【軌跡】結社のオルフェウス最終計画と盟主の正体を考察




オルフェウス最終計画について、全貌が気になりますよね…!

そこで軌跡ファン歴12年ゲーマーが、オルフェウス最終計画について考察しました!

オルフェウス最終計画

まずはおさらいから。オルフェウス最終計画とは、結社「身喰らう蛇」が進めている謎に満ちた計画です。その目的は「人を導いて七つの至宝が迎える結末を見届けること」。つまり人の可能性を模索しているんですね。

また、この計画には複数の段階があります。明らかになっているのは以下。

オルフェウス最終計画
第一段階:福音計画(空の軌跡FC・SC)
第二段階:幻焔計画(碧の軌跡~閃の軌跡4)
第三段階:永劫回帰計画

福音計画では最終的に、空の至宝「輝く環」が盟主に献上されました。

そして幻焔計画では幻の至宝を再現し、焔と大地の至宝は消滅しました。

となりますと残る至宝は水・風・時のみです。その中でも時の至宝が永劫回帰計画に関わると考えます。詳しいことは後述しますね。

永劫回帰計画

閃の軌跡4隠しイベントで明らかになったこの計画。

盟主いわく、3年後に全てが無に帰るとのこと。「嘘だ~!」と思いたいですが、実際に執行者マクバーンが居た世界はもうありません…。

ここからは推測となりますが、要は「時を戻して同じことを繰り返す計画」なのだと考えます。無に帰る前に時を戻してループすれば、この世界が無くなることはないですからね。

そこで登場するのが時の至宝!至宝はいずれも1200年前の大崩壊に封印、消滅などの形で失われました。なので復活・あるいは再現することから始めるのでしょう。

個人的には水と風の至宝を用いて時の至宝を復活させる、といった流れかなと。

盟主の正体

盟主は未来を予知できまして、今までの事は全て予測済みでした。宝くじ当てに使いたい

外道なワイスマンが七耀教会から信仰対象を鞍替えするほどの人物なので、盟主は空の女神エイドスではないか?との説もあります。ですが七の至宝はエイドスが古代の人に授けたもので、今になって回収する理由がわかりません。世界の破滅を防ぐなら、もっと昔から動けばいいと思いますし…。

そこで私は、クレハがゼムリアの人間と融合した説を推します!クレハとは那由多の軌跡に登場したヒロインですね。私がその説を推す理由は3つあります。

盟主とクレハの共通点
  1. 容姿が似ている
  2. 別次元の世界の存在
  3. 北に顕れたる巨柱と忌み子
軌跡シリーズのキャラはモブも含めると圧倒的に多いので、容姿が似ることはあるでしょう。なので1番目の共通点は説明を省きます。

閃の軌跡4では、マクバーンにより別次元の世界の存在が明かされました。またマクバーンが居た世界が無に帰り、盟主がいた世界も同じ目に遭ったと思われる一文があったんです。つまり、那由多の世界(シエンシア海)はゼムリア大陸と別次元の世界として考えられます。

そして黒の史書の一節「七つは、北に顕れたる巨柱と忌み子」。北はノーザンブリア、巨柱は塩の杭でしょう。肝心な忌み子は明示されてないものの、盟主ではないかと考えました。

塩の杭は外の理のもの…つまり別次元の世界から来たんです。その際、盟主も共にこの世界に来たのだと推測できます。七耀歴1178年のことですね。

ちなみに忌み子=マクバーン説もありますが、彼が人と融合したのが1158年…塩の杭が出現する20年前からこの世界にいたので、候補から外しました!

以上から私は、盟主=クレハがゼムリアの人間と融合した説を推します!

また、閃の軌跡シリーズ最終作「閃の軌跡4」のプレイ日記も書きました。軌跡シリーズは物語が膨大なので、振り返ってみるのもいいかもしれません。

閃の軌跡4 感想日記1「主人公が登場しない奇跡」

2018年10月3日
スポンサーリンク






14 件のコメント

  • おお!キンハー記事かと思ったらまさかの軌跡記事!
    盟主=クレハ・ハーシェル説私もアリかと思います!アクション苦手な私も那由多は結構余裕でクリアできたなー。
    ハーシェル・・・トワ教官・・うっ・・頭が・・・盟主の髪色が水色でナユタの色も水色・・
    ただ盟主=クレハがゼムリアの人間と”融合”だとすると「私は影」っていうセリフがどうなんでしょう?マクバーンは影という感じではなかったと思います。
    盟主=クレハ=女神エイドス?女神の影?うーむ。
    軌跡は詰め込み過ぎなんや!(だがそれがいい)
    永劫回帰計画、私は戻すというよりループさせるって予想してます。身喰らう蛇=ウロボロス= ∞ =無限ループ みたいな。ゼムリア大陸が世界の全てだと思っている軌跡世界の住人や空母でも突破出来ない壁の様なものも存在するし半分ループ世界に足を突っ込んでいて3年以内に無になってしまう今の世界とループ世界を完全に切り離す・・

    いやあ考察は頭こんがらかりますけど楽しいですな!続編いつくるの><

  • こぱさん

    コメントありがとうございます!^^

    那由多はタイトルに英雄伝説がついてないものの、軌跡シリーズとして登場しているので、ここでようやく本編と関わるのでは…と思いました!wなるほど、イースみたいな感じなんですね~!

    髪の色は盟主と那由多が同じなんですよね。まさかの盟主=那由多説もあるかもしれませぬ…!「私は影」というのは、影=観測者なのかなと。。人を導きはするけれど直接手は下さず、見守ることに徹するから影…なのかもしれません。。伏線張りすぎなものの、色々と考えるのもまた楽しいですね~!(´ ▽ `)

    言葉足らずですみません。。(;ω;)私もこぱさんと同じ考えです!^^永劫回帰は「同じことを繰り返す」という意味なので、時を戻して同じことを繰り返すのかと…!記事を修正いたします!

    なるほど、既に半分ループ世界になっているのは斬新でした…!海をいくら進んでも進めないと話していましたし、その可能性もあるかもしれません!とにもかくにも、早く続編が来てほしいですね!^^ 今年は「イースIX -Monstrum NOX-」が発売されるので、早くても来年になりそうです。。

  • さすがにコレは実際にゲーム遊んでないとさっぱりわからない話かも^^;
    でもこうやって考察するの好きですよ(^^)
    現実言えば新作や続編のほとんどて最初から設定されてるのではなく後付け肉盛りで最初から最後まで考えてからシリーズ化したゲーム出ないのかも知れないけど、考えるのもゲームの楽しみですよね(´▽`)ノ

    新サクラ大戦が気になってますが、さすがにジジイゲーマーには無理かももう^^;
    すみれさんが帝劇の支配人になってる理由だけ知れれば、後は今の世代のゲーマーさんがサクラ大戦にハマってくれれば….たぶん、自分がハマった時代とはゲームの雰囲気かなり違う予感するんですよねぇ(´`:)

  • そういえばイースて続編作るのに得な設定と言えば得な設定ですよね^^;
    アドルの没年とそれまでに百余冊の冒険日誌を残した冒険野郎、てのが一番最初に決まってるので、いくらでも話を挟めたり^^;

    コアな人は『1と2で完結が本来の設定!』て言い張りますけどね^^;
    ただ、初代の制作チームの心情的にはそうであったとしても、作って売るのにお金を出すのは会社ですから(・・;)

  • ジャックさん

    コメントありがとうございます!^^

    どうしても考察したくなりまして、つい書きました!w架空の事象ですが、後付け満載になっていてもあれこれ考えるのは楽しいですよね~!考察が当たったときは鼻高々になります(´ ▽ `)w

    新サクラ大戦ですか!当時と同じ雰囲気であることを祈ります…!ひとまず、この世代のゲーマーさんが気に入ると良いですね!そうなれば長く続くと思いますし^^

  • ジャックさん

    コメントありがとうございます!^^

    じゃんじゃん挟み放題ですよね!wイースは私が生きているうちには終わらない気がします。。なのでせめて、軌跡シリーズは最後まで見届けたいものです(;ω;)

    なるほど、そんな意見もあるんですね…!今では人気のシリーズですし、売れ続けられる作品なので止められないのかもしれません。。

  • 割と、実は開発側がそこまで考えてなかったような部分を遊んだ人が深読みしたり考察したりしたことを開発側が知り、アイデア逆輸入で続編で公式になっちゃったり、てありますからね(笑)
    ある意味ファンサービスです

    イース2までを作ったメインチームは、2後にファルコム抜けてるんですよ^^;
    だからある意味2から先はイースじゃないと言う世代も多くて。でも、自分の中でイース完結と言ったら3を含みますね~(^^)
    今のイースは今の世代に向けたイース、と思ってます(´▽`)ノ

  • ジャックさん

    ご返答ありがとうございます!^ ^

    そういったケースもあるとは…!wツッコミたくなりますが、ファンサービスなら良しとしましょう!笑

    えええ!?1人くらいは、今もチームにいると思ってました。。開発メンバーが総代わりしたらゲームの内容も多少は変わりそうなので、その意見は分かる気がします…!

  • 自分が知ってるのは、サウンドの方が一人だけまだ残ってますよ(^^)

    あと当時と今ではゲーム1本に関わる人数がまるっきり違いますから^^;

    なにかのきっかけでユーザー層が変わるのも面白いですよね。ペルソナも3でかなりユーザー層変わったし、女の子が悪魔城ドラキュラのコスプレする時代が来るなんてプレステ時代までは予想もしなかったです^^;

  • ジャックさん

    ご返信ありがとうございます!^ ^

    おおお、サウンドの方が残ってるんですね!そうですよね、クオリティが上がるにつれて開発者もかなり増えたんじゃないかと思います( ´ ▽ ` )

    変わる時はガラッと変わりますよね…!開発さんも驚いたんじゃないかとww

  • 匿名さん

    コメントありがとうございます!^ ^

    な、なんと…!過去作でそのように明示していたなら、私が見逃していました。。(;ω;)教えていただきありがとうございます!

    ワイスマンは塩の杭の被害を受けたことをきっかけに七耀教会に入り、その後結社に入って最後、ボウガンの矢(塩の杭)によって亡くなったんですよね。。

    確かに塩の杭と接点が最もある人物ですが、彼が被害を受けた当時は12歳なので、忌み「子」と呼べるのか曖昧だと思っていました。。

  • お久しぶりです、りーさん。
    盟主=クレハ説ありそうですな!
    生きているあいだに軌跡シリーズ完結を見届けたいですな!

  • ヘクトル零式さん

    コメントありがとうございます!^^

    やはり、ありそうですよね!(´ ▽ `)彼女が盟主となりそうな根拠は少ないですが、クレハであることを願います…!w

    そうですね、亡くなる前に完結してほしいものです…!早くても来年の秋になりそうですが、軌跡シリーズ最新作が発売されることを祈ります!(;ω;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。