FF15プレイ日記38「後ろ姿がたまらぬグラディオ」




※ネタバレがあります。
※記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の商標または登録商標です。
※著作権は「Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.」です。

グラディオ+イグニスルート


こうしてみますと、ボスという雰囲気が漂うお二人。列車に登った先では、シガイがうようよしていました。ノクトが待ってれば合流できた説


そこに現れたのが憎きアーデン!

2人がノクトを救出できるよう、武器を使えるようにしてくれました。

あれ? もう少しありがたみを感じて欲しいんだけど?

そもそもこんな状況を生み出した人にありがたみを感じられるわけがありません…。

ノクトとの合流を目指せ!


だからと言って、立ち止まってるわけにもいきません。2人(主にグラディオ)でシガイを討ちつつ、先へと進みます。

この時から、プレイヤーはグラディオを操作できるようになりました!操作方法はグラディオのDLCと同じでして、盾ガードでダメージの倍率を上げつつ、スキルで一掃していくスタイル。盾ガードをせずとも斬るだけで楽に倒せるけれども

DLCをクリアしていますと、二天一流という強力なスキルも使えるんです。使ったことがないので、どんなものなのか楽しみですね!


アーデンが案内してくれるので、罠だと考えつつも先へ進む2人。イグニスは失明していて見られないのに、手を伸ばして止めようとするグラディオ。

その先で、モニター室らしきもの発見しました!


制御盤を弄るグラディオなんですが、そんなことよりも注目してほしいのはこの立ち姿!!引き締まったお尻の突き出し方に萌えてしまいましたよ!!グラディオ可愛い!変なことは決して考えていません

そして、1つだけ残っている映像があったそうなので、それを拝見することに。その中身とは…

レイヴスの最期


皇帝が居る謁見の間らしき場所で、レイヴスは話していました。

レ「いずれ真の王として 必ずや世の闇を晴らしましょう」

イ「聖石は我が手に 真なる王はーー」

レ「ノクティスをおいて 他におりません

ここで本音を吐露しました!!今まではつっけんどんだったのに、なぜここで打ち明けたのでしょうか。おそらく、ルナフレーナが亡くなったことに関係していると思われますが…。


イドラは闇に…つまり、アーデンに操られているようです。その証拠に身体中から黒い靄が溢れ出ています。


その瞬間、イドラはシガイを召喚し、レイヴスを亡き者にせんと攻撃を開始しました!


何の魔法かは分かりかねますが、怒涛の攻撃を食らった結果、柵を越えて底へ落ちていくレイヴス。

レイヴスはグラディオより強者という扱いなので、グラディオだったらどうなっていたことか…


そして、かなり落ちたはずなのによく助かったレイヴス。この点に関してはグラディオならピンピンしてそう

振り返ると、そこにはノクティスがいました。が、どう考えても都合良すぎですし、ノクトの性格なら駆け寄って心配するはずです。


「遅かったな、ノクティス」

「よく 力を備えた」

「今なら託そう 神凪として レギスの 選ばれし王よ 世界に光ーー」

レギスの剣を渡そうと、手を伸ばします。


刹那、ノクトはレイヴスの腕ごと斬り千切りました…。モグチョコTシャツ着てないから偽物なのは明白だった

ノ「つまんないなあ 途中までそれなりに面白かったけどさ」

ノ「不甲斐ない王に代わり 自ら闇を討とうと考えた哀れな神凪」

マヌーサ幻術を使えるあやつが、ノクトに成りすましていました。

マヌーサとは、ドラゴンクエストシリーズで登場する、敵1グループを幻に包んで通常攻撃の命中率を下げる呪文です!


まったく 選ばれなかった者はつらいねぇ

やはりアーデンでした!選ばれなかった者というのは、クリスタルに拒まれたアーデン自身と、レイヴスを指しているのでしょうか。

レイヴスも神凪に選ばれなかったという経緯があるのでしょうか…?神凪になれるのは女性だけだと、勝手ながら思っていました…。

←次回 FF15プレイ日記39「追跡者とヒロイン(男性)」

→前回 FF15プレイ日記37「ありがとな、オヤジ」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。