ニーアオートマタ 感想日記13「私もEMP攻撃にやられました」




※ネタバレがあります。
※著作権は「©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.」です。

防空システムのハッキング


アダムとイヴを倒したため、
アンドロイドたちは
最後の大規模侵攻作戦を遂行することに。

9Sが所属するスキャナー部隊は、
2Bたちヨルハ部隊が地球に降りられるよう
防空システムをハッキングして
麻痺
させなければなりません。

余談ですが、
高層ビルからの空中遊泳は
癖になりそうなくらい楽しいです!
ずっと浮いてたい


ここでは、廃墟都市にいる
数体の機械生命体をハッキングし、
防空システムを弱めていきます!

そのうちの一体は
近くの機械生命体をハッキングし
リモート操作して近づかなければなりません。

9Sと比べて歩くのが
ガクっと遅くなるため、
少しばかり面倒に感じられました…。


最後の一体は
高層ビルの上にいるのですが、
歩行型の機械生命体のジャンプ力では
辿り着けず。
ポッドに運ばれたい

リモート操作の解き方がわからず、
ビルの上を無駄に徘徊していました…。

ですが、敵の姿がちらりと見られれば、
この距離からでもハッキングできました!

ヨルハ部隊の援護


スキャナー部隊の活躍により、
無事に降り立ったヨルハ部隊。

各地でヨルハ部隊が戦闘しているので、
2Bは9Sと共に援護に向かいます。


3カ所ほどあるのですが、
援護に成功しますと仲間として
加わってくれるのが嬉しいですね!

ですが、オメガ部隊の援護には
失敗してしまいました…。
EASYでオートモードなのに…


援護を終えた2Bたちは、
機械生命体の群れに囲まれます。

一度は撃退しますが、
至近距離からEMP攻撃を受け、
武器を使えない危機的状況を迎えました!
鯨の二の舞


そこに駆けつけたのは、
イケメンショタ・9Sです!

2Bを守るため、
彼女に迫る機械生命体たちを
相手に戦います。

…が、難易度EASYかつオートモードでも
ゲームオーバーするほど厳しい戦闘でした。
難易度の意味


敵のEMP攻撃を受けますと、
近接攻撃が封じられたり、
上記画像のように視界が悪くなったりします。

私のアクションが下手なせいで、
これでもかというくらい
EMP攻撃を食らいました…。

そのおかげで画面が
何度も切り替わるので、
画面酔いするという始末。
EMP攻撃許さぬ…!!

一番簡単な難易度でも苦労したので、
ノーマルだったらと思いますと
震えが止まりません…!


3回ほどやり直して、
なんとか倒し終えました。

ようやく一息つけると思いきや、
さらなる危険が襲い掛かります…!

ヨルハ部隊が広域ウィルスにかかり、
2Bも苦しみ始めました。

9Sは2Bを救うため、
彼女をハッキングしてウィルスを除去します。

そうして2Bは助かるものの、
完全に汚染された隊員が
9Sらに襲いかかってきました!

司令部に連絡するも繋がらない中、
隊員と機械生命体が一緒になって
攻めてきます。

地球からの離脱


絶望といっても過言ではない状況で
9Sの案により、
9S・2Bのログデータを
バンカーにアップロードし、
ブラックボックス反応で自爆する
ことに。

プロローグでやったあれですね。

2Bが機械生命体らを退けている間に、
9Sはアップロードを終え、
廃工場のときのように
ブラックボックスによる爆発を起こしました。

←次回 ニーアオートマタ 感想日記14「広がっていくウィルス汚染」

→前回 ニーアオートマタ 感想日記12「2周目のBエンディング」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。