FF15プレイ日記24「六神タイタン」




※ネタバレがあります。
※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
※著作権は「Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.」です。

六神タイタン

今回は外にむき出した状態で、魂の棺を発見。ここで「夜叉王の刀剣」を得ました!

その場から離れようとすると六神・タイタンが動き出し、地面が崩落し始めます。

崩落に巻き込まれたノクトを掴んだのが、王の盾であるグラディオでした!

この世界の女性がグラディオに惚れるのもうなづけますね。逞しい腕にお姫様抱っこされたい

タイタンは何かを伝えたいようですが、何を言っているのかはわからず。これが神様の言語というものですね…。ウーオーしかわからぬ

ひとまず地上にいるプロンプトとイグニスに合流するため、上へ続く道を進みました。

その途中で、グラディオがノクトに怒ります。ちったあ落ち着け、と。

1周目では「なんでいきなり怒ったんだろ」と感情移入できずにいました…。

おそらく、ノクトは頭痛でイライラしており、グラディオも王を守らなくちゃいけないという使命のプレッシャーから気がたっていたからでしょう。

ですが、きっと多くのプレイヤーが唐突な感情の表し方に???となったかと…。メインキャラなだけに、グラディオの心情描写不足を、残念に思いました。

やっと開けた場所に着いたかと思えば、今度は魔導兵が登場!彼らはタイタンを討伐する目的で行動しているようです。

ノクトがタイタンの力を得られなくなれば、帝国が有利になりますもんね。

それらを倒すと、いよいよタイタン戦へ。

VSタイタン

ここはガードとパリィの連続です。

最後は仲間の3人が連続ブリザラでタイタンの一部を凍らせて破壊したことにより、タイタンから力の証を貰えました。

また、かつてルナフレーナが来て、神凪の力でタイタンを呼び覚ましたことが分かります。ルナフレーナと話したから、ノクトを呼んでいたようです。

周囲が噴火し始め、逃げ場がない一行。そんな窮地に現れたのがアーデンでした。またお前か

ここで本名がアーデン・イズニアであり、帝国の宰相であることが判明します。しかしそれも本名じゃない

この場を脱出するためにも、アーデンのお誘いにのって帝国の飛行艇に乗ることを選んだノクト一行。

愛車のレガリアもまた、帝国軍に連れて行かれます。

←次回 FF15プレイ日記25「優しい神様のラムウ」

→前回 FF15プレイ日記23「アーデンとデスドライブ」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。