映画の感想・評価「リメンバー・ミ―」




※一部だけネタバレがあります。
※著作権は「©Disney」です。

はじめに

こんにちは、
リア充の前でエ〇ゲソングを歌い
ドン引きされた
りーさんです。

高校生時代の知り合いに誘われ、
映画「リメンバー・ミー」を鑑賞したため
その感想を綴ります!

正直あまり興味がなかったのですが、
鑑賞後は「もう一度見たい!」と思うほど
後味が良い映画でしたよ!

あらすじ

主人公は、ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。

しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。

ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。

彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間──先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった!

そこは、夢のように美しく、ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。

しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。

唯一の頼りは、家族に会いたいと願う、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。

だが、彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていた…。

絶体絶命のふたりと家族をつなぐ唯一の鍵は、ミゲルが大好きな曲、“リメンバー・ミー”。

不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こす!

引用:ディズニー公式サイト『リメンバー・ミー』>STORY

泣けるストーリー

あらすじも読まずに鑑賞したところ、
鼻をぐずるほど感動しました!

ヘクターに近寄る『2度目の死』、
ミゲルの先祖に隠された真実など
設定がお菓子の「ねるねるねるね」みたく
よ~く練られており、泣かされましたよ…。

特に終盤は胸を打たれる場面が多く、
ミゲルや先祖たちを応援したくなりました!

主題歌はその枠を超えた設定があるため、
作中に何度も流れるのですが、
裏設定を知ると誰もが、現代のある問題を
思い出させられるはずです。

勿論、エンドロールでも流れますが
振り返ってしまうんですよね…。

ミゲルにとっては大好きな曲で、
あの人物にとっては〇〇のために作った
大切な曲だったなあ…と。

この映画を通して、家族愛の大切さと
自分が好きなことを諦めない強かさを
改めて教えられました!

時間は有限なので、
私も家族孝行を大切にしつつ、
大好きなブログで収入を得られるよう
しこたま頑張りますぞおお!!

頭に残るサウンド

『リメンバー・ミー』が
作中に何度も流れるので
鑑賞後はしばらく、頭に残ります…!

逆に強烈なので、
その他のBGMが思い出せないほどです!笑

主題歌が物語に仕込まれているので、
色々と想いを馳せながら聞けるのが
また楽しいんですよね。

しっとりと歌う『リメンバー・ミー』や
明るくポップな『リメンバー・ミー』等、
曲調を変えた歌が聞けるのも新鮮でした!

なので、「また流れたああああ!!」と
思うことはあっても、聞き飽きることは
ありませんでしたよ!

最後に


ただのディスニー映画と
侮ることなかれ!

意外な展開に驚きがあり、
家族愛にほっこりしたり、
ミゲルと一緒に泣いたりと
喜怒哀楽を体験できる素敵な作品でした!

お彼岸という文化を扱った作品なので、
文化を伝える教材にもなりますね。

また、舞台となる「死者の国」は
名前に反してテーマパークみたく
色鮮やかな世界なのです!!

素敵な世界だと思えたので、個人的に
死に対する恐怖が緩和されました!

ディズニーファンや反抗期の少年少女、
家族連れにお勧めできる作品なので、
よかったら鑑賞してみてください~!

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • なんかすごい面白そうですねこれ!(・・;)
    レンタル来たら見てみなきゃ!

    ツッコみどころをひとつ^^;
    エ○ゲソングでドン引きされたということはそもそもリア充さんのほうもその歌がエ○ゲソングであるということを知っていたわけで….さて(笑)

  • どにゃさん

    コメントありがとうございます!^ ^

    そうなんです!最初の期待値が低かったせいか、想像以上に面白かったので驚きました!( ´ ▽ ` )笑 ぜひぜひ観てください〜!^ ^

    その展開でしたらニヤリwなのですが、「何これ…?」と聞かれて正直に「エ◯ゲのオープニング」と答えてしまい、ドン引きされました…(;ω;)それ以降、その人たちからカラオケに誘われたことはありませんw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。