【Switch】ファイアーエムブレム風花雪月 クリアレビュー




© 2019 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS Co-developed by KOEI TECMO GAMES CO., LTD.
※ネタバレがあります。

はじめに

こんにちは、2学級の美形生徒を受け持った教師・りーさんです。

今回は戦略シミュレーションRPG「ファイアーエムブレム 風花雪月」をクリアしたため、下記5点に絞って感想を綴ります!

購入を検討中の読者さんがいましたら、参考になれば嬉しいです。

評価ポイント
  • ストーリー ☆4
  • 戦闘システム ☆3
  • サウンド ☆3
  • グラフィック ☆4
  • ボリューム ☆3

他学級が気になってくるストーリー

傭兵稼業で日々を過ごしていた主人公は、大司教の依頼により修道院の教師として学級を受け持ち、生徒と共に学生生活を過ごす中である陰謀に巻き込まれていく…。

今作はそんな物語で、2部構成になっています。

3学級から1つ選べるんですが、物語を進めていると「あの学級の担任になったらこんなことにならなかったんじゃ…」と考えることがしばしばありました。

なので全学級ルートを遊びたくなるんですよね。またストーリー自体は中世の騎士道物語っぽくて、後半に連れてだんだん盛り上がるため「早く先に進みたい!」と思える構成でした。

だからこそ、育成・支援値上げのためとはいえ「散策」を毎度こなすのは作業になりました…。

散策は修道院を自由に歩き回って、プレゼントを渡したりクエストをこなしたり、釣りや歌唱に植物育成などを行うパートです。

もちろんスキップできますが、そうすると課題出撃で詰みやすくなるんです。。

そんなジレンマにより散策せざるを得ず、それが物語のテンポを阻害しているように感じたため☆4にしました。

武器の耐久度&死神騎士の仕掛けが邪魔した戦闘システム

仕掛けを起動して優勢にしたり、敵にとって相性の悪い味方をぶつけて倒したりと、戦略シミュレーションRPGとしての楽しさをしっかり味わえました。

新しい仕様「天刻の拍動」で時を戻せるのもありがたかったです。敗戦時には「ここをこうすればよかったか!」と反省でき、それをすぐに実践できるのでとても役立ちました。

けれど残念だったのが、武器の耐久度と序盤の死神騎士の仕掛け。まず前者については、英雄の遺産という強い武器が登場するものの、耐久度がとても低いのでラスボス戦以外で使えませんでした…。

また序盤の戦闘で登場する強敵・死神騎士は、HP回復床に佇んでいるんです。一撃で仲間が倒れるほど強いうえ、攻撃してもHPが大幅に回復されるので2周目でも倒せませんでした。

この2点により、☆3にしました。まあ死神騎士はまだしも、武器の耐久度はなくしてほしかった…!武器が壊れて、何も持たずに戦場に突っ立ってるキャラが度々発生していたので。。

印象に残らないサウンド

33曲すべては聞けてないと思いますが、私が聴いたものは感情移入できるクオリティでした。

けれど「このBGMが特にいい!」と推したいものはなく、印象に強く残るものがなかったため☆3にしました。

中でも、とある人物を手にかけるシーンではわりと明るめなBGMが流れていたため、もう少し悲壮感漂わせてもいいんじゃないかなと思いました。

重い決断を強いられた主人公が、やりたくないけど仕方がなく手を下す場面なので…。

でもアマゾンレビューでは「音楽は良い!」と書かれていることが多かったので、ここは個人の好みによるのだと思います。

Switchの中では頑張ったグラフィック

この5項目の中で、ストーリーの次に良かったのはグラフィックです。

Switchはハードの性能を存分に使ってもPS4に負けるので、Switchのソフトにグラフィックのクオリティは期待していませんでした。

だがしかし、戦闘・学校生活パートといいSwitchにしてはよく頑張った出来だったんです!

学校生活パートの修道院については若干荒いものの、世界観に十分没入できる完成度でした。そのため、☆4にしました。

育成を楽しんだもの勝ちなボリューム

武器集めやレベル上げなどのオーソドックスなものはもちろん、今作は育成についてやれることが多いんです。

特に散策では、植物育成・歌唱・指導・料理・食事・釣り・お茶会・贈り物・聖人像・クエストなど種類が豊富にあり「限られた回数で何をこなすか」と考えながら取捨選択するのを楽しめました!

けれどお茶会で支援値を効率よく上げるためにキャラの好みを把握するのは面倒に感じたり、食事では育てたいキャラの好きな料理じゃないからやる気が上がりにくかったりなど、思うようにいかずストレスになることも…。

このマイナス点を踏まえて☆3にしましたが、育成好きにはたまらないボリュームだと思います。

まとめ:恋愛より育成に重きを置いたRPG

「ファイアーエムブレムIF」に比べると、子供システムがないからか恋愛イベントが少なく感じました。

けれどその分育成を重要視しているため、モンスターファームなどの育成シミュレーションRPG好きにもオススメできます!

争乱の時代で、個性豊かな生徒たちと陰謀に巻き込まれてみませんか?嫌だ

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • 今のFE知らないんですけど、昔は最強キャラを作ろうとか思うとレベル上限が低いがためにレベルアップで上昇が気に入らないとリセット繰り返してして1レベルに数時間かかったりしてたもんですが、今のFEて普通にRPG感覚で育成出来るんでしょうかりー師?(;゚д゚)

  • ジャックさん

    コメントありがとうございます!^^

    なんと!ポケモンの努力値うんぬん並みに大変な作業だったのですね…!私なら白目を剥きそうです。。orz

    今作は戦闘回数に制限はありますが、レベル上限を気にせずRPG感覚で育成できていました!

    ですが技能レベルが一定以上でないと上の職に就けないため、就きたい職業に必要な技能(剣や斧など)をひたすら使い続けて育てることだけは意識していました。

    クリア時の主人公はレベル43くらいで、リセットをしなかったものの強く育ってくれましたよ~!^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。