ニーアオートマタ 感想日記19「2人に明かされる真実」

※ネタバレがあります。
※著作権は「©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.」です。

図書館


塔が開いていたので、
A2も内部へ侵入しました。
閉まったはずなのになぜ開いた

9Sと遭遇することなく、
その先にある図書館に辿り着きます。

そこでこの塔が、
機械生命体の情報収集装置
であることが判明しました。

また、ライブラリ・インデックスや
人類サーバー記録、特A患者記録、
ヨルハ計画に於ける
二号モデル運用概略を見つけます。

二号はA2を指しているため、
興味津々に見ていたときとき、
巨大な機械生命体が
天井を突き破って降り立ちました…!


一室には、今まで戦った
ボス敵の像が置かれています!
鯨はどこ…

こういうのを見ると、
懐かしさに浸ってしまいますね。
苦労した思い出ばかりだけれども

相変わらず、
アダムとイヴはお美しいですな…。
ナイス腹筋!

ヨルハ計画


一方で9Sは、腕が千切れていました。

そこで2Bの腕をもぎ、
自身の腕へくっつけます。

ですが2Bは汚染していたため、
除去するために自己ハッキングし
ウィルスを消去しました。

その先へ進みますと、広間に出ます。

そこには赤い少女がおり、
隠された事実を知っているようでした。

この場に居るすべての機械生命体を全て破壊したら教えよう

ということで、
機械生命体を撃破することに!



機械生命体を討伐した9Sは、
ヨルハ計画の全貌を教えてもらいました。

これがファイナルワン賞でしょうか…。
嬉しくない賞ですな

それを知ってもなお、
9Sは上を目指します。

また、赤い少女は
機械生命体のネットワークから
生まれた概念人格だそうです。
バイオのレッドクイーンか

そして飛行ユニットに搭乗した、
汚染されたヨルハ部隊との戦闘へ。

ここでは、
義体を仲間に加えないことを
強くオススメいたします!!

ちょうどよく転がっていたので
修理し仲間にしようとしたところ、
義体がデータ汚染していたため、
敵に回られてしまいました…!


ヨルハ部隊を殲滅し、
彼女たちが乗っていた飛行ユニットを奪い
塔の頂上へと飛び立ちます。

A2が製造された理由


コウシと呼ばれる巨大生命体は
体力を削っていくと途中で退散します。

それを追いかけるために先へ進み
端末らしきものにアクセスしますと
A2が敵からハッキングされました…。


再び登場した赤い少女は、
過去にA2たちの部隊を
全滅させたことを覚えていました。

また、A2が正式採用される
ヨルハの為に生み出された捨て石の実験部隊
とも教えてくれます。

増殖する少女たちは、
幾ら攻撃しても埒が明きません。

そのため、敵の論理学習機能を利用して
弱点を形成することに。

それには、
敵が一定数に達するまで
増殖させ続けなければなりません…。

この作戦はポッドが提案したのですが
A2は理解できなかったため
疑問:ヨルハ機体A2の学習機能
とツッコんでいました…。
恐るべしポッド


条件を達成しますと、
飽和した自我同士が闘争を開始します。

アンドロイドを生き残らせるか、
破壊するかに別れて争っていました。

にしましても、この顔は怖いですね。
口裂け女に見える…

ロウシとコウシ


敵の強制ハッキング攻撃から
抜け出せたA2は、
エレベーターに乗りながら
機械生命体を討伐します。

そこにはコウシも現れますが、
ここでは体力を0に持っていけず…。


9SとA2を交互に操作し、
ロウシ・コウシと戦います。

「こんなに!?」というほど、
頻繁に切り替わりました…。
画面酔いが再び勃発…

9Sは、機械生命体のロウシと戦います。
こちらはシューティングゲームでした。


最終的には、ロウシとコウシが合体します。

そこにA2と9Sが合流しますが、
まずは協力してロウシ・コウシの討伐へ。

にしましても、
この形はどこかで見たような…


……気のせいですね(棒読み)。

こちらは、『クレヨンしんちゃん』の
しんのすけのお尻です。

※『クレヨンしんちゃん』画像の著作権は「©臼井儀人/双葉社」です。

ロウシとコウシは、中国の哲学者
「老子と孔子」から来ていそうですね。

何か意味があって名付けたのでしょうが、
難しい話が苦手な私には
その意図を汲み取れませんでした…。

←次回 ニーアオートマタ 感想日記20「ハッピーエンド」

→前回 ニーアオートマタ 感想日記18「親しい人との別離」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ