二ノ国Ⅱ感想日記4「フニャとステラおばさん」




©2018 LEVEL-5 Inc.
※ネタバレがあります。

外の世界へ

どこの国にも属してない守護神を従えるべく、陽光の玉神塚を目指すエバン達。ここでようやくエバンも戦闘に加わってくれました。

そしてフィールドでは、キャラがデフォルメされる仕様なんです。シンボルエンカウントですが敵に発見されると追いかけられ、大抵逃げ切れずに戦う羽目に…。

もっと早く走れるようになりたいいい!

ミセス・マーサ

そんなとき、ワイバーンの襲撃に遭うステラおばさん…じゃなくてマーサを発見!

慌てる彼女の周りでウロチョロしてるのはフニャです。ジブリ映画「もののけ姫」に登場するコダマっぽいですな。

ワイバーンをこてんぱんにやっつけると、マーサは家に案内してくれました。

フニャ
火、水、風などの自然現象が精霊になった姿。純粋な人にしか見えないので、プレイヤーは全員純粋な人と言える。

ちなみにステラおばさんはこんな人です。↑

マーサのモデルは彼女なんじゃないかと思うくらい似てる…。

家では、大勢のフニャがくつろいでいました。そしてここからはフニャもエバンに力を貸してくれることに!

戦闘やフィールドで活躍するんですが、間の抜けた顔は見てるだけで癒されるんです。こりゃペットに最適かもしれませぬな…!
ごはん・トイレ・散歩不要だし

謎の扉

陽光の玉神塚へ行くには、風蛇の谷を通らねばなりません。けれど谷へ向かう前にいろいろ探索していたら、いかにも怪しい扉が!

けれどいくら調べてもビクともせず。この紋章に見覚えはないし、入ったら強敵が出そうな雰囲気をプンプン醸し出してます。

風蛇の谷

こうして、ロッククライミングに最適な谷に到着!そしてちらっと見えるテレスポットに早くアクセスしたい!!

殺風景ではありますが、ここは「天空の毒蛇」と恐れられている空賊ガット―一味の縄張りなんです。ひと悶着ありそうな気がしてなりませぬな…。

リーフブック

道中では、もみあげとヒゲが一体化した斬新なオジサンがいました。

彼いわくこの世界では「リーフブック」という機械の本があるとのこと。SNSみたいなもので、ほとんどが実名で最新情報やコメントを載せているんです。

エバンが元王子ということもあり、本を譲ってくれた優しいおじさん。そんな彼はゴロネール王国から来たのですが、猫かネズミか最後まで分かりませんでした。どっちにも見える…。

フニャの力を借りて

風蛇の谷を進むも、途中で足場が崩れて通れず。するとフニャが「コチ!」と案内してくれたんです。

その先には石に潰された緑のフニャが!助けたらなぜか偉そうな態度を取る緑フニャですが、ちょっとは感謝してくれても…。

ちなみに全裸にちょこっとオシャレしたフニャは「リーダーフニャ」です。

リーダーフニャ
フニャを束ねる精霊。仮面を付けたりスカーフを巻いたりとお洒落している。全裸の部下(フニャ)とスキルを持ち、戦闘で部下と共に活躍してくれる
谷に生えているのは、プロペラクローバー。これを救出した緑フニャの力で回すと竜巻が発生するんです!

それに乗れば、上へぴょ~んと飛べちゃいました。なるほど、高い崖などはこれで登れるんですな…!あのフニャを助けておいてよかった!!

お参りしなさんせ!フニャ地蔵

道中で見かけた石の塊は、フニャ地蔵なのだそう。試しに話しかけたら

フニャ地蔵
「やってけおいてけ参りゃんせ!おそなえするならアレにして~!」

「ほらっ、あれあれ!〇〇…ねっ?」

ここまで細かいお供えを要求する地蔵は初めてですぞ。ちなみに〇〇にはお供えしてほしいアイテムの特徴が入るんです。
でも余ってる石ころをあげたい

それを渡したらお洒落なフニャが仲間に加わりました!なるほど、リーダーフニャはこうやって集めるのですな。

空賊ガットー一味

先へ進むと、偵察中の空賊に捕らわれたエバンたち。そして「領空侵犯」という犯してもない罪で処刑される寸前、ガットーの娘・シャーティーが助けてくれました!

「領空侵犯をする野良の連中を倒せば賞金がもらえる」とのことで殺そうとしたんですね…。

彼女の説得により、エバンとロウランは空賊のアジトへ連行されることに。

空賊の頭・ガットーに会うも、彼はゴロネール王国を良く思ってなかったので対立し合う2人。

けれどシャーティーがワイバーンに攫われ、アジトを明け渡せと言われたガットーはやむなく娘の命を諦めることに。

そんなときに申し出たのはエバンでした。彼女を助けると言い、ロウランと共にワイバーンの巣窟へ向かったら…

VS ワイバーンキング

ワイバーンの群れが登場!そしてこやつら、モンスターなのに言葉が通じるんです。みんな喋れるのか。

そして空賊じゃない人間を寄こされて、怒り心頭なワイバーン達が

「帰レ!帰レ!帰レ!帰レ!帰レ!帰レ!」

猛烈なコールを浴びせてきました…!どうせならシャンパンコールを

殺さず帰そうとするだけまだ優しいですが、このままアジトに行っても首が飛ぶだけなので、いざ戦闘へ!

宙づりのシャーティー

ワイバーンを討ち、先へ進むとシャーティーがいました!

けれど宙づりの彼女が縄を解こうと必死にもがく姿に感動し、3分ほど傍観しちゃいました。

こういう時、ゲームでは大抵気絶してるんです。なので足をばたつかせつつ振り子のように揺れる演出を取り入れるなんて…!CGの予算はちょっとかかっただろうなあ。

←次回 二ノ国Ⅱ感想日記5「ええ感じの契約道具持ってへん?」

→前回 二ノ国Ⅱ感想日記3「さよならアルフィニー」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • 確かにステラおばさんにしか見えない^^;

    シンボルエンカウントも楽なようで調整間違えるとかなり迷惑ですよね。マップが切り替わった瞬間に一目散に全シンボルが突撃してきて実質そのマップ内のシンボルを全滅させてからでないと身動きすら取れないようなRPGとか^^;

    ご飯トイレ散歩不要だからペットにしたいという自分に正直な純粋さがきっとフニャを目視出来る条件なんでしょうなー♪ベジータがスーパーサイヤ人になれた理屈と似てますな(´▽`)ノ
    そして全裸にちょこっとオシャレすればリーダー格になれるのか盲点!さっそく自分もやってみ以下自重フニャに教わったぜ….

    確かに注文する地蔵ってあんまり無い気がしますな^^;
    地蔵権乱用?!

    そしてついにモミアゲはここまで来たか….今までの常識を覆す新世代モミーの前には猫か鼠かなぞ些細な事(笑)

    プロペラクローバーを飛ばない程度に回してスカートの下に置けば以下自重ちょっと欲しいかも….多分自分もフニャ見えます^^;

    とりあえずモンスターと言葉が通じるのは宙づりにされた人質が大抵は気絶してるくらいに『ゲームだから』なので大丈夫です(笑)
    現実世界では国毎どころか国内地方言ですら解読に悩む言語もあるのにゲームでは『人間ならほぼ共通言語』っすからモンスターと言葉が通じたとしても大丈夫たぶん(笑)

    うん、いかにりーさんがゲームやり慣れてるガチかがよくわかる回でした(笑)

  • ジャックさん

    コメントありがとうございます!^^

    ステラおばさん側が「使ってもいいよ」と許可したのかと思うくらい、ものすごく似てますよねww

    そうなんです…!本作では全シンボル突撃してきても戦闘後にバラけるのでまだしも、そういうRPGもありますもんね(;ω;)けれど今のままでは捕まっちゃうため、この先で速く走れる魔法か何かを覚えられることを期待していますw

    なかなか邪な気持ちが出ちゃっていますが、ベジータに似てるだなんて感激です!!

    じゃ、ジャックさん!全裸にちょこっとオシャレはやめたほうがいいですぞおおお!!!!www せめて家の中だけで…!笑

    そうですよね!地蔵権の乱用です!!w事細かに注文をつけてくるだけでなく、違うものを渡すと無言になるのでなかなかたちが悪いんですw

    そ、そんな~!!種族問題が新世代モミーに負けてしまうとは…!orz

    おおお、それはとても良い使い方ですぞ!!wwさっそく美女が集いそうな場所にプロペラクローバーを埋めねば…!笑

    ジャックさんの言う通りで、現実世界の問題はゲームでは何の問題もないことが多いですもんね。。笑 現実世界も「人間ならほぼ共通言語」になればいいのになあ…(´ ▽ `)

    いえいえ、ジャックさんには負けますぞ~!(;ω;)これからもゲームに邁進する所存であります!^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。