【PS4】二ノ国2クリアレビュー




©2018 LEVEL-5 Inc.
※ネタバレがないよう努めています。

はじめに

戦う美女の壁ドンシーンがたまらぬ。

こんにちは、すっかりエスタバニアの民になったりーさんです。職業はニート

妖怪ウォッチで有名なレベルファイブさんが手がけた、ファンタジーアクションRPG「二ノ国2」をクリアしたため、下記5点に絞ったレビューを綴ります!

購入を検討している読者さんがいましたら、参考になれば幸いです。

評価ポイント
  • ストーリー ☆3
  • 戦闘システム ☆3
  • サウンド ☆3
  • グラフィック ☆4
  • ボリューム ☆4

マイナスから始まるストーリー

大臣のクーデターにより、国を追われた王子・エバンがロウラン達と共に新たな国を作り、平和を脅かす存在に対峙していく物語です。

そして☆3にした理由は、進行のテンポが悪いため。というのもメインストーリーを進めるたびに「これでもか!くらえ!!」というくらいクエストが挟まるんです…。

クエストはどうしても作業だと感じがちなので、メインストーリーに持って来なければテンポを阻害しなかったはず。

そして物語の内容はザ・王道!

けれど、ところどころで「こんなのあり!?」と驚いたり、キャラの絡みあいで笑うことが多々ありました。

適度にスパイスが加わっていて良く、そういう意味ではポンゴが大活躍でしたw

フニャと力を合わせる戦闘システム

他のRPGと一線を画すのは、フニャ(精霊)との連携技と進軍バトルです。

まず前者は、戦闘に様々な効果をもたらすため有利に進められるんです。

フニャが立つ場所にわざわざ行くのは面倒だけれど、それ以上の恩恵を受けられるため積極的に連携技を使っていました。

けれど自分が使いたいときに連携技を使えない(時間経過でランダム発生→近寄ると発動)のがネックなので、次回作があればそこを改善してほしい…!

進軍バトルは、1戦にかかる時間がとにかく長いんです。だいたい15分くらいかかりました。

そしてクエストと同じくメインストーリーにがっつり関わるので、軍団を育ててないと先に進めないなんてことも…。何度泣いたことか

エバンを操って周囲の軍団に指示出ししつつ戦うのは、システムとしては新感覚で面白かったです。けれど、おまけ要素という立ち位置で十分な出来だったため☆3にしました。

いっそのことボイス無しにすべきサウンド

久石譲さんが携わるBGMはメインテーマをはじめ、印象に残るものが多かったです。

数は31曲と少なくダンジョンでの使い回しが目立つものの、恐怖を煽るBGMに刺々しさはあまりなく、全体的に柔らかいと感じました。

また前作のアレンジが多いので、古参組は感動するはず!

それだけに、とっても惜しいのがボイス!!メインストーリーだけはせめてフルボイスにしてほしかった…!

というのもメインストーリーでさえ、台詞の冒頭だけ喋る(例:うん・そうか・やはり、など)ことがほとんどだったので、その続きもちゃんと聞きたかった…!
特に西島秀俊さんボイス

明らかに不足気味なボイスが足を引っ張り、☆3にしました。

芸能人を起用して費用が高くついたと思うので、次回は芸能人にこだわらず声優さん起用&フルボイスで開発してほしいですね…!

ジブリの再現度が高いグラフィック

スタジオジブリのあの描写をしっかり表現できているのは、ただただ感動しました。

特にムービーでは顕著で、もはやジブリの映画を見ている感覚です。

それだけに残念なのが、フィールドのグラフィック。2頭身キャラは可愛いのですが、街中やダンジョンなどに比べると雑な印象を受けました。

せめて同じくらいの作り込みをしてほしかった…。

けれど残念な点はそこしかなく、ジブリの映像再現に心打たれたため☆4にしました。

キングダムモードがほぼ占めるボリューム

魔法開発・武器集め・フニャ収集など、やれることはたくさんあります。

大型アップデート(シラズの森攻略・世界の謎に携わるクエスト)もあり、上級者もとことん遊べる要素がさらに増えたので☆5にしたいところでした…!

けれど難点なのが、キングダムモードの時間経過システム。

まずキングダムモードでは施設の建築、人材配置などの国作りが行えます。そして施設を建築・完成するには時間がとってもかかるんです。2時間なんて可愛いものですぞ…。

なのでそのためだけに、睡眠中もPS4を起動したままにするなんてことも。その分完成した時の達成感はあるけれど、時間がかかる仕様は作業感が否めないので☆4にしました。

まとめ:ジブリ好きには遊んでほしい逸品

ところどころ残念な点がありますが、ジブリ好きにはオススメできる作品です!

久石譲さんの優雅なサウンドに耳を傾けながら、ジブリの映像表現をしっかり再現した世界を冒険でき、かつゲーム初心者でも遊びやすい作りになっているためです。

また高クオリティなグラフィックにより世界観に没入できるので、あなたも二ノ国の世界へ来てみませんか?

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • レベルファイブというとドラクエ8を思い出すオッサンです(*´ω`*)

    なんと!久石譲ですと∑(OωO; )
    それは素晴らしい!

    りー師のブログ読んでたら
    『ゲーム』だなぁ(・・;)
    てイメージが一番強いです(笑)

  • ジャックさん

    コメントありがとうございます!^^

    そういえば、ドラクエ8も手掛けていたんですね!そう考えますと、レベルファイブは手広く開発していますな…!w

    久石譲さんサウンドは相変わらずのクオリティで素敵でした~!(´ ▽ `)次回作があれば続投してほしいものです^^

    な、なるほど…!笑 ジブリっぽい世界観や映像表現より、ゲーム性うんぬんについて愚痴言及することが多かったからかもしれませんww

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。