ドラクエ11 感想日記20「さかなクン」

※ネタバレがあります

キャンプのひと時


始祖の森の頂上で
キャンプすることになった一行。

明日はいよいよ、
命の大樹のもとへ向かいます!

緊張するベロニカは、ある歌を
セーニャに奏でてほしい
と頼みました。

それに聴き入りながら、ベロニカは
長老から貰ったフルートを眺めています。

これは賢者セニカが
ラムダに残したものらしく
お守り代わりで貰ったよう。

一方でマルティナは
ウルノーガさえ倒せば、
父親が昔の優しい王に戻る
と信じていました。

みんな、ウルノーガに対して
思うところがあるのでしょう。


その日の夜、テントの中で
女子3人組が寝ていました。
シルビア姉さんは男性のテントか

眠れないセーニャは、
隣にいるベロニカに話しかけたんです。

私とお姉さまはきっと 芽吹く時も散る時も同じですよね?

それに対し、
セーニャはグズだからどうかしら
とツンな態度で返しますが、

「……でも、そうだといいわね」

そんなベロニカの言葉に、
ふと微笑んだセーニャは、
そのまま眠りに落ちました。
そしてフラグが立った



命の大樹のもとへ


闇のチカラをはらうもの
命の大樹にあるはず。

それを頂くためにも、
いざ、命の大樹のもとへ!

祭壇では6つのオーブが浮かんだと思えば
そこから命の大樹まで
フルマラソン並みに長い道程が現れました!!
勇者の足腰を試す気か

闇のチカラをはらう剣


大樹の魂と呼ばれるものの中に
それはありました!

闇のチカラを振り払うのは
勇者のつるぎ
勇者にしか取れないんです。

大樹の魂を覆う蔦が解かれて、
主人公が剣に手を伸ばしたその時…

VS ホメロス


ホメロスが現れました!
イケメン、ストーカーに走る

ここで戦闘になるものの、
まったく歯が立ちません…!

闇のチカラのせいで、オーラを纏わられ
ダメージをちっとも与えられないんです…!

そんな中、皆が息絶え絶えで倒れているとき
デルカダール王とグレイグ将軍も現れました!

ホメロスこそ、
この大地にあだをなす者
だと
気付いたグレイグは、
ホメロスを成敗しようとしますが…


デルカダール王に憑依していた
ウルノーガにやられてしまいました…!

ホメロスじゃなく、
王に直接憑いていたんですね…!

勇者のつるぎと
主人公が持っていた
勇者のチカラを奪うウルノーガ。

すると、勇者のつるぎが
魔王の剣に変わりました…!!


世界が闇に呑み込まれ、命の大樹も枯れ
このままでは主人公一行は
お亡くなりになります…!

浮いていた命の大樹は地上へ落下し、
気絶したのか目を瞑った主人公は
海に投げ出されました…。

幼少期の思い出


主人公は、エマちゃんと喧嘩したようです。

主人公が犬のルキに眉毛を書いたので
エマが頭を叩いてきたのだそう。
そりゃそうだ

そこでペルラは、
ただやり返すのはカッコ悪いこと
と諭してくれました。

「まずはキチンとお話をするのさ。その人が何を感じて、なぜそうしたのか。そしたらきっと、その人のことが見えてくる」

なぜ、このタイミングで
このような話が挿入されたのか
気になりますね。

誰のことを言っているのでしょうか…?

個人的には、今まで敵対していたグレイグを
指しているのかなと思いました。

とにかく、主人公は目覚めますと…

さかなクン


さ、さかなクンになってる!!!!!
そしてちょっとぶさいく

これには衝撃を受けましたよ!!

ですが、他の仲間の
さかなクンスタイルも見てみたいですね!


主人公は、ここに来た時には
難破船みたいにボロボロだったようですが
奇跡的に回復できたようです。

また、魔王は
勇者が亡くなったと思っているため
目を欺くために
魚の姿に変えてくれたのだそう。

あれから数カ月経ったようですが
仲間がどうなったのか心配ですね…!

そして、海底の王者だけが入れる
守り人の海に連れて来られました。

そこにある千里の真珠は
あらゆる水に魂を乗せて
地上の様子を見ることができる秘宝なんです。

セレンがら地上に雨を降らせてくれたので
雨に魂を乗せて、地上の様子を確かめることに。

世界の状況を知るために


どこも焼け野原で、荒れています。

多くの生命は、
ウルノーガによって
一瞬で奪い去られたとのこと。

そんな中、
何とか生き延びた人々を率いていたのが
グレイグ将軍でした!

デルカダールの南には、
最後の砦があるようです。

「最後」と呼ばれることから、
そこ以外はもう町がないのかもしれません。

海底王国の危機


海底王国に戻りますと
結界を破らんとする魔物たちが
うじゃうじゃいました!

しかし、海底王国の民には
魔物とやりあう術はないはずです。

このまま放置しては
壊滅するのも時間の問題なんですね。

そんな中、セレンは
主人公だけでも逃がすため…

女王セレンの導き


海流を生み出し
主人公をその流れに乗せました!!

海底王国から離れていく主人公に
微笑むセレン。

そして、ついに結界は破られ
魔物が侵入してきたんです…!

セレンは、自分や民たちよりも
主人公を守ることを優先したんですね!

その決意には、頭が上がりません…!
まさか、ここでも泣かされるなんて…。

←次回 ドラクエ11 感想日記21「Re:ゼロから始まる勇者生活」

→前回 ドラクエ11 感想日記19「ロウのムフフ本」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

コメント

  1. コタロー より:

    命の大樹での出来事の真相が判明するのは、

    少し先になりますが、

    分かった時は辛かったですよね・・・。

    そんな中、幼少期の想い出は、少し救われる感じでしたね。

    ドラクエの主人公は基本、喋らない様になっていますが、

    過去の回想とはいえ、喋ったのには少しビックリでした。

    でもルキに眉毛を描くなんて…(笑)。

    結局、眉毛って消せてないですよね?。

    油性ペンでも年月が経てば消えそうなんだけど、

    勇者は何で描いたんだろう?って思います(笑)。

    そしてセレン様の行動、言葉に涙したあの場面ですね。

    もう会えないんだ!! 海底王国ムウレアは無くなってしまうんだ!!

    って思っていたので…本当に辛かったですね。

  2. りーさん より:

    コタローさん

    コメントありがとうございます!^^

    そうですね、あの出来事をなかったことにしたいと思いました!

    確かに、話していましたね!私もびっくりしました!!それにしましても、ルキに眉毛を描いたら、エマちゃんが怒るのは仕方ないですよね。笑 なんと、あの眉毛は天然ものではないのですか!?自然に生えた眉毛かなと思ったのですが、よーく見てみますと、描いたようにも見えますね…!もしかしたら、主人公が隙を見てこっそり描き足し続けているのかもしれません…!笑 主人公が、エマちゃんの気を引きたくて、眉毛を描いた可能性もありそうですね!ただのいたずら、ということも考えられそうです。。笑

    私もです!あんなシーンを見せられたので、セレン様や海底王国が無くなっちゃうんだ…と悲しくなりました!(;ω;)

  3. コタロー より:

    主人公こっそり描き足し説!?(笑)。

    エマに頭を叩かれたのに懲りない性格?。

    いや、こうと決めたらやり通す性格?。

    或いはエマに頭叩かれたいだけのドMな人?(笑)。

    今作の勇者は奥が深いですね♪( ´▽`)

  4. りーさん より:

    コタローさん

    ご返答ありがとうございます!^ ^

    そうですね!主人公の性格がはっきりとしておらずいろいろと考えられるため、今作の勇者は奥深いです!( ´ ▽ ` )笑