ドラクエ11 感想日記21「Re:ゼロから始まる勇者生活」

※ネタバレがあります

エビ食べますか?


セレンのことが気掛かりですが
戻るわけにはいきません。

海流に乗った先で泳ぎ回りますと
なんと、エビを見つけました!
釣り糸がギラギラ光っていますが

そういえば起きてから何も食べてないですし
お腹が減るのも無理はありません。

お魚の気持ちに浸りつつ
釣り餌のエビに食らいつきますと…


人間の姿に戻りました!!
再び海に入ったら泡となって消えるやつか

明らかに人が釣れたヒキじゃなかった
ので、漁師はとてつもなく驚いてました…!

ですが、優しい人柄だったので
岸まで連れて行ってくれたんです。

この漁師は、デルカダールの最後の砦に
食糧を調達しているんですね。

つまり最後の砦は、岸から
歩いて行ける距離にあるようです。

しかし、空には魔物が飛んでおり
見つかると連れ去られてしまうのだそう。

なので人間は、魔物に気付かれないよう
こっそりと暮らしているんです。


0からやり直し


ウルノーガによって
絶望をもたらされたロトゼタシア。

そして、勇者のチカラを奪われたからか
ルーラの行き先も消えてしまいました!!!

とてつもなく悲しいです…。
ソルティコの町だけでも復活してほしい

こうして、勇者のチカラも武器も無くなり
またゼロから始めることになりました…。

とにかく、仲間たちに会いたいですね!
きっと、生きていると思いますし!

皆が最後の砦にいれば良いのですが…!

最後の砦で最高の再会を


デルカダールの南にある、最後の砦

よくよく見てみますと
イシの村を改造したんですね!

そこにはなんと
義理の母親のペルラや
我らがヒロイン・エマちゃんもいました!!!
当時、主人公より強かったルキも発見!

ホメロスによって、エマちゃんたちは
亡くなったと思い込んでいたのですが
当時、駆けつけたグレイグが
命まで奪う必要はないと制止したのだそう。

なるほど、グレイグには感謝ですね!!

エマちゃんにギューっとしたいのですが
仕様上できないので
我慢しつつお話を進めることに。


ウルノーガと疑ってしまいがちですが
こちらは正気に戻ったデルカダール王です。

最後の砦に魔物の軍勢が
押し寄せているので、
これを退けてほしいと頼まれました!

そこで、グレイグを筆頭に
主人公や兵士たちも参戦して
魔物たちをやっつけることに!!


かつて、グレイグは主人公を追い回し
何度も危険な目に遭わせました。
2回とも滝に落ちたのはこやつのせい

なので、すんなりと
仲良くすることはできませんが
ここはひとまず共闘します!

また、気遣ってくれた兵士がいました。

この戦場の敵は強いから、負けるようなら近場の敵で鍛えると良い

戦争中に、近場で鍛えてから
戦いに戻る兵士なんて聞いたことないですが
ここで積まないように配慮してくれたのでしょう。開発が

VS ゾンビ師団長


ここでは敵軍の頭である
ゾンビ師団長と戦うことに。

サポートキャラのグレイグがお強いので
回復を怠らずに攻撃していれば倒せました!

すると、手下たちは
蜘蛛の子を散らしたように
逃げて行きましたよ!

デルカダール王の秘策


ここで王は、こんな命令を下しました。

それは、
デルカダール王国に侵入し
空を夜にしている魔物を倒すことです!

このロトゼタシアでは
命の大樹が落ちてからずっと
夜のままなのだそう。

夜が明ければ皆が希望を取り戻す
と考える王は
グレイグと主人公を向かわせることに。

その間、
残りの兵士とデルカダール王で
最後の砦を護るそうです。

デルカダール王が
戦えるイメージはないのですが
本当に大丈夫でしょうか…?
ルキがいるから大丈夫

デルカダール王国の過去


城内に侵入しますと
そこには大樹の根がありました!

触れてみますと
ホメロスとグレイグの過去を見られたんです。

こちらは、2人がまだショタの頃ですね。
可愛すぎる

互いに訓練しており、
デルカダール王から
将来を期待されていた時のお話です。

また、選ばれた者が受け取れる
デルカダールの盾を2人で貰おう
と約束していました。
1つしかないので奪い合い待った無し

王が抱えているのは
赤ん坊のマルティナです!

髪の生え方は主人公と同じですが
この頃から天使ですな…!!!

ホメロスとの邂逅


最深部の謁見の間では
軍師として活躍したホメロス
魔物化していました。

イケメンは魔物になっても
イケメンですな!
胸キュンが止まらない

ホメロスが魔物に降ったのは
グレイグが原因でした。

一緒にデルカダールを守ろう
と誓っていたのに、
いつも褒められるのは力を持つグレイグ。

ホメロスはグレイグの影になっている、
と考えていました。

なので、グレイグを凌ぐ力を持てば
自分がグレイグの先を歩けるのではないか
と思ったんです。

その結果、
ウルノーガから力を貰ったんですね。


ホメロスはマッチョコウモリに変化して
その場を飛び去って行きました。

ということは、
空を夜に変えていたのは
ホメロスではないようです。

では、いったい誰が…

VS 屍騎軍王ゾルデ


こやつかああああ!!!!

ウルノーガの部下かつ
幹部クラスの六軍王の1人
屍騎軍王ゾルデです!
六軍王ということはあと5人も倒さにゃいかんのか…

屍騎軍王という名前から
魔物の軍勢が骨っぽい魔物で
構成されていたのを頷けますね!
可愛い子たちが良かった

こやつはパープルオーブを使い
分身を増やして攻撃してきます。

グレイグはHPとMPを回復してくれるので
主人公は全体攻撃を使ったり
はやぶさ斬りで本体を攻撃しました!

こうして、
夜明けとパープルオーブを
取り戻しましたよ!

またオーブ集めか

もう終盤だと思っていたのですが
先はまだまだ長そうです。

光を取り戻せ


そなたはこの世界の希望、勇者じゃ!どうかロトゼタシアに光を取り戻してくれ

夜明けを取り戻したものの
いまだに混乱を極めているらしい
ロトゼタシア。なぜ分かる

なので世界を回り
ウルノーガを倒す術を探ることに。

仲間の行方も気になるので
世界を回れるのは嬉しいですが
他の町は崩壊してるんじゃ…。

グレイグと旅立ち


りーさん。我らが勇者よ。この命、今日からあなたに預けます

うおおおおお!!!
跪いてこんなこと言われたら
プロポーズと勘違いしちゃいますね!!
主人公は本名入れておけば良かった!!!

ということで、
グレイグが仲間になりました!

癒し担当のエマちゃんと
番犬のルキも加わってほしいですが、
それは叶いませんでしたよ…。

デルカダールの盾


グレイグは、王から
デルカダールの盾を貰いました!

希望を捨てずに民を守るため
頑張ってましたもんね。

ただ、盾に描かれた二頭の鷲のように
隣にもう1人…
あの人もいて欲しかったものです。

←次回 ドラクエ11 感想日記22「グレイグ将軍とピチピチ☆バニー」

→前回 ドラクエ11 感想日記20「さかなクン」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

コメント

  1. コタロー より:

    >開発が

    ええ、・・・開発が(笑)。

    もう、りーさん、良い間で入れてくるな〜(笑)。

    ストーリーの方もこの辺り、

    喜びもあったり、不安もあったり、驚きもあったりと、

    色んな想いが複雑に絡み合った感じでプレイしていました。

    私も、もう終盤に近いのかなって思っていたのですが、

    はぐれた仲間1人、まだ姿を見せないので、

    先はもしかしたら長い?と思ったりもしていました。

    まあ本当に先はまだ長いんですけどね(苦笑)。

  2. りーさん より:

    コタローさん

    コメントありがとうございます!^^

    褒めていただき感謝です!笑 私も仲間たちの姿が見られなくて不安だったり、エマちゃんたちと再会してはしゃいだりと、喜怒哀楽が波のように押し寄せてきた感覚で遊んでいました!

    そうですよね!このときは、今自分がどのあたりまで来ているのか混乱しました!笑 コタローさんの仰る通り、先はまだまだ長かったです!(´ ▽ `)