FF15プレイ日記39「追跡者とヒロイン(男性)」




※ネタバレがあります。
※記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の商標または登録商標です。
※著作権は「Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.」です。

クリスタルのゲート解除


なかなか珍しい、切なそうな表情のグラディオが撮れました!!妄想が捗ります


レイヴスの記録を見終えた2人は、ノクトのもとへ向かいます。プロンプトも攫われたのに二の次になってるのが可哀想…

そして、さらなるモニター室を発見したため、イグニスの指示で操作して、クリスタルの門に仕掛けられたレーザービームを解除しました。

ここでの作業は終わりかと思いきや…

VS フォラス


FFシリーズで最もグロテスクなのでは!?と驚くフォルムのボスが登場!!!バイオハザードとコラボ中かと疑いたい

彼はフォラスと言いますが、皇帝イドラがシガイ化したものです。簡単に言いますと、身体はシガイ、頭脳はイドラ!その名も追跡者フォラス!名探偵コナン風に言ってみたかった

このフォラスなのですが、ノクティスルートでは、延々と追ってくるだけでなく、その時は絶対に倒せない上、攻撃力が高すぎるのでひたすら逃げるしかないんです!もはや追跡者(タイラント)

これはトラウマになってもおかしくないのではないかと…!


「聖石は 我物 渡さぬ 決して」

そしてボス戦へ突入!楽しみにしていたスキル・二天一流で大ダメージを与えよう…!と画策していたのですが、2回ほどスカしてしまうという残念な結果に…。

と言いますのも、フォラスは消える時があるんです。そこで発動してしまい当たらないということが続き、やむなく通常攻撃で攻めようと決めました…!

ただ、2周目ということもあり、そこまで苦労せずに倒せたのでよかったです!

ノクトを救え!


イグニスいわく、ノクトの声が聞こえるそうなので、その方向へ行ってみることに。

失明した結果、その他の感覚が研ぎ澄まされているのでしょうか。


一方でノクトは、狭い場所で電気扉に挟まれるという絶体絶命の危機に陥ってました!召喚獣呼べば解決しそうだけれども

自力では脱出できないところを、辛くも救ってくれたのは…


グラディオとイグニスでした!

この画像は、ノクトがグラディオを殴ろうとしているように見えるかもしれません。ですが、実際はへたり込んだノクトをグラディオが引っ張りあげています。この2人に関しましては喧嘩続きだったので、仲良くなって一安心ですね!

囚われのヒロイン(男性)


残りはプロンプトのみ!ということで探しますと、牢の向こう側で見つけました!

彼は磔の状態になっていますね…。材質からして電気が通りそうですし、何かしら拷問が行われていたのかもしれません。

彼を外したノクトたちに、ようやく気がついたプロンプト。そして…


ねえ ちょっとは心配してくれた?

こ、これはちょっとだけツンなヒロインが言いそうな台詞ですよ!!1周目では生きていたから、2周目でも生きてるだろうと心配していなかったのですが「心配した」と選ばざるを得ません!

余談ですが、1周目でも「心配した」を選択しました!笑


もういっかい会って オレはもう偽者じゃない 安心してって言うまで死ねないって

プロンプト急にどうしたの!?と言いたくなるほど、彼のヒロイン化に戸惑っています…!いったいアーデンに何をされたの

おそらく、ノクトが自身を突き落としてしまったことに対して責任を感じているだろうから、それを少しでも軽くしようとしたのでしょう。そう考えればプロンプトらしいのですが…今後のヒロイン化には期待ですね!

←次回 FF15プレイ日記40「アーデン・ルシス・チェラム」

→前回 FF15プレイ日記38「後ろ姿がたまらぬグラディオ」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。