ニーアオートマタ 感想日記17「デボルとポポルは癒し」




※ネタバレがあります。
※著作権は「©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.」です。

デボルとポポルに救われた9S


目覚めると、
9Sはレジスタンスキャンプに
横たわっていました。

どうやら、デボルが
負傷した9Sを運んでくれたそうです。

にしましても、
荒廃した世界観のせいか、
癒される場面は少ないです。
なのでこれは貴重なショットなんです…!
目の保養


デボルとポポルに救われた9Sは
御礼を述べ、2Bのことを聞きます。
けれど…

9Sのほうがよく知っているだろう
と返されました。

9Sは彼女は亡くなったのだと
改めて理解します。


突如出現した塔が廃墟都市にあると知り、
調査に向かう9S。

しかし、
「塔」システムサービスを名乗る放送により、
塔にアクセスするには
サブユニットにアクセスすること。

サブユニットにアクセスするには
アクセスキーが必要だということが
分かります。
面倒な予感が…

肉の箱


まず向かったのが、
森の国にある資材回収ユニットです。

どうやら、ここからアクセスキーを
入手できるとのこと。

丁寧に扉が用意されているので、
そこから内部へと侵入しました。

ちなみに、
森の国の資源回収ユニットは
天使文字で「肉の箱
と書かれていました。

何かの神話に関することなのか
と思い調べましたが、
お肉のセットなどの商品しか
出て来ず撃沈…。

推測ですが、
肉の箱=機械生命体の身体
を示しているのではないかと。

あの時、塔から打ち上がった3つの何かは
資源回収ユニットだったようです。

これですね。


中にはいくつかの層があり、
そこで登場する機械生命体を
すべて破壊することによって、
上層への道が開けます。


頂上へ辿りついた9Sは、
機械生命体を討ち、
黄色い球に剣を突き刺しました。

黄色い球からは
助けて……お願い……
という声が聞こえますが、
聞く耳を持たず。

これはおそらく、
機械生命体が命乞いしているのかと…。

記憶を失くしたパスカル


機械生命体の村に寄りますと、
パスカルがいました。

A2に記憶を消してもらったため、
自分の名前すら覚えていません…。

また、沢山落ちている
仲間の骸をガラクタと話しており、
胸が痛みました。

さらに、パスカルが開く
アイテムショップでは
機械生命体の四肢だけでなく
子供たちのコア
が販売されているんです…。

以前のパスカルなら、
ありえない行為ですね。

どうやらパスカルを壊すことも
できたそうなので、
この選択肢は正しかったのかと
考えてしまいます…。

次は、水没都市の
資源回収ユニットへ向かうことに。

魂の箱


ここではハッキングして、
システムプロテクトを解除しつつ、
屋外にあるコアへ向かいます。

途中では「塔」システム概略、
【極秘】ブラックボックスの資料を
入手しました。

なんと、ブラックボックスは
機械生命体のコアを流用していたのです…。

また、9Sによりますと
塔は月面にある人類サーバーを狙った大砲
であることが推測されます。


コアへ辿り着き、戦闘を終えた後に
9Sの記憶領域へ向かいます。

敵によって、「2Bとの思い出
というタカラモノが失われていくので、
必死で守る9S。


敵を討ち、
ようやくコアを壊せました。

←次回 ニーアオートマタ 感想日記18「親しい人との別離」

→前回 ニーアオートマタ 感想日記16「絶え間ない絶望」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。