キングダムハーツ3 感想日記33「インスタ映えスポット」




© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX
※ネタバレがあります。

戦闘プログラムチップ

タコギンチャクを操っていたのは、13機関のリク=レプリカ(以下:闇リク)。

ヒロ
「あれは、僕が最初に作ったベイマックスの戦闘プログラムチップだ」

闇リクが眺めるのは、ヒロが兄を陥れた犯人に激怒して作ったチップ。これを使うと、温厚なベイマックスが猛牛のごとく暴走します。

なぜそれを持っているのかは教えてくれない闇リクは、チップをひょいとタコギンチャクに食べさせました。

おや!?タコギンチャクのようすが…

リク=レプリカ
トカゲ(エヴァン)に作られたリクの偽物。KH1でリクが閉じ込めていた闇の力を操り、ナミネを大切に思っている。

VS ダークキューブ

おめでとう!タコギンチャクはインスタ映えスポット「恋人の聖地」に進化した!
BGM:ポケモン

すかさず、ビッグ・ヒーロー4人組を吹き飛ばしたタコギンチャク。なるほど、来る人を選ぶという新しいタイプの映えスポットですな…!

こやつは攻撃をかわすと、可愛いことに弱点(コア)を丸出ししてくれるんです。なのでモグラたたきのごとく集中攻撃を浴びせました。

ゼアノートの器

ダークキューブを倒すと、闇リクがゼアノートについて話してくれました。頼んでないけども

俳優のブロマイド集にありがちな1シーンですが、これは若い頃のゼアノート(以下:若)。ここはデスティニーアイランドですね。

闇リク
「肉体を持ったまま時間を超えることはできないが、目に見えない存在なら可能だ」

「ゼアノートが自ら心だけの存在となり、時間を遡った。そして若き自分に計画を打ち明けた」

目に見えないなら、若はこやつが自分の心だってどうやって信じたんだろう。私にはこんなやり取りが思い浮かびました。


「好みの女性は?」

心だけのゼアノート
「ボンキュッボンのツンデレ」


「…確かに俺の心だ」

闇リク
「心だけのゼアノートは次に俺たちの時代に現れた。そして俺の体と融合し、おまえたちの知る(闇の探究者)アンセムとなった」

さすがKH1のラスボス。ドヤ顔の圧がすごい!

闇リク
「一方、抜け殻として元の時代に残っていたゼムナスは機関を結成し、計画を進めた」

闇リク
「それらによってゼアノートの心と接触した多くの心をこの時代に集結させたのが真13機関」

「そして俺たちのように過去から来た真13機関のメンバーはこの世界に用意された器に心だけ移した」

つまり、13機関のほぼ全員がレプリカということでしょうか…?

また、闇リクは心をデータ化して人形に移す実験のために来たのだそう。そしてヒロのチップを「元に戻して返す」と呟き去りました。

このチップは、映画のラストで異次元に残されたベイマックス1号(以下:1マックス)に入っていたんです。ってことは、また1マックスに会えるんじゃ…!

息切れるヒーロー

すかさず闇リクを追いかけたいけれど、ほぼ何もしてないビッグ・ヒーロー6がヘトヘトなので一時休戦することに。

帰ったら、息切れと動悸に効く「救〇」を飲ませてあげようっと。飲んだことないけれど

←次回 キングダムハーツ3 感想日記34「哀しき再会」

→前回 キングダムハーツ3 感想日記32「ディ〇ニーに広がるARASHI旋風」

スポンサーリンク






8 件のコメント

  • オタコン『弱点じゃない、弱みだよ。人も兵器も弱みがないと可愛くないじゃないか。そうだろ?』みたいな?(笑)

    なるほどりー師匠の好みはボンキュボンのツンデレ、と
    φ(._.)メモメモ

    そんなりーさんはぜひボンキュボンの写真をインスタに….(´▽`)ノ

    コチラ、ピースウォーカーHD始めました^^;
    元の対象層がPSPな若者相手だからか、なんかノリが軽く感じます。なんか恋愛ゲームみたいな美少女ヒロイン出てくるし….

  • ジャックさん

    コメントありがとうございます!^^

    そうですね!笑 闇リクもそんなノリで作ったのかもしれませんww

    ジャックさん、それはメモを取らなくていいですぞおおお!!wwwインスタは開設していないものの、スタイル抜群なゲームキャラをひたすら載せるのはありかもしれません…!にやり

    おおお、怒涛の勢いですね!こうなれば、目指すはメタギア全制覇ですね!(´ ▽ `)w

    それはパスでしょうか…?MGS5 TPPにもチラッと登場していました。ノリが軽く感じるのは残念かもしれませんが、美少女ヒロインとデートできるといいですね…!^^

  • チキン帽可愛いですね(;゚д゚)
    TPPも確保してあるのでそのうちじっくりと….パスとデートなんてあるんですか?(;゚д゚)

    今ふと思ったんですがドヤ顔の圧なら1つ下の画像のドナルドも負けて無く見えるのはりーさんのスクショセンスの良さ?!(笑)

    MGS3~4までかなり間が空いちゃったので今更感もあるんですがやはりメタルギアは良いですね~^^;
    でも小島秀夫すげーと一番思ったのはスナッチャーなんですよ…たまたまMSXユーザーでスナッチャーに狂ったからメタルギアにも興味持ったのが自分のルーツです(´`:)

  • ジャックさん

    ご返答ありがとうございます!^^

    スネークとのギャップもあり、可愛いですよね!調べてみたところ、デートっぽいことができると書かれていました…!ネタバレになってしまったらすみません…!

    た、確かにドナルドの顔の圧もすごいですね(;ω;)!これは私のスクショセンスの良さだと思っておきます!笑

    わかります、メタルギア良いですよね~!(´ ▽ `)なんと、スナッチャーという小島さん作品があるのですね!調べてみたら、シティーハンター感が漂うタイトル画像でした…!メタルギア前の作品なのに、メタギア2などでちょこちょこスナッチャーと思わしき要素が入ってるようなので、スナッチャーファンにとっては嬉しいですね!

  • 『いいセンス(スクショ)だ』

    ネイキッドは割と笑い好きな性格なんですよね。3でワニキャップ被った無線とかノリノリです(笑)

    発売順は、メタルギア→スナッチャー→SDスナッチャー→ソリッドスネークですよ(^^)
    自分はスナッチャーに狂ってから初代メタルギアやったので、あまり初代メタルギアには思い入れないんです^^;
    が、コナミ最期のMSXソフトだったソリッドスネークはかなり夢中になりましたね(≧∇≦)b
    メタルギアソリッド1て、割とソリッドスネークのオマージュみたいなネタや展開かなりありますよ。たぶん狙って作ってます^^;
    コナミ最期なはずのソリッドスネークより先に発売されたSDスナッチャーはけっこう後に遊びました…理由は、スナッチャーに狂いすぎてキャラのSD化に抵抗があったから(T_T)
    いざ遊んでみるとやはりハマりましたが(笑)

  • ジャックさん

    ご返答ありがとうございます!^^

    確かに、どこかでお笑い要素を見かけたような覚えがあります…!あの渋い彼がこんなことやってくれるの?とww

    教えていただきありがとうございます!恥ずかしながら、メタルギアの前に発売されたと思っていました。。(;ω;)

    なるほど…!小島監督はそういう遊びも取り入れる人柄なんですね!デス・ストランディングにもメタギア要素があると嬉しいですね…!^^

    乙女ゲームなどに登場するキャラのSD化は慣れちゃいましたが、そういったキャラのSD化は確かに受け入れづらいですよね。。ですが、ハマれたようでなによりです!ww

  • 長くなりましたがそんな感じで小島ゲームに入って行った感じです^^; 
    割と小島ゲームはわかる人にはわかる、わからなくても全く問題ない、ネタかなり入ってますよ(笑)

    最期に1つ….今となってはMGS3サブシスタンスのオマケとかで手軽に遊べるようになったソリスネですが….ちょっとプレイしたっきりやってません(´`:)
    何が悪いって、安っぽくなったキャラの顔グラが許せなくて(´`:)
    時代も時代だし色々利権もあるだろうからMSX版の顔まんま使えとは言わないですよ。MGS基準の顔に描き直すのはもちろんアリです。顔が変わったのが許せないんじゃなくて、『もっと気合い入れて描き直せや!』と(´`:)
    MSX版なんか実写取り込みかと思うくらいリアルな顔に見えたぞ当時は….その驚きも思い出の1つだと言うのに安っぽいアニメ顔にしやがって(T_T)

  • ジャックさん

    ご返答ありがとうございます!^^

    なるほど…!とても勉強になります!また小島監督作品を遊ぶことがあれば、開発陣が仕込んだネタを探しながら遊びます!ww

    リメイク等でキャラクターの顔グラフィックが変わるのは、受け入れがたいこともありますよね。。私もアニメ「ベイブレード」の無印から2002に変わった時、あまりの変化に最初は受け入れられませんでした。。

    メタギアを遊ぶユーザー層がシリーズを重ねるごとに幅が広がり、アニメ顔の方が受けやすいからそうなったのかもしれません。。(;ω;)ぜひ気合を入れて描き直してほしいですね…!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。