ファイアーエムブレム風花雪月感想日記8「私のクラスにこの人たちいたっけ?」




© 2019 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS Co-developed by KOEI TECMO GAMES CO., LTD.
※ネタバレがあります。

優勝するために

今月は、賊の討伐などの物騒な任務はありません。

その代わりに、毎年恒例の大規模な学級対抗戦・グロンダーズ鷲獅子戦が開催されます。

優勝すると何かいいもの貰えるのだろうか…?
誕生日プレゼントが散々だったからガルちゃんとのデート権ください

スパイの可能性

私の心の中にいたはずが、いつの間に自室でくつろいでるソティス。

イエリッツァがスパイだったこともあり、まだ敵が味方内に潜んでるかも…と警告してくれました。

さすがツンデレ娘…!普段は私を阿呆扱いするけれど、こういう気遣いに優しさを感じます。

釣り大会のメシマズお嬢様

散策していると、何やら釣り大会が開催されていました。

優勝条件は「フレンの思い出の魚を釣ること」。そしてその魚がどんなものかは一切ノーヒントです。そんな大会やめるべき

ちなみに、この時期に釣れる最も大物の魚が正解で、彼女に渡すと笑顔を見られます。こう見えて料理が苦手なフレンなので、誰かに料理してもらうんだぞ。

授業の質問

授業の一環なのに、まっったく無関係な質問が飛び交うことがあるんです。

そして今回は「男受けの良い女子」について。清潔感のあるゲーマー女性は男性受けが良いと思いますぞ。ドヤ顔

見る見る見る見るm

言葉足らずなペトラとのイベントでは、なぜか服を脱ぐ展開に。

ペトラ
「見ますか、先生?服、脱ぐ、できます」


「見る見る見る見る見るm」

しかしセクスィ~なイラストはなく、ただ暗転して終わるのでした。ちっくしょおおおおお

外伝戦闘へ

学級対抗戦で主人公は教師だから出られない!なんてことがあっては困るので、生徒を育成すべく外伝戦闘に出かけました。

中にはストーリー仕立てなものあって、生徒のお見合い相手の人間性を確かめるなんてものも…!

資格試験を受けよう

試験パスと試験技能に必要なステータスのランクが上がれば、中級職・上級職・最上級職の資格試験を受けられるんです。

私はひたすら剣術を使っていたから、ソードマスターを目指そうっと。

と思ったら合格率30%と低くて、試してみたらやはり不合格でした。。

グロンダーズ鷲獅子戦

学校行事として注目を集める、大規模な学級対抗戦。現代で言う運動会みたいなものですね。

それにしてもレアのくびれがすごいのだが…!

マーメイドドレスが似合うスタイル!!

ガルちゃん
「勝つのは私たちよ…」

…待って、私の学級ってこんなに人数いたっけ?見たことない人のほうが多い

そして学級対抗戦とはいえ私も出撃できたので、結果は言うまでもなく…

黒鷲学級の優勝!!

そして他学級のリーダーから褒められました。美形が揃いすぎてホストクラブにいる気分です。ドンペリ一丁!!

ガルちゃんの目論む未来

ガルちゃんにお礼を言われた後、彼女の本音をぶつけられました。

ガルちゃん
「今はただ、貴方に手伝ってほしいと思う。やがて来る私の、皇帝としての治世を…」

悲しいかな、三勢力が均衡している現状を変えるつもりなんです…。

今のまま平和で過ごせたらいいのに、彼女が治世にこだわるのは失った兄弟のため、帝国を背負うという重圧を背負ってるためなのでしょうか…。

先生にお礼を

学校行事が終わり、夜は生徒たちにお礼を言われました。

優勝できたのは私が教師として自分たちを指導してくれたから、と。
私が他学級の生徒を無双したからです

こうやって褒められるのは嬉しいものですね。レアに頼まれて引き受けたお仕事ですが、君たちの卒業を見届けるまでは頑張りますぞ…!

→前回 ファイアーエムブレム風花雪月感想日記7「私の誕生日覚えてない疑惑」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。