二ノ国Ⅱ感想日記22「もはやヒロイン」




©2018 LEVEL-5 Inc.
※ネタバレがあります。

VS ゴーラ

最終決戦に向けて、進軍バトル開始!

各国が破壊神を倒してくれている間に、エバンたちは敵を薙ぎ倒しつつゴーラの元へと向かいます。

ロクメギやホメディアスなどのお偉い方も、こぞって参戦!戦えたのか

こっちは特に操作することがなく、エバン達がゴーラに進むにつれて破壊神が倒れてくれます。

にしてもエバンは4部隊しか操作できないので、倍以上の隊数を引率できるなんて羨ましいですぞ…。

ゴーラのもとについたら、MISSION CLEAR!

珍しく4部隊が生存したまま終わりました。
いつもは3部隊が天に召されるので

一任務を終えた気分に浸ってたら、破壊神4体が消えたのでそのままゴーラ戦に突入!

攻撃できる箇所は胸のみなので、ひたすら胸のコアをめがけて集中攻撃です。

それにしてもあまりにも岩々しいので、ポケモンのゴローンかと思ったぜよ。

ラストダンジョンへ

ゴーラを鎮め、竜と化したポンゴに乗っていざ体内へ!

ポンゴ
「見てみぃ!向こうにテレスポットがあるで!」

わーい!これでいつでも体内に戻れる!
こんなとこ嫌だ

もし私が敵の立場なら消してるけど、わざわざ残してるなんてハムちゃん優しいなあ…。

そしていつものミニサイズに戻ったポンゴ。ラスダンだから、ずーっと竜のままでいていいんですぞ。そのほうがなんか心強いので

おどろおどろしい洞窟を抜けた先は、アラゴリア王国が!!

けれどこれはハムちゃんの欲望を具現化したものなのだそう。なるほど、まだ復活したわけじゃないですね。

空中で浮遊しているからか、ちとラピュタっぽいですな。

ハムちゃんへ続く扉

ハムちゃんに会うためには、4つの宝石を集めて扉を開けねばなりません。

宝石はアラゴリア内にいる魔物が持ってるので、4体倒しました。

なかなか面倒だったので、ご近所さんみたくインターフォンを鳴らしたら開けてくれるシステムがよかったなあ…。

ロウラン、再び…

しかしハムちゃんのもとへ向かう時、再び苦痛に苛まれるロウラン。

あまりの痛みに、ばたりと気絶しちゃいました…。

主人公にアドバイスしたり、裏切ったり、倒れたりと見せ場が多いロウラン。もはやヒロインですな。

ロウランが大統領だった、一ノ国でのプロローグの続きが始まりました。

ロケットを撃ち込まれ、炎上する都会。

やっとの思いで車から抜け出した大統領は、いないはずの息子の声に振り返り…

息子
「僕を、守れなかったよ…!」

大統領は、病気がちの息子を守れなかったことを激しく後悔していました。だからこんな夢を見たのやもしれません…。

それにしてもホラーだから、目からうじ虫みたいな黒い涙を流すのやめてくだされ…!

ロウランが無事に回復したので、ハムちゃんと対峙すべく乗り込むエバンたち。

うっすらモニュー(セーブポイント)も見られるので、つくづくハムちゃんの優しさを感じます。仕様です

→前回 二ノ国Ⅱ感想日記21「最終戦が不安になる兵力」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • 実際にプレイしてないからなんだろうけど、ロウラン氏があまりにも唐突にぶった倒れ回想が始まり何事もなかったかのようにお話が展開しているように見えまする^^;
    どこかでそのホラーな回想が絡んでくることを祈ります^^;

  • ジャックさん

    コメントありがとうございます!^^

    ごめんなさい、それはおそらく私の説明不足です。。(;ω;)ゴーラ討伐戦(進軍バトル)の前に1度、瘴気を纏い苦しむロウランの姿を見ました!

    また一ノ国で都会壊滅直後、あんな顔した病弱な息子が大統領の側にいるとは思えないので、夢だと信じたいところです…!(´ ▽ `)

    回想後は仲間たちがちゃんと、ロウランを心配していたのでご安心ください~!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。