ドラクエ11 感想日記31「ドSなヨッチ」




※ネタバレがあります

神の使いケトス


勇者の峰で、
ベロニカがフルートを吹く夢を見た長老。

なので、
誰かが吹けば何かが起こるのではないか
とのことでした。

しかし、セーニャが吹いても
何も起こらなかったため、
主人公が吹くことに。


フルートといえば、
ベロニカがお守り代わりに
持っていたあれですね!

これは、賢者セニカが
邪神を討った後に聖地ラムダに寄り、
置いていったものでした。

ということであれば、
何か特別な力を秘めてそうですね!!


主人公が吹くと、フルートはなんと
釣り竿に変わったんです!

餌やルアーもつけずに
雲海へ釣り針を投げたので
やれやれ、釣りのやり方を教えてあげよう
と思っていたところ…


超巨大な鯨が釣れましたあああ!!!
残念ながら食べられません

これが神の使い・ケトスです!

今回の乗り物も、
ドラクエ3のラーミアみたく、
鳥かなと思っていたので意外でした!

よく見ますと、
ところどころに翼が生えてますな。
体重からして翼の数が足りないと思う

神の民の里


長老が夢見た天の島とは、
神の民の里でした。

しかし、魔物に襲われた結果、
ほとんどが地面に落下したのだそう。
つまり…


グロッタの南にあった残骸が
落下した神の民の里だったんですね!

話は戻りまして、
天に浮く神の民の里には
巨大な聖火がありました!

そこからは、
聖なる種火を貰えましたよ!

また、聖火を囲むように
3本の苗木が植わっているんです。

それに触れれば、
主人公たちがやるべきことが
わかるかもしれない
とのことなので、
大樹の苗木に触れてみました!

苗木の記憶


なるほど、勇者ローシュたちが
どのような行動を取っていたのかが
丸わかりですね!

しかし他人に過去を見られるだなんて、勇者は
ぱふぱふ迂闊な行動を取れませんな。

そんな彼らは古戦場で鉱石を採掘し、
ハンマーをサマディー王国で手に入れ
ヒノノギ火山で勇者の剣を鍛えていたんです。

なので早速、鉱石を取りに
空に浮かぶ島の古戦場へレッツ&ゴーです!
爆走兄弟

しばらく誰も立ち入れなかったようなので
神の民いわく何がいるか分からないとのこと。

なるほど、きっと魔物がうじゃうじゃい…

天空の古戦場でぱふぱふ


お兄さん、ぱふぱふしない?

綺麗なお姉さんがいました!!!

こんなところになぜいるのか不明ですし、
実はモシャス(変身)した魔物なんじゃないか
と疑っちゃいますが、致し方ありませんなぁ。

主人公は紳士なので、レディーのお誘いを
断るわけにはいきません!!!

お姉さんのぱふぱふを
堪能させていただきましょう。
レッツぱふぱふ!!!!


だまされたあああああ!!!!

バンジージャンプでぱふぱふって!!
そう来るとは思わなんだですよ…!

しかもロープ1本で雲海に突っ込んでるので
危険すぎますぞ!!
この世界の勇者に対する扱いがひどい

オリハルコン


古戦場の最奥で、鉱石を発見しました!!

カミュさまによりますと、
いにしえの神の金属
オリハルコンなのだそう!

見てください、
このカミュさまの嬉しそうなお顔!!

やったぜ!という気持ちが
ビシビシ伝わってきます!
とりあえずこっち向いてほしい

黒ヨッチと勇者の星


次は、ハンマーを求めて
サマディー王国へ来ました。

しかし、上空から
赤く禍々しい球体が降りて来ているんです。

あれは勇者の星だそうで
このままでは落下するとのこと。


実は、序盤でも
ちらっと触れられていた勇者の星

赤いので凶星なんじゃないか
と予想していたのですが、
悪いという意味では当たっていそうですね!

勇者は星になって
この世界を見守ってるそうですが、
それは人にとって都合のいい解釈
過ぎなかったのかもしれません。

黒ヨッチ


勇者の星を眺める一行ですが、
主人公は黒いヨッチ族を見つけます。

主人公だけが認識できるようで、
仲間たちはみんな気付かないんです。

それをいいことに黒ヨッチは
ロウの体を歩いて乗り越えちゃいました。
私ならカミュさまとマルティナの胸に埋も(ry

星の話題で盛り上がる王国ですが、
城ではあのヘタレ王子が
学者を連れて星を調べると王に伝え、
バクラバ砂丘へ行っちゃいました!

なるほど、
あれから逞しく成長したものですな。

星には文字が刻まれているようですが
学者が怖気付いてしまうので、
王子と一緒にバクラバ砂丘へ行くことに!


星を見上げたいと言い、
砂漠に横たわるファーリス王子。

そんな呑気王子の体を
黒いヨッチ族が踏んづけてるんです!!!

この黒ヨッチは、白ヨッチと違って
わざわざ人の上を通って歩くので、
きっとドSですね!!
腹黒いどころか体が黒い

そんな黒ヨッチは
砂丘の中心にある遺跡へ向かいました!


バクラバ砂丘のど真ん中にある遺跡。

そこで黒ヨッチは
何本もの触手をニョロっと出しました!


スギサリシトキヨ…サア ワガモトヘキタレ…

こ、怖可愛い!!!
怖いけどどこか愛らしいですぞ!!!

それに、過ぎ去りし時って
サブタイトル「過ぎ去りし時を求めて」に
含まれていますよね!!

ということは、
黒ヨッチは物語に大きく関わりそうですな…!

勇者の星の破壊者


しかし、黒ヨッチの願いは潰えました。

剣士らしき魔物が現れて、
勇者の星を斬って破壊したんです!!
しまいには、こんなセリフを残しました。

これで世界は我のものなり…
まさかのコロ助

ということは、
こやつはウルノーガですね!!

黒ヨッチが何をしようとしたのかは
不明ですが、触手を下ろして
しゅんとしているように見えたため、
ちょいと可哀想でしたよ…。

←次回 ドラクエ11 感想日記32「人食い火竜と手羽先」

→前回 ドラクエ11 感想日記30「セーニャの後悔と覚悟」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • オープニングに出てきていた黒ヨッチが、

    結構重要な存在みたいな感じになってきましたよね。

    勇者にしか見えないんですよね〜。

    勇者もちょっと「あれ? みんな見えない?」ぐらいは

    言えば良いのにな〜って思ってました(笑)。

  • コタローさん

    コメントありがとうございます!^ ^

    そうですね!この時は、黒ヨッチがどんな存在なのか知る術もありませんが、勇者にしか見えないのは気になりました!

    黒ヨッチが人の体をよちよち歩いているので、私もとりあえず言ってみたほうがいいのでは…と思います!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。