オクトパストラベラー 感想日記3「断固拒否したい餞別の品」




※ネタバレがあります。

薬師アーフェン

仲間を加えるには、各々の手伝い(1章)をこなさなければなりません。

てっきり、プリムロゼの物語しか進めないと思ったんですが、全員の物語を並行して進めるんですね〜!

サンシェイドから近い村・クリアブルックで、アーフェンに話しかけて、手伝うことに!

彼は3D化したら、爽やか系イケメンになりそうですな〜。ギャッツビーのCMに出そう

母親を亡くしたアーフェンは、親友のゼフと共に薬師として、村の人々を助けていました。

にしてもアーフェンの母親だけ、立派なお墓ですな…。

一方で、ゼフの妹・ニナがマンダラヘビに噛まれ、毒に侵されたんです!

解毒剤を作るには、マンダラヘビの毒が必要とのことなので、アーフェン1人で行こうとしてたんですね。

まあ、子供を噛んだ程度なので、ちっこいヘビなのでしょう。


VS マンダラヘビ

わあ〜、大きなお口!(赤ずきん風)

これどう見ても、子供は一飲みされるじゃないですか!!

あの娘、どうやって生還したんじゃ…と疑いつつも、2人でマンダラヘビを倒しました。

やはり、戦力が増えると心強いですね!

アーフェンが応急手当(HP回復)を使えますし、調合コマンドで全体回復もできるので、最初に仲間になってくれてよかったです!
それにイケメンだし

ニナの治療へ

へたれたマンダラヘビに近づき、毒をもらうアーフェン。ヘビに近づく人間を見たのは、某アイドルグループの番組以来ですよ。
DAS◯村

私なら絶っっっっ対に近づけないので、その勇気は羨ましいです。

周りに咲くのはミズフラシという花で、ゼフの好きな花だったので、ニナが取りに来ちゃったんですね。

けれどあんなに大きなヘビに会ったから、ニナのトラウマになりそうですな。

ニナを救ったアーフェンは、小さい頃、大病に侵されてました。

それを救ってくれたのは、さすらいの薬師なんです。アーフェンは彼に憧れて、薬師になったんですね。

そして、村だけでなく世界中の人々を救いたいと夢見てたところ、ゼフが背中を押してくれました!

餞別に何かをくれるというので、ワクワクしてたら…

世界中の人々を救うために

ゼフ
「僕の鞄…よかったら使ってくれないかい?」

断るっ!!!!!

なぜ鞄なんだ、せめて高級な薬の素材を下され!!と懇願したのに、アーフェンはノリノリで互いの鞄を交換しちゃいました。
メルカリで売るか

一度行った町、村にはファストトラベルできるんです!

町と町を繋ぐ道が地味に長いので、とっても便利ですね!たわわな女の子の家にもファストトラベルできたらいいのに

←次回 オクトパストラベラー 感想日記4「私の師匠はギャンブラー狩人」

→前回 オクトパストラベラー 感想日記2「美味しいサブストーリー」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。