キングダムハーツ3 感想日記37「ソラとカイリとパオプの実」




© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX
※ネタバレがあります。

光の守護者たち

修行を終えたリア(アクセル)、カイリも合流して、7人の光の守護者が勢揃い!

ドナルドとグーフィーはキーブレードを扱えないので守護者ではないのものの、13機関との戦いに協力してくれるとのこと。

そして本来なら、ここにテラがいるはずでした。けれどゼアノートに体を乗っ取られて未だ行方不明で…。早く見つけたいですね!

アクアとミッキーは、幼い頃のカイリと面識がありました。

アクア
「私とミッキーがレイディアントガーデンで出会った時に、アンヴァースに襲われていた小さな女の子、憶えていませんか?」

この時にアクアは、カイリにキーブレードを持つ資格を継承していたんです。

リア
「なんかみんな誰かと誰かが昔出会ってて、情報多過ぎて記憶できねぇよ」

よく言った!!これはプレイヤーの気持ちを代弁する名言ですね!

キングダムハーツは情報が多過ぎて、けれどディズニー作品のあらすじ説明が圧倒的に不足しているので…!

「テラを助ける!」と意気込むヴェントゥスと「ロクサスは俺が連れ戻す」と断言するリア。

この2人は過去作のBbsで一戦交えて、友達になったという経緯があります。

…あれ?ロクサスの心はソラの中にあるし、ソラは目覚めの力を使えるはずなので、あとは心をレプリカに移せば簡単に連れ戻せるんじゃ?

ヴェントゥス
「俺、色んな夢見てた。アクアやテラの夢やソラたちの夢も見てたかな」

「夢の中でもずっと冒険してた気がする」

アクア
「私も色々あったわ。でももう少し…」

ヴェントゥス
「テラが戻ったら、いっぱい話そう」

2人が持っているのは、つながりのお守り。テラも持っています。これを見ると、かつて星空の下で3人が互いの絆を確かめ合ったシーンが…う、泣きそう。

一方でマレフィセントたちは、黒い箱探しを一時中止することに。

マレフィセント
「世界のどこにも黒い箱はない。光と闇が衝突するキーブレード戦争の舞台さ」

つまり、13の闇と7の光が衝突した際に黒い箱が生まれるということですね…!

リアとアイザック

シーソルトアイスを3つ買ったリア。シオンのことは忘れているはずなのに、体が覚えているんでしょうか…?

そこにかつての親友・アイザックが出現!シーソルトアイスを食べに来たようで、ついでに世間話も弾みます。

アイザック
「俺たちが親友だったころ、城に時々忍び込んでた。そこでできた友達を救い出すために、俺たちは賢者アンセムに弟子入りした」

「ゼムナスの元の姿、ゼアノートの研究材料だったあの子を救い出すには、ゼムナスの側近になるのが近道だと思った」

けれど、あの子がいたという痕跡さえなく、いつしか「最初からあの子はいなかった」と思うようになったアイザックでした。

ちなみに、リアがアクセルを名乗ってた頃に下瞼に描いた「逆さ涙のおまじない」はアイザックが教えたものだそう。それを指摘すると…

リア
「うっせ!早く帰れ、明日ボコボコにしてやっからな!」

明日は敵対するけれど、こんな温かいやり取りを見るとほっこりします。

リクの心の会話で

リクの隣には、リク=レプリカが登場!!と言っても、ベイマックスで対峙した闇リクとは別物です。ここではマッチョリクとします。

マッチョリクいわく、リクと別れて体が朽ち果て、彷徨っていた自我が闇に溶けようとしていたところにリクが現れたとのこと。なので…

マッチョリク
「どうせ溶けるなら闇よりおまえがいい」

ブハーッ!!!し、失礼、鼻血が…!CVが宮野真守さんということもあり、恋愛ゲームでありそうな胸キュン台詞にときめいちゃいました。

おまえ=リクであることは百も承知ですが、これは妄想が進みますぞ…。にやり

ちなみに心の中での会話なので、リク以外の人間はマッチョリクを視認できません。

パオプの実をあなたと

リア充な雰囲気を醸し出すソラとカイリ。

カイリが持つ星型の果実は、デカい・酸っぱい・不味いと噂のパオプの実。これを食べさせ合った2人は何があっても必ず結ばれるという言い伝えがあるんです。

ちなみに2人が座っているのはパオプの木です。

これは過去作で、ソラとカイリが描いた絵ですね。互いにパオプの実をあーんするシーンです。

なぜだろう、ソラの頭がパオプの実に見えてきた…。耳デカい

←次回 キングダムハーツ3 感想日記38「幸運のマークに写る疑惑」

→前回 キングダムハーツ3 感想日記36「ヴェン、起きて?」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。