オクトパストラベラー 感想日記5「進撃の執事」




※ネタバレがあります。

盗賊テリオン

崖沿いに建つ町・ボルダーウォールにいるのは、盗賊のテリオン。

難攻不落なレイヴァース家の秘宝を盗むため、仲間を探していました。

犯罪に手を貸すのは乗り気ではないですが、秘宝を山分けしてくれるなら協力しますぞおおお!!!

クールなテリオンは、小さい頃から盗みを働いてました。

その先で捕まり、同じ牢屋にいた少年・ダリウスと共に脱出したんです!

テリオンの親しい人といえば彼くらいのようですが、今はいないようですね。


レイヴァース家へ

情報収集といえば、鉄板の酒場!!

そこのバーテンダーに話を聞いたところ、町一つを買い占めるほどの秘宝があるのだとか。

ネットで調べたところ、1.8億円で町を買えるので、約2億円ほどでしょう。

それを4人で分割して、3人分は私のものになると考えたら1.5億…ごくり。

レイヴァース家は警備が厳重で、一端の商人すら通してもらえません。

信用状という、町の人々が認めた人にだけ渡せる書状があれば通れるそうです!

ということで、信用状を盗むことに!

ご察しの通り、テリオンのフィールドコマンドは「盗む」なんです。

しかし、誘惑や盗むなど、悪さを働いて失敗を重ねると、町の信用関係が悪化するんです。

そうなるとフィールドコマンドが使えなくなるので、酒場のバーテンダーにお金を渡して、関係を元に戻さねばなりません。

貧民街で豪商を発見したので、盗みました〜!
はじめてのおつかいならぬ、はじめての泥棒

成功率が100%であれば、心置きなく盗めますね!この調子で、町の住民たちからいろんなアイテムや装備を盗んじゃいました。

ドラクエにも負けないほど、悪いことをしちゃってますw

信用状をこさえて、ようやく中に入れました!

大きい窓が開いていたので、そこから侵入することに。

にしても、警備が厳重ならなぜ、窓を開けっ放しにしたのでしょうか…。

最奥部で、青い玉を発見!

しかし価値あるものに見えないので、同じ玉ならせめてドラゴンボールが良かった…。

と落ち込んでたら、レイヴァース家の執事・ヒースコートがひょっこりはんしたんです!

どうやら、此処までたどり着く盗賊を探していたらしく、わざと警備を厳しくしていたのだとか。

VS ヒースコート

…もはや10m級の巨人ですな。
進撃の執事

ヒースコートが背景にある階段を登ったら、頭を天井にぶつけるレベルですぞ。

そんな彼に勝ったものの、盗賊としては不名誉な証である腕輪を取り付けられちゃう羽目に…!

取引

青い玉は青竜石と言い、残り3つの玉を取り戻してくれたら腕輪を外すとのこと。

また、ヒースコートはお嬢様・コーデリアに依頼されて、このようなことをしたんです。

そして青竜石は、ヒースコートが取り戻しました。であればテリオンに任せず、ヒースコートが動けばいいのに…!

テリオン
「俺が盗みの依頼を受けることになるとは」

盗みではありません、回収です。
物は言いよう

金髪のお美しいお嬢様がお見送りに来てくれましたが、これはあれですね!

テリオンとコーデリアが結ばれるフラグですね!!
他人の恋愛話大好き

←次回 オクトパストラベラー 感想日記6「アルソックの騎士・オルべリク」

→前回 オクトパストラベラー 感想日記4「私の師匠はギャンブラー狩人」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。