キングダムハーツ3 感想日記9「イケメンコレクター・ゼアノート」




© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX
※ネタバレがあります。

カイリとリア

ここでヒロイン・カイリの登場!魔法使いマーリンのもと、精神と時の部屋のような場所で、リアと共にキーブレードの修行を積んでいたんです。

グラフィックが向上したせいか、だいぶ艶っぽくなりましたなあ。

このツンツン頭はリア。元13機関でロクサスの親友で、元アクセルです。人間に戻ったせいか、目の下の♦マークが消えていますね。

カイリにシーソルトアイスをしれっと渡すリア。そのアイス、トワイライトタウン以外にも売ってたのでしょうか…?

リアはカイリを見ていると、ある人物を思い浮かぶのだそう。

リア自身は名前さえ忘れていますが、彼女はシオンですね。

シオンは、リアとロクサスの親友です。けれど、悲惨な運命によりこの世界からいなくなってしまい…。

シオン
14番目に加入した、13機関の1人。その正体はソラ(ロクサス)の能力をコピーすべく造られたレプリカで、ロクサス弱体化の原因でもある。ロクサスを守り、力をソラに返すべく、この世から消えることを決意した。

ゼアノートの所業

一方で、レイディアントガーデンにやって来たミッキー一行。

ここは、過去作を遊んでない人向けへの説明イベントですね。ゼアノートの行ってきたことをまとめていました。

ざっとまとめますと、この5つですね!

  1. 賢者アンセムの研究を乗っ取る
  2. 2.彼の弟子とゼアノートの心と体を分ける
  3. 3.ゼアノートの心は過去へ行きリクを乗っ取る
  4. 4.ゼアノートの体は13機関を結成するも失敗
  5. 5.心に誘導された過去のゼアノートが真13機関を結成

そして、アクアがレイディアントガーデンで助けたのは(テラの体を乗っ取った)マスター・ゼアノートだったんです!

けれど、マスター・ゼアノートは老人の姿で蘇りました。イケメンの姿で蘇ればモテるだろうに

今までマスター・ゼアノートが乗っ取っていたテラの身体は、真13機関にいるんです。

この機関はやけにイケメンばかり揃えているので、イケメンコレクションを作る気ですな。そして椅子のクセがすごい

ちなみにこのシーンは、3Dの終盤ですね!リクとミッキーは、ソラを取り戻しに来たんです。

VS フラワーガーディアン

説明はここまで!

2つの世界が開放されたので、まずはトイ・ストーリーの世界に向かうぞ!!と意気込んでいたら、こんなものに襲われました!!

こやつを倒さねば先に進めないので、3回ほど挑むも、グミシップが宇宙のチリと化す始末…。

そこでようやく、グミシップの改造に踏み切りました!幼い頃はよくレゴを弄っていたので、こういう組み立てはワクワクします!
お相手さん
「センスが……ハハッ(ミッキーのものまね)」

お相手さんにはグラビデ(という名ののしかかり)を食らわせつつ、完成したのが「あああ」号!

決められたコスト内で自由にパーツを組み立てるシステムでして、アタック超特化のグミシップにしました。攻撃は最大の防御ですからね!!

その結果、ランクAを獲得!

□ボタンでロールしつつR2ボタンでショットを打ちっ放しにしたら、あっという間でした。

強敵を倒して、いざ!ウッディと冒険へ!!

キングダム・オブ・コロナ

…悲しいかな。方向音痴のせいか、ラプンツェルの世界「キングダム・オブ・コロナ」に着陸。

実はトイ・ストーリーと、ラプンツェルの世界が開放されていたんです。攻略順はどちらが先でもOKなので、せっかく辿り着いたこの世界を攻略することに。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。