FF15プレイ日記44「何度見ても泣ける結末」

※ネタバレがあります。
※記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の商標または登録商標です。
※著作権は「Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.」です。

真の王の使命


「帰ったよ ちゃんと胸張ってさ」

「ありがとな ルーナ みんな オヤジ」

単身で王の間に戻ったノクトは玉座に腰を掛けました。


一緒に過ごせて 幸せだった

指輪の影響か、レギスの幻影が登場します。ノクトに背を向けて、彼の言葉を聞いているように思えました。


「ルシスの王よ 集え」

その言葉を皮切りに、武器と歴代の王が登場します。人ならざる者の姿をしている王がいすぎて困る

王は武器を手に、ノクトを刺していきます。その度に、苦しそうに呻くノクト。そんな息子の姿から目を逸らしつつ、何とも言えない面持ちのレギス。つらいに違いありません。

何度も刺された挙句の果てに思い出すのは、プロンプト、イグニス、グラディオ、ルナフレーナでした。


オヤジ あとは任せろ

息絶え絶えにそう告げたノクトに、最後の武器が刺さります。


それは、レギスの剣でした…。

この武器が刺さる直前に、レギスの姿は消えていました。そのため、レギスが息子を刺したのかも知れません。レギスは、ノクトがこんな運命を辿ることまで分かっていて、憂いていたのでしょうか。

ここで、ノクトは絶命します。

アーデンとの決着


クリスタルの中と思わしき場所で、再会を果たしたノクトとアーデン。

目や顔が黒ずんでいくアーデンに向けて、ノクトは手を伸ばします。


指輪が光り、徐々に朽ちていくノクトの身体から飛び出た12種類の武器。それを手にしたのは、歴代の王でした。

彼らはアーデンに向かって、武器を突き貫きます。その結果、アーデンを倒せましたが…。

ノクトも力尽き、身体は光と化して消えてゆきます。指輪もボロボロになり、役目を終えたためか消滅しました。

その後、冒頭で車を押すシーンがボイスだけ流れ、スタッフロールへと移ります。

最後のキャンプ


これは、王都インソムニアに出立する前のお話です。

4人で久しぶりにキャンプを行いました。そこでノクトは、本音を漏らします。

ノ「あのさ あ――と」

グ「どうした?」

この時のグラディオの声が渋く優しくて、涙腺が緩みました。あんなに喧嘩してたのに


「オレな 覚悟して帰って来たんだよ」

「けど なんかこうして おまえらの顔を見たらさ」

悪い やっぱ辛えわ

堪えていた涙を流すノクト…。仲間と離れるのも嫌だろうし、死にたくないのも当然です…!


プ「そりゃ 辛えでしょ」

グ「ちゃんと言えたじゃねえか」

イ「聞けてよかった」

プロンプトは号泣し、イグニスはサングラスをしているため分かりません。その中でも、グラディオが上を向いて涙を流さないようにしている姿に、こちらが泣いてしまいました。

お葬式のような雰囲気を変えようとしたのか、ノクトは立ち上がります。

「みんな どうもな」

オレ おまえらのこと好きだわ

この記事を書いている最中でも、思い出して泣くほど、この言葉は心に突き刺さります。ツンツンなノクトが初めて漏らした本音…聞けて良かったと心から思います!


ノクトが使命を果たし、夜明けがやって来ました。4人で最後にキャンプした場所は、今でも残ったままです。4人で旅をしたことを形として残すために、あえて片付けなかったのかもしれません。

もし自分が仲間の立場でしたら、この椅子に座るたびに思い出しては泣きそうですね…。

そして、第二のスタッフロールへと移行しました。まだ終わってなかったのか

ルナフレーナとの再会


綺麗に装飾された、王都インソムニアの王の間。いっぱいの花が飾られており、ジールの花が舞うその様は結婚式を思わせますね。

ここでレギスは、ルナフレーナに向けて言葉を送ります。

「ルナフレーナ 息子に指輪を届けてくれてありがとう」

「知っての通り 頼りない息子だが 最高の息子だ」

「どうか よろしく頼みます」


玉座には、一枚だけ選んだ写真が映し出されました!これはカエムの岬で撮影したものです。4人だけでなく、タルコットやイリス、シドやコルなど多くの関係者が写っているので、これを選ぶ人は多そうですね。


その写真を、ウェディングドレスを着たルナフレーナに見せるノクト。

ルナフレーナは、微笑ましくじっと見つめています。イリスとノクトの2ショットじゃなくてよかった

そして、互いに顔を寄せ合い口づけを交わしました。


互いに見つめ合う2人。生前でもこのように過ごせていたら…と願うばかりです。

にしましても、ノクトの顔つきは精悍さが増しましたね!髭を剃るとこんな顔つきになるとは…すっかり大人になりました。


ルナフレーナは相変わらずですね。綺麗で清楚系なお姉さんです。彼女は10年前に亡くなったので、容姿が変わっていないのかもしれません。

そんなルナフレーナはノクトとの結婚を心から望んでいたので、このような結末を見られて安心しました。


眠ってしまうルナフレーナとノクト。そんな彼らの姿が実は…


タイトルロゴでしたというオチに…。左側で眠る女性はルナフレーナを示していたんです!

右側にいる男性はノクトであり、クリアすると表示されるようになります。

ようやく、FF15(2周目)をクリアいたしました!またDLCがありましたら、続きを書くかもしれません。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

→前回 FF15プレイ日記43「仇敵アーデンとのラストバトル」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ