映画の感想・評価「メアリと魔女の花」




※ネタバレがあります。

メアリと魔女の花とは

メアリと魔女の花 オリジナル・サウンドトラック
2017年7月8日(土)に公開された「メアリと魔女の花」。少女のメアリが、夜間飛行と呼ばれる魔女の花を手にしたことから、数日間だけ魔女として生活することになる物語です。

この作品は、1971年に発表された原作「The Little Broomstick」がございます。原作者はメアリー・スチュワートさんです。その後、1975年には日本語訳として「小さな魔法のほうき」が出版されました。今となっては、映画に合わせて新訳の小説「メアリと魔女の花」が発売されています。

監督は、ジブリでお馴染みの米林宏昌さん。スタジオジブリ制作部門が解散されたため、ジブリから去り、2015年にスタジオポノックを立ち上げたそうです。

米林さんと言えば、ジブリの「思い出のマーニー」や「借りぐらしのアリエッティ」の監督でもあります。

そのためか「メアリと魔女の花」の映像もジブリ感が溢れています。鑑賞したら「これ、ジブリじゃん」と思う人も少なくないはずです…。


あらすじ

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つける。

それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。

一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。

魔女の花を追い求める、校長マダム・マンブルチューク。奇妙な実験を続ける、魔法科学者ドクター・デイ。
謎多き赤毛の魔女と、少年ピーターとの出会い、そして…。

メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう──。

しだいに明らかになる“魔女の花”の正体。メアリに残されたのは一本のホウキと、小さな約束。魔法渦巻く世界で、ひとりの無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか。(引用元:公式サイト 作品情報のストーリー)

レビュー

ここでは各項目に絞って、感想を述べます。

ストーリー

事前情報はCMくらいでしか把握していなかったため「魔法で激しいバトルを繰り広げる、メアリとピーターの恋物語」だと想像していました。が、まったくの見当違いでした…!

まず、使う魔法の数は少ないです。主人公であるメアリに至っては、3つくらいでした。敵は魔法を使ってメアリを追い詰めるのですが、それに対してメアリは基本逃げるだけ。なので、敵味方の魔法が衝突し合って互いに重傷を負う、というありがちな激しい戦闘はありませんでした。

また、メアリとピーターは子供なので純粋なんです。なので好きという感情よりも「約束したから守らなくちゃ」「寒いだろうから何か掛けてあげよう」といった無垢な優しさから、相手を気遣う行動に出たのだと感じました。

そして、猫の登場回数がメアリ並みに多いので、猫好きにはたまらないかと。猫が突然首輪で繋がれて苦しそうな姿や、自分を抱く腕から何としても逃がれようともがく姿などが多彩に描かれており、時には笑ったり、涙を誘ったりと物語に良いスパイスを加えていました。

個人的には、猫のティブがいつメアリと話せるようになるのか、とワクワクドキドキしていました。ですが結局は、終始話すことなく悲しい気持ちになりましたよ…。

そして「このタイミングで登場するのは、都合が良いのでは?」と思わざるを得ない展開があったり、メアリとピーターの交流・魔女の国の世界観・猫のギブが連れ去られた経緯など、描写不足を否めないところもありました。

前者は仕方ないとして、後者はもう少し描き足してほしかったです。日常からメアリが魔女になるまでのシーンが長く感じたため、そこをもう少し削いで、描写不足を補って欲しかったなと思いました。

泣くことはなかったのですが、くすりと笑える場面があったり、ハラハラさせられるシーンがあったりしました。なので序盤さえ乗り越えれば、物語に緩急がつくので飽きることは無く、楽しめました。

キャスト


キャストには、有名な芸能人による豪華声優陣が起用されています。

  • 杉咲花さん
  • 神木隆之介さん
  • 天海祐希さん
  • 佐藤ニ朗さん
  • 小日向文世さん
  • 大竹しのぶさん
  • 遠藤憲一さん
  • 渡辺えりさん
  • 満島ひかりさん

芸能人の声優と聞けば、棒読みを気にされる人がいるかもしれません。ですが、個人的には問題なかったです。

その中でも、神木さんと大竹さん、佐藤さんははまり役でしたよ!特に佐藤さんが演じるフラナガンには、笑わせてもらいました。佐藤さんと言えば「ドラマ『勇者ヨシヒコ』の仏役で視聴者を笑わせる」というイメージが強いのですが、そのお笑いセンスはこの役でも健在でした。どんだけ箒が好きなの、とツッコみたくなりましたよ。笑

音楽

メアリと魔女の花 主題歌 SEKAI NO OWARI RAIN

SEKAI NO OWARIさんが歌う主題歌「RAIN」はもちろんのこと、劇中で流れた音楽は世界観にマッチしていました。

中でも私が好きなのは、タータ タター♪と流れるBGMです。これが伝わる人はいるのだろうか

補足しますと、CMの最初に流れる音楽です。これを聞くと、幻想的な魔女の花がそよ風に揺れたり、メアリを魔女へと導くような印象を受けました。

演出

メアリと魔女の花 アートブック 美術資料
ジブリは自然を大切にしているイメージですが、それはこの作品にもしっかりと引き継がれていました。

自然を丁寧に描き、1シーンだけに関して言えば「実写なのでは」と思うくらい精巧に表現されていました。

また、赤毛の魔女(メアリではない)が追手から逃げたり、真っ逆さまに落ちたりする場面では、とってもハラハラさせられましたよ!人間の形をした物が空飛ぶ魚みたいになり、ギョッとさせられることも。小さい子は怖くて泣くかも

最後に

メアリと魔女の森」は、ジブリ作品やファンタジーな世界観、幼女・ショタ・猫が好きな人にはオススメしたいです!

特にイチオシのシーンは、ピーターが自身を犠牲にしてメアリを逃す場面と、猫のティブが変わり果てた恋人のギブと再会する場面です…!ここでは涙腺が緩みかけましたよ…!

BGMの重低音も凄かったので、臨場感を味わうためにもぜひ、劇場に足を運んではいかがでしょうか?

「面倒くさいけれど、内容が気になる」という人は、お近くの本屋かネットで、下記のような小説を買ってみてもいいかもしれません。下記のリンク先はAmazonに繋がっています。

新訳 メアリと魔女の花 メアリ・スチュワート

余談ですが、ピーターが住む村の名前「赤い館村」はホラーゲームに出てきそうだと思いました。もっと他にあったはず

そしてドクター・デイが釜じい(千と千尋の神隠し)に似てると思ったのは、私だけじゃないと信じたいです…!

←次回 また見たい!映画「銀魂・実写」感想・評価

→前回 映画の感想・評価「実写版 美女と野獣」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。