、
光るタニシでしょうか…?

対決!カンダタ海賊団


こちらは、ソルティコの宿屋の
料理人から受注したクエストです。

黒コショウをカンダタに盗まれたので
取り戻してほしいのだそう。

ということで、早速倒しに向かいました!

カンタダと呼び間違えやすい名前ですが
ドラクエシリーズでは有名なキャラなんです!

にしましても、
ドラクエ11でも盗賊をやっているんですね…。
海の男コンテスト出ればよかったのに

白の入り江


ふふふ、初めて外海へ出ましたよー!!

今まで行けたのは近海だけでしたので、
ワクワクが止まりません。
そしてロマンティックが止まらない

目的地に一直線だったため
近海だけしか行動できなかったことすら
知らなかったのですが、
それは置いといて…。

しかし、外海を徘徊しようとしたところ
船が乗り上げてしまったようです。

そこは、白の入り江と呼ばれる場所でした。

女性陣もうっとりするほど
美しい入り江ですね。

人魚のロミア


なんと、入り江には人魚がいたんです!

彼女は、キナイという男性と
結婚の約束をしていたんです。

そして、彼がロミアの住処である
海底王国に来てくれることも
決まっていました。

しかし、いくら経ってもキナイは来ません。

なので、連れてきてくれたら
海に潜れる秘宝をくれるとのこと!
そんな権限があるのか

噂によれば、
オーブの一つは海底にあるらしいので
この秘宝は必須なんです。

なので、ささっとキナイを連れてくることに!

ナギムナー村


こちらが、ナギムナー村です。

そこでSさんが、
嬉しそうに村について教えてくれました。
(ただし独断と偏見がございます)

青い海!白い砂浜!きらめく真珠と屈強な海の男たち!まさに、地上の楽園ねん!!

しかし、屈強な男性は一人もいないんです!

女性に聞いたところ、
クラーゴン退治に出かけていて
戻ってこないのだそう。

キナイもそちらにいるので、
クラーゴン退治に出かけることに。

この村では、家の前に
シーサーらしき飾りが配置されており
沖縄っぽい雰囲気を楽しめます。
1回しか行ったことないけれど

人魚の呪い


この村では、
キナイの母親が紙芝居で
人魚の呪いについて語っていました。

婚約者がいる漁師が人魚に命を救われた結果
許嫁を捨てて海に出ようとしたんです。

それに怒った村長が
漁師をしじまヶ浜に監禁したのだそう。

漁師がこのような目に遭ったのは
人魚が魂を抜き取ったから
というお話でした。

漁師は浮気、村長は監禁…
どちらも良い事ではありませぬな。

でも監禁はやり過ぎですね!
逮捕しちゃうぞ!

VS クラーゴン


村人たちを困らせていた
クラーゴンがご登場!

みぎあし、ひだりあしで本体を庇うので
全体攻撃がお勧めです!

セーニャはベホイミ・スクルト
シルビアはハッスルダンス・バイシオン
主人公は攻撃
ベロニカはメラミで
スルメイカにしてやりました!

祖父の物語


クラーゴンを倒せたので
お祭り騒ぎなナギムナー村。

神父さえ飲みすぎて
酔いながらセーブしてくれたりと
てんやわんやでしたよ…。

そんな中、キナイに話しかけたところ
ロミアが探していたのは
キナイの祖父であることが分かりました!

祖父の名は、キナイ・ユキだそうです。


キナイの母親は祖父の娘で
物語「人魚の呪い」に登場した漁師は
祖父だったんです!

ここで抱えている赤ん坊が
キナイの母親なんですね。

この赤ちゃんは
婚約者が別の男性との間にできた子供でした。

キナイの母親は
祖父と血が繋がっていないんです。

人魚の呪いという話が村に蔓延し
その結果人々は
人魚を恐れるようになったんです。

約束のベール


なので、人魚を快く思わない村人。

その一人であるキナイから
約束のベールというものを渡されました。

これは祖父が息絶えた後も握りしめていた
大切な遺物なんです。

結婚を約束していたロミアに着せるため
懸命に作っていたのでしょう…。

キナイに会わせて


ロミアが待っていた人は
すでにこの世にはいなかった。

そう伝えますと、ロミアは信じず
息子のキナイに会わせてくれと頼みました。

その願いを叶えたところ
ロミアが探しているキナイではない
ことが分かります。

その後、浜辺にある祖父の墓を
教えてもらったロミアは…


陸に上がり、足を生やしました!!

約束のベールを被ったロミアは
墓を抱きしめるように掴みます。

人魚は人間よりも寿命が長いので
祖父はまだ生きている
と考えていたのでしょう。

そして、人魚の掟では
陸に上がると足が生え
再び海に入ろうとすれば
泡になり消えるようです。

そこで、ロミアがとった行動は…

人魚の掟


泡となり、消えることでした…!

愛する祖父のもとへ行くために
このような決断をしたのでしょう。

せめて向こうでは
再会してほしいものです!!

悲恋を迎えたこの物語には、
多くの人が泣いたはずです。

どこまでも純粋で健気なロミアを思いますと
居たたまれない気持ちになりました…。
村長め許さぬ!!!!

←次回 ドラクエ11 感想日記16「ステキなレディとアラレちゃん」

→前回 ドラクエ11 感想日記14「壁ドンならぬ顔ドン」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • DQ11の中でも、このエピソードはとても悲しいものですよね。

    真実を伝えるか、嘘をつくか、とても迷いましたが、

    ロミアを見ていたら、嘘がつけなくて、

    真実を伝えました。

    でもこの結末にこれで良かったのかなって思って、

    考えさせられるお話ですね。

  • コタローさん

    コメントありがとうございます!^ ^

    確かに泣けるだけでなく、考えさせられた物語でした。。

    コタローさんもロミアに真実を伝えたんですね!分岐すると聞いたので、嘘をついていたらどんな展開になったのか気になります。。

    ただ、嘘をついてもキナイ(祖父)が来ることはないので、どちらにせよ救いようのない結末を迎えるのが、さらに泣けてきますね…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。