FF15プレイ日記20「チョコボ将軍」




※ネタバレがあります。
※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
※著作権は「Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.」です。

コルの伝言


しかし、ハンマーヘッドにコルはいませんでした。

用事があるからと外出し、シドに伝言を残したそうです。

シドから、帝国の目的は『クリスタル』『光耀の指輪』を奪うことだと教えられ、イグニスは「帝国に停戦の意思は初めからなかった」と推論します。

「何 騙されたんだ」と悔しがるノクト。

それに対してシドは「王都で起きてたのは、一方的な襲撃なんかじゃねえよ。あいつは城で戦争したのさ。迎え撃ってやるつもりでな」と返しました。


スパナの隣には、4人の写真が立てかけられています。彼らはレギス、シド、ウィスカム、コルだと思われます。

写真から察するに、レガリアで旅をしていたようですね。

コルは北西にある王の墓所にいるようですが、まずは道中の集落に寄ることに。


そこには、王都警護隊のモニカさんがいました!

ここまで旅していて、ノクトを様付けする人に会ったのは初めてかもしれません!さすが庶民派王子

歴代の王の力を得よう


王の墓所でコルに会えました。どうやら、ノクトに歴代の王の力を得ることが王の使命だと伝えたかったようです。

コ「王には民を守る義務がある」

ノ「で、王子だけ逃したのか? バカじゃねーの。王が守るのは息子じゃねーだろ」

ノクトは、レギスが何も言わなかったこと、笑って送り出されたことに対して、自分が騙されたと悔しがります。

しかしコルは「送り出した日は王としてでなく父親として送り出したかったそうだ」「おまえになら、新王にならこの国を 民を託せると信じたからだ」と教えてくれました。

覚悟を決めたのでしょう。ノクトは棺に手をかざし「賢王の剣」の力を得ました。

1周目であらかた武器を収集しているため、多くの武器が描写されています。

もう一つの場所がこの近くにあるため、キカトリーク塹壕跡へ向かうことに。

また、コルがしばらく旅に同行してくれるので心強いですね!

仲間コマンドは有用ですし、なんとチョコボのスピードにも走ってついてきてくれました!不死身のチョコボ将軍

vs アルケニー


プロンプトが撮ってくれた一枚。イグニス戦って

アルケニーは女郎蜘蛛のような外見をしていますね。

機械や炎などが効きますので、ファイアを精製しておくと楽に戦いやすいです。

ここでは、2つ目の力「修羅王の刃」を手に入れました!

いかにも強そうな武器名ですね…!

その後、コルから「帝国軍が北ダスカに基地を作ろうとしている」と教えてくれました。放置すればダスカ方面へ行かなくなるため、基地の破壊を実行することに。

←次回 FF15プレイ日記21「思春期のロキ准将」

→前回 FF15プレイ日記19「王都インソムニア陥落」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。