二ノ国Ⅱ感想日記17「イケメンのミルフィーユ~眼鏡を添えて~」




©2018 LEVEL-5 Inc.
※ネタバレがあります。

怪しい出来事

エスタバニアでは「資材の数が合致しない」「不審な男の姿を見かける」などの悪い報告が相次いで入っていました。

うちの国民なら不審者くらい軽々と捕縛できそうなものですが、わざとスルーしてるのだろうか…?

泥棒がいるなら放っておけん、ということで皆で見張ろうと考えるガットー。そこでロウランを誘うものの、きっぱり断られる始末…。

聡明なロウランなら、本当に気付かれたくなければ話に乗っかってくるはず。これは裏切りに別の意図がある気がしてなりませぬ…!

いよいよ怪しいと踏んだガットーは、ロウランとフード男の取引を盗み聞き。

「良い話があればこの国を抜けてもいいぜ」と話すロウランに、怒りを抑えるガットー。

にしてもこのフード、見た感じゴロネール王国の使者っぽく見えます。確かそこに所属する魔導士がこんな色味だったような…。

さよなら、ロウラン

翌日、皆の前でロウランの裏切りを暴露するガットー。するとあっさり、ロウランが出て行ったのでした…。
戦力的にはガットーに出てほしい

子供組(エバン・シャーティー・ポンゴ)は止めようとするも、その他の大人組は傍観。戦闘で最も活躍した仲間に対して、そんな態度はないのでは…!

これからは彼がいないパーティーを操作するのか…。なんだか寂しいです。

まさかのロウランパート

…初っ端から裏切り者側を操作することになろうとはあああ!!

適当な装備を着けたので「戦闘があったら…」と焦り始める私を余所に、1人でさすらうロウランを招き入れたのはゴロネール王国でした。

チューダインは此処で働いてほしいと頼みつつも、本当に裏切る覚悟があるのかを確かめると言って…

ロウランを探して捕まった、エスタバニア国民のもとへ。名前忘れた

するとロウランの発砲を受けて倒れる国民。かつての仲間を殺したことでようやく、チューダインに認められるのでした…。

王家の紋章を探して

チューダインは「王家の紋章」を探しているんだとか。それは赤色で、未だに行方不明なのだそう。

ロウランいわく「エバンが身につけてる」とのことですが、そんなものあやつは着けてなかったですぞ…。

それから時が経ち、ある日突然単独行動を始めたロウラン。

兵士の目を掻い潜りつつ…

開かない扉は、ドジョウっぽいアイテムでピッキング!

こうしてエバンの部屋に辿り着くのでした。

そこで、一人回想に浸るロウラン。その内容とは…

エバン
「王家の紋章がないと、裏道からゴロネール王国に入れない」

「それに王家の紋章は、隠し部屋にあるんだ」

こんな話、プレイヤーは聞いたことないですぞおおお!!でもロウランはこのためにわざと仲間を裏切っていたんですね!

エバン達に戻る気配があるし、今のところロウランのソロパートが続いているので、装備を剥がさなきゃよかった…!

エバンの部屋から入れる隠し部屋で、王家の紋章を発見!

…あれ、チューダインの話では「王家の紋章は赤い」はず。ということは…

二重スパイ・ロウラン

最初からロウランを信用してなかったということですな!

王家の紋章を手に入れるも、出入口を塞がれてなす術がないロウラン。

ここでもし戦闘になればキツいので、仲間たちに助けてほしい!けれど捕らわれてた国民はオダブツしちゃったし…

そこですかさず登場したのは、メガネ&謎のアイテム!!

イケメンにイケメン要素を重ねたら、イケメンのミルフィーユじゃないですか!!
食べたい

謎アイテムを宙に放り出したかと思えば、閃光を放ち目が眩む敵軍!そんな中を駆けて行き、地下牢へ向かうロウラン。

ということは…

国民に向かって放った銃弾は、対象者を仮死状態にするというものでした!

発砲されたにも関わらず手を組み仰向けになっているので、誰かが整えた感がすごいですな。
瞼も閉じたげて

ポンゴの形をした爆弾で国民を起こし、キャンディを舐めてカエルに変身した2人は、地下水道を抜けてゴロネール王国を後にするのでした。

そして幸いなことに、戦闘はなかったの一安心です!装備し直す手間はかかるものの、裏切りの裏切りで良かった~!

←次回 二ノ国Ⅱ感想日記18「こんな監視カメラは嫌だ」

→前回 二ノ国Ⅱ感想日記16「主戦力だった裏切り者が抜ける前に」

スポンサーリンク






4 件のコメント

  • うむ、ストーリー的な展開に所々垣間見える『プレイヤーの都合』で二重にハラハラドキドキ、かなりゲーム病進行してますですな、りー師匠(*´ω`*)

    そのピッキングアイテム欲しい….センス良すぎるつーか、どうやって使うのか外観からだとまるで予想出来ないっすがピッキングアイテムで間違いないんですね?^^;

  • ジャックさん

    コメントありがとうございます!^^

    そうなんです、ゲーム病絶賛進行中ですぞおおお!笑 その意味で、ロウラン裏切りうんぬんはかなりドキドキさせられましたww

    実はこのドジョウ、鍵に変形するんです!そして1度使うと去ってしまう、生きたピッキングアイテムです!(´ ▽ `)笑

    また、詰みゲーについても教えていただきありがとうございます!『魍魎戦記MADARA』をもしプレイしたら、すぐに詰んで積みゲーになりそうです(;ω;)w

    詰みフラグ増し増しなゲームを今の時代に発売したら「何だこれはー!」とクレームが来そうですねw特に、ボス戦勝利後に何もできないのは1週間寝込むレベルでつらいですwww

  • 懐かしさに話題漁ってたら一部訂正します(;´Д`)
    詰まると思ってたフラグアイテムうんぬんに関しては、『無くても通過方法があった』のでそれで詰みではないみたいです。当時知らなかった(;´Д`)

    それでも他に詰みはありゲームシステムも一風変わってますが、レトロゲーマーが神と崇めた時代のコナミ作なので名作ですぜ~(*´ω`*)
    特にフィールドBGMは一聴の価値アリです。当時、聴くためだけにフィールドで棒立ちしたプレイヤーがいっぱいいました(笑)

    なんと?!ドジョウ君生きてらっしゃったのですか∑(OωO; )
    なるほど、潜入出来るのは一度だけ、と….これは潜入対象を厳選しなければ以下自重….(笑)

  • ジャックさん

    ご返答ありがとうございます!^^

    そうなのですね!フラグアイテムがなくても通過できる方法があって一安心ですw

    そこまでするほど魅力的なBGMだとは…!笑 さすが名作ですね!!(´ ▽ `)

    こう見えて、にょろにょろ動きますよ~!^^ ってジャックさあああん!!!それ逮捕されるやつですぞおおおお!!!www

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。