ドラクエ11 感想日記29「願わくば、芽吹く時も散る時も…」




※ネタバレがあります

寄り道


先に進む前に、少し寄り道を!

ソルティコのカジノで一稼ぎしようと思い
バニーガールにジャックポットの当選確率に
ついて聞いたところ…

あ! ビビッと来ちゃったわ!高確率でジャックポット当選者が出そうなそんな予感がするわね!

おお、これは絶好の機会ですな!!!

よーし!ざっくざく儲けるぞおおお!!!
と意気込みつつ、スロットを回したところ
あっという間にすっからかんに。

2時間遊びましたが、まったく出ません。

ジャックポットの予感すら
ありませんでしたよ…。
でもバニーガールが可愛いので許す

あぶない水着


カジノの景品である、あぶない水着。

スロットを始める前のデータをロードして
先ほどの損失を無かったことにしてから
交換しました!

水着はセクシー担当の
マルティナに着せなくては!!
と意気込んだところ、
思ったよりもただのビキニでしたぞ。

あぶないという名前から、
もうちょっときわどいものを
想像してたので残念です…!!

けれど、マルティナの美脚や
たわわな胸を拝めて幸せでした!
浜辺で追いかけっこして掴まれたい

破壊された里


グロッタの町の南に
破壊された里みたいなものがありました。

以前は無かったので
空から落ちてきたとしか考えられませぬな。

しかし、
今の時点では何もわからないので
ひとまず物語を進めましょう!

さーて、
ベロニカとセーニャに会いに行きますぞ!

VS ネドラ


シケスビア雪原の氷獄の湖の先に
ドラゴンが現れました!!

かつて勇者ローシュによって
封じられた竜のネドラです!!

ブレス攻撃や、
グランドプレスという全体攻撃が厳しいため
場合によっては、
3名を回復役に回すこともありました!

ロウはフバーハ&回復、
シルビア姉さんはハッスルダンス、
グレイグはスクルト&攻撃
主人公は攻撃&回復に努めました!


余談ですが、以前は
ネドラがこのように冷凍されていました。

氷山はウルノーガが衝撃波を放ったことにより
ネドラに力が宿って解けたのだそう。

そんなことせずとも
ハンマーで叩けば割れそうな質感ですな…。

セーニャとの再会


HPを0にしても、なお苦しめてくるネドラ。

そこに竪琴を弾きながら現れたのは…


セーニャでした!!

清純派でちょっぴり天然なお嬢様系女子です!
パーティの癒し担当ですね。

竪琴で悪しき魂(ネドラ)を浄化させてから
息絶え絶えの主人公一行を癒してくれましたよ!

しかし、ベロニカの姿は見当たりません。

お姉さまなら
先に聖地に向かっているかもしれない
とのことなので一緒に向かいました。


「セーニャ…おぉ、私の天使よ」

こちらはベロニカとセーニャの両親です!

大人にもなっても親から天使と言われる子供は
早々いないので、よほど愛されているんですな。

しかし、そこにもベロニカの姿はありません。

ですが、
近くの森から姉さまの気配がする
とのことなので、森へ入りました!

ベロニカの覚悟


「起きてください、お姉さま。カゼを引いてしまいますわ」

セーニャが触れようとした次の瞬間、
樹木にもたれかかるベロニカは
光となって消えてしまったんです!!!

驚く一同を傍目に、
側に立てかけられていた
ベロニカの杖が輝きだしたので
主人公が手を伸ばしますと…


それは、枯れてゆく
命の大樹での場面でした!

ウルノーガによって
皆が離散する前の出来事です。

あたしはどうなってもいい…。みんな絶対に生きのびて、アイツから世界を救ってちょうだい!

あのままでは皆が亡くなるため
ベロニカは自身を犠牲にしてまで
主人公たちを守ったんですね…!!!


セーニャ…。またいつか同じ葉のもとに生まれましょう。りーさんのこと…頼んだわよ

これが、最後に
ベロニカが遺した言葉となりました…。

小さな身体で
懸命に皆を守ろうとするベロニカの姿に
胸が張り裂けそうなくらい痛くなりますね!

これは、泣かずにはいられませんよ…。

この場面を見ていますと、
あの夜のやり取りを思い出しました。


私とお姉さまはきっと、芽吹く時も散る時も同じですよね?

「セーニャはグズだからどうかしら。…でも、そうだといいわね」

セーニャとベロニカの
「こうありたい」という思いは
叶うことなく散りました。

非情な現実


ベロニカはもう、何処にもいません。

これはあまりにもショックで、
しばらく放心状態でしたよ…。

衝撃の事実を知った主人公たちは落ち込む中、
セーニャは「里の皆に知らせなくちゃ」と言い
聖地ラムダへ戻りました。

一番泣きたいのはセーニャのはずです。
彼女が気丈に振る舞う姿を見ていると
余計につらいですね。

ベロニカの代わりにはなれませんが
ぎゅっと抱きしめてあげたいです…!

←次回 ドラクエ11 感想日記30「セーニャの後悔と覚悟」

→前回 ドラクエ11 感想日記28「羨望のマヤ差し(眼差し)」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • まさにベロニカショックですよね…。

    今まで歴代のドラクエをプレイしてきて、

    主要なメンバーが亡くなってしまうという事は無かったと思います。

    なので私も正直ショックでした。

    その日、冒険をここで止めちゃいましたね。

  • コタローさん

    コメントありがとうございます!^ ^

    そうですね。。この場面では、多くのプレイヤーがショックを受けたと思います。

    誰かが亡くなるなんて思ってもなかったですし、ましてやそれがベロニカだなんて…。

    この悲しい事実を知ってからは、しばらく放心状態でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。