二ノ国Ⅱ感想日記9「ゴールドパウンドの湯婆婆(ユバーバ)」




©2018 LEVEL-5 Inc.
※ネタバレがあります。

ミセス・マーサと奇跡のたわし

王国に必要な施設を作り、国民の力を借りて国を豊かにしよう。

という方針が定まったので、ストーリーを進めつつ国民を集めることに。このタイミングでキングダム開発(シムシティみたいなもの)が解放されますが、ちと端に置いときます。

まずはステラおばさんことミセス・マーサを誘うべく、彼女のたわしを取り戻すためにゴブリンをやっつけたら…

プロフェッサー・センコー

減点方式で人を点数付けする変人が登場。ポンゴが「採点姉さん」と呼ぶと…

センコー
「採点姉さんじゃなくてプロフェッサー・センコーと呼びなさい」

「いい?『夢幻の扉』の奥で『夢幻のカケラ』を手に入れるの。このカケラを9つあつめるのがあなたの任務

クリアするとセンコーが国民になるものの、クエストの推奨レベルは60でした。半ば強引に押し付けてきた割りには、手の届かないクエストをよこしてくれましたな…。

夢幻の扉へ

センコーが夢幻のカギをくれたので、入れなかったあの扉が開錠しました!

中には迷宮が広がっていて、最終層にいるボスを倒せば『夢幻のカケラ』を貰えるんです。ちなみに9つの扉は世界各地にあって、そのうちの一つがこのホラット洞穴でした。

迷宮内ではモンスターが徘徊しており、デンジャーレベルによってモンスターの強さが変化します。滞在時間が長くなるにつれて敵のレベルも上がる厄介な仕組み。

ちなみに癒しの像にオーブを捧げると、デンジャーレベルを下げることができます。

そして稀に、人やフニャが立っているんです。ハーブをくれたり、レアアイテムをくれたりするのは嬉しいんですが、君たちどこから入って来たの。

ちなみにホラット洞穴の『夢幻の扉』は今の段階でも十分クリアできました!

そして『夢幻のカケラ・赤』をゲット!それにしても残り8つもあるのか…遠い目

僕の作りたい国は

マーサのスカウトにも成功するも、ロウランから鋭い指摘を受けました。この国が何を目指すのか具体的にすべきとのこと。

エバン
「僕は争いのない国をつくりたいんだ」

綺麗事だ、無謀だと意見が飛び交うものの、エバンはその姿勢を貫きました。しかしどんな行動を起こすべきか見当がつかず…。

そこでニルのアドバイスを受け、歴史ある図書館・メルドラ公文書館で参考資料を探すことに。けれどその前に…

クエスト大量発生中!

ゴールドパウンドで守護神を倒したせいか、クエストがわんさか発生してました!その前は1つたりともなかったのに。

中には、ゴロネール城で助けてくれた清楚系猫・アンニャも!彼女もまたクエストをクリアすると、国民に加わってくれました。アンニャ可愛い。

ちなみに裁縫師・モモのクエストは、この段階でクリアできず。

「モエギ色の縫糸を持ってきて」というお使いクエストですが、国中走り回っても手に入らず。せめて入手場所のヒントをくだされえええ!!

武器職人見習いのシン・ジンをスカウトすべく、魔瘴気モンスター・煮えたぎりマーグを倒すことに。

こやつかーと眺めていたら、無関係のチビスライムに見つかったエバン達!ヌルヌルと接近してくるので、こやつと戦う前に腹を括ってマーグを倒さねば!!

私にはまだ早かったようだ…orz

こやつ厄介なことに、HPを3/4削ると分裂しだすんです。仲間は床ペロしていて1対4の戦いになり、貴重なアイテムをガシガシ使うも無事天に召されました…。

けれど幸いなことに、魔瘴気モンスターと戦う直前にオートセーブされていたんです!ありがとうオートセーブ機能よ…!

管理人・メルドラ

シン・ジンとモモは一旦置いといて、メルドラ公文書館にお邪魔すると…

メルドラ
「この神聖なる『メルドラ公文書館』は一見さんお断りだよ!」

千と千尋の湯婆婆(ゆばーば)感が否めない、玉ねぎ頭のマダム・メルドラに叱られました。にしても顔の圧が凄い。

メルドラいわく「3つのお使いをこなしたら入っていい」とのこと。

まーたお使いクエストかと嘆いても始まらないので、1つめのお使い「シンクベニーローズ」採取に必要な魔法「見えざる道」を覚えます。

シンクベニーローズの為に

魔法を覚えるには、占星術師・メイを国民にせねばなりません。彼女は「新しい国で気分を入れ替えたい」と話してたので、こりゃすぐ仲間になってくれると期待してたら…

メイ
「エバンくんの誠実さを示してほしいの。スケルトロン3体倒してね」

ポンゴ
「うっそ~ん!!今の流れ、完全にアレやん!?二つ返事で受けるとこやーん!!」

ポンゴよく言った!!誠実さなんて一見でわかりますぞ!エバンの外見は誠実&純情の塊だというのに…!

しかし可愛い子の願いを叶えるのがエバンです。お望み通りに従い、国民に加わったメイから「見えざる道」を教えてもらいました。

こうして崖への道を出現させたら、鮮やかな「シンクベニーローズ」を入手!

葉まで真っ赤なバラを、あやつは何に使うのか…。血のりか

2つ目のお使い

バラを届けたら、さっそく2つ目のクエストに取り掛からされました。

次はヴォルカドラゴンのツノを手に入れるべく、ドラゴンをやっつけねばなりません。そして「これが必要になる」と渡されたのは、メルドラ愛用の栄養剤。

まさか、精力剤ではありませぬな…?

←次回 二ノ国Ⅱ感想日記10「デート必勝〇〇」

→前回 二ノ国Ⅱ感想日記8「うちの財務大臣はギャンブラー」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • うむ….こちらもMSFが定員越えしてきたので毎日毎日志願兵を採点してはリストラしてます。せめて『自分で捕獲しといて即解雇!』はゲームとはいえ気分が良くないので控えねば(;´Д`)
    しかし採点落ちしても女性兵士ならとりあえず待機室においておくのがきっと定員ぎゅうぎゅうな原因(笑)

    で、あの~….スケルトロンとやらを3匹倒すとどう誠実さがわかるんですか?^^;
    やっぱこのゲーム、狙ってわざと『ゲームの都合!』をネタにしてるようにしか思えません(笑)

    とりあえずりーさんに精力剤なんか見せた日にはもう…..ガクブル(;゚д゚)

  • ジャックさん

    コメントありがとうございます!^^

    なるほど、志願兵の選別は大変そうです…!って、待機室の女性兵士を一斉解雇したらガバっと空きますねwwそして毎日の選別から解放されますぞ~!笑

    それが、私もさっぱりなんです(;ω;)依頼人の中では「依頼をこなす=誠実」ということやもしれません…!

    そうですよね!笑 ところどころで垣間見えているので、開発陣の姿勢が「あれもこれもゲームの都合やで~!」とわざと見せつけてるんじゃないかと思います(´▽`)w

    ぐふふ、私に精力剤を見せたら最後、乳牛の如く絞…ってジャックさん、何言わせるのですかあああ~~~!!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。