映画の感想・評価「名探偵コナン ゼロの執行人」




はじめに

こんにちは、事件とは無縁の生活を送るりーさんです。フラグではない

私の大好きなクレヨンしんちゃん映画のライバル(と勝手に決めている)、名探偵コナンの映画を鑑賞しました!

興行収入で圧倒的にしんちゃんを上回るコナン映画はどんなものか、じっくり偵察がてら感想を綴ります!

あらすじ

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。

サミットが開催される5月1日にはおよそ2万人もの警察官が出動するという超巨大施設で、大規模爆破事件が発生!

そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。

秘密裏に動く安室の謎の行動に違和感を禁じ得ないコナン。

現場の証拠品に残された指紋から、犯人はかつて警視庁に在籍していた毛利小五郎と断定されてしまう!

小五郎の逮捕を巡って安室と敵対し始めるコナンは、過去に安室が容疑者を自殺に追い込んだ事がある、という奇妙な事件の話を聞く。

そして小五郎の起訴が決まろうとしたその時、厳戒態勢の東京都内で、同時多発的に不可解なテロが勃発!

事件に隠された陰謀にコナンと公安警察が近づく中、サミット開催の日は大型無人探査機「はくちょう」が火星での任務を終え、地球に帰還する日でもある事が判明する。

果たして、迫るXデーに何が起ころうとしているのか?

謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

引用:公式サイト「名探偵コナン ゼロの執行人」STORY

推理アクションアニメ映画

名探偵コナンの映画は、推理だけでなく、ド派手なアクションを盛り込んでいます!

ジャンルで言えば「推理アクションアニメ映画」ですね!今作りました

推理といえば、前作はコナンと服部平次が謎解きに挑みましたが、今回は優男イケメン・安室透と組んで、犯人探しに奔走します!

今作のメインキャラともいえる安室透は、鋭い洞察力・観察力を持っているのですが、推理においては発揮する場面が少なかったです。

コナンが先に推理の解説をするため、安室透が「そうか!」と後を追う形になったのが残念だったので、「先に安室透に説明させてあげてくだされえええ!」と願うことも…。

ですが、推理の肝である「犯人探し」は楽しめました!

劇中で張り巡らされた伏線から、犯人を特定するのは当てずっぽうでない限り難しいですが、あれこれ考えるのは面白かったです!

アクションでは、コナンと同等に安室透も活躍していましたよ!

障害物を避けながら、スケボーで道を滑走するコナンと、華麗かつ豪快なドライビングテクニックで車を操る安室透にはドキドキワクワクしました!「コナンを車に乗せたげて」と思ったけれども

安室透にはぜひとも、グランツーリスモや首都高バトルに参加して欲しいですね!!

安室透に惹かれるストーリー

安室透フィギュア「安室透って誰じゃ?」という状態で臨んだところ、エンドロールを迎える頃にはすっかり安室透の虜になってしまいました…!

青山剛昌さんが監修した漫画「ゼロの日常」が掲載されたサンデーが売り切れたことからも、安室ファンが増えたことがよくわかります!

序盤で、安室透に関する説明がなされるのですが、簡単に言うと彼はトリプルフェイスを持っているんです。

  1. 公安警察・降谷零
  2. 喫茶店ポアロの店員&私立探偵・安室透
  3. 黒の組織・バーボン

中でも今回は、公安警察で警察庁の秘密組織「ゼロ」に配属している降谷零をメインに扱った作品でした。

彼は黒の組織に潜入捜査し、バーボンとしてシェリー(大人の灰原哀)を追っているため、手がかりになりそうな毛利小五郎に弟子入りしているんです。

今作は、毛利小五郎の逮捕、父の逮捕に新一に泣きながら助けを求める蘭、彼女のために絶対に小五郎を救うと誓うコナン…など、なかなか見所がありました。

だがしかし、安室さんが頭から離れないのですよ!!

特に印象に残ったのは、このシーンでした。

コナン「安室さんは、恋人はいるの?」

安室「僕の恋人は、この国さ!

リアルでこんな台詞を言う人がいたらドン引きものですが、国のために危険を冒してまで働く安室透が言うからかっこいいんです!!

他サイトのレビューでちらほらと書かれていましたが、男性が惚れるのも頷けます!!

最後に


ライバル映画の偵察に来たはずが、いつの間にか安室透に惹かれるという不覚を取りましたがコナンに詳しくない人でも楽しめることがわかりました!

わからない単語は解説が入るので、理解に困ることはほぼなく、勉強にもなります!

例えば、公安部は警察庁・警視庁・検察庁のそれぞれにある、ということですね。

推理アクションアニメ映画」という独自の地位を築いている名探偵コナンですが、人気の理由は推理とアクションだけではありません。

安室透のように、各回でメインとなるキャラに注目したエピソードも魅力的なので、年を重ねるごとに興行収入が増えるのも頷けます…!

今作は、安室透ファン、警視庁・警察庁関連キャラを好きな人にオススメできる映画ですので、鑑賞してみてください!
来年に地上波で放映されるだろうけれども

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。