オクトパストラベラー 感想日記12「キャベツ宝石」




※ネタバレがあります。

森の道案内

ちと寄り道して、お金を稼ぐことに。

ここではシ・ワルキにいる妻を連れて、ボルダーフォールの夫のもとに行くと、クリアできました!

妻は彼のためにいい靴を渡したかったようです。夫が帰るまで待てなかったようで、そんな妻に胸キュンしちゃう夫。
帰っていいですか

妻を一番愛してると言うので、浮気の心配はないでしょう。

…行け、プリムロゼ!誘惑だ!!


キミは…妻の次に美しいな

献身的な妻が目の前にいるのに、プリムロゼについて行く夫。こりゃ離婚の危機ですな…。
にやり


盗賊の掟

「マルタ盗賊団を抜けるなら、盗賊に入りたい人間を連れてくる」というルールがあるんです。

そこで、足を洗いたいマルタ盗賊団の男性に、サンシェイドの酒場に青年を連れて行くとクリアしました!

マルタというと、ドラゴンクエストモンスターズを思い出しますなあ。
テリーしか遊んだことないけれど

消えた魚

クリアブルックの川沿いの男性に話しかけると、ニジザケという魚が消えたと騒いでいるので、原因を探ることに。

なんと、村を出たところで魚を乱獲している不届き者がいたんです!!

ハンイットに活躍してもらい退散させたのですが、実は料理人から「小エビのソース」を貰って依頼人に渡すやり方もあったんです。

攻略の手段が多いと「どうすれば報酬が多くもらえるのか?」と悩みますが、楽しいですね〜!

孫との再会

クリアブルックの近くにいるおじいさんを、クリアブルックにいる孫のもとに連れて行けば達成できます。

おじいさんは迷子になったようですが、もしや徘徊…?

ジェントルキャットリン

フィールドを歩いていたら、ジェントルキャットリンが登場!

これは経験値5000貰えるんじゃ…!!とワクワクしていたら、たったの200だけでした。

その代わり、アビリティ習得に必要なJP(ジョブポイント)が400も貰えたので、ひと安心です!

これで何もなかったら、ジェントルの名を剥奪するところでした。

トレサ 2章

明るく元気な商売娘・トレサは、クオリークレストにやって来ました。

名もなき手記の筆者が過去に訪れた場所なんです。寂れていた当時とは違い、汗も滴る良いお兄さん達で賑わっているようで…。

もしや、ここは逆ハーレムを体現できる夢の街なのでは…!!

少数ですが、女の子もいました。
男の娘ではない

この土地は地主・モーロックが利権を抑えており、お兄さん達は金を採掘してモーロックに売ってたんです。

モーロックは適正価格で買い取るよ〜なんて言ってますが、怪しい臭いがしますね。

金では儲けられないと踏んだトレサは、大量に放置されていたクズ石を発見。それを磨くと、綺麗な宝石になったんです!

少年商人アリーいわく、それは碧閃石という価値あるもので、限られた山でしか採れないとのこと。

この情報にトレサの商人魂に火がつきまして、綺麗な碧閃石を売りに出したんです!

しかし、巧みな話術で商売上手なアリーに邪魔されて、トレサのお客はみるみる吸い取られて0人に…。

アリー
綺麗なもんだろ、ご婦人?貴女の瞳には負けるけどね

うん、古いですね。それに、宝石より美しい瞳なんて見たことないですぞ。
そしてキャベツにしか見えない

トレサの商人としてのスキルは高いものの、話術はイマイチだったので、そこは素直に反省せねばなりませんな。

碧閃石で儲けたアリーのもとに、モーロックが現れました。

碧閃石はモーロックの土地で取れたから、儲けを分けろとのこと。その石の価値に気づいてなかったのに、傲慢ですなあ…。

そこでアリーが、モーロックの悪巧みを証言したんです!モーロックは、金の価値を知らない労働者を働かせて、不当に利益を得ているのだとか!

そんな話が広まらないように、アリーを連れて屋敷に帰ったモーロック。

アリーの父親は、南の方で有名なペテン師で、最後は自分が騙されて借金を背負ったのだそう…。

しかし、アリーは「ペテン師じゃない!」と反論していたので、アリーを信じますぞ!なので先ほどの儲けをください

彼の父親を侮辱したこと、そして商人としての間違っていることを反省して!とトレサが言ったら…

VS オマール

モーロックに雇われたボディーガード・オマールが登場!海老じゃないのか

さすがモーロック、耄碌しているだけあって後ろで傍観してました。

オマールの太ももが大根足なので、もう少しダイエットした方が良いですね。人のこと言えない

目的は大競売


モーロックらを倒し、一件落着。

そしてアリーいわく、父親を妬んだ同業者がが、父親に不名誉を着せたのだそう。だからこそ、汚名を晴らすために父親譲りの話術で商人となり、儲けるのだそう。

言葉がお客を幸せにする、という父親の志を継いでるんですね。アパレル店員に向いてそう

そして、グランポートにて行われる大競売について教わりました!

参加するためにはとっておきの品物が必要なので、品物探しの旅へ向かいますぞ〜!

←次回 オクトパストラベラー 感想日記13「サンタさんに迷子のお知らせ」

→前回 オクトパストラベラー 感想日記11「保育士神官オフィーリア」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • トレサさん来た!なんか良いキャラ(笑)

    妻の次に美しいな。なるほど….なかなか勉強になりそうな文句、素晴らしい(T_T)

    自分もテリーしか知らないです。周りが魔王系ばっかりになってきたのでももんじゃを限界まで育てて対抗してました(笑)
    ぶっちゃけ、限界まで育てると耐性以外はどのモンスターも大差ないので意外に健闘出来たりします^^;
    まあ、その耐性の強さで魔王系が強いのも現実ではあるんですが^^;

  • どにゃさん

    コメントありがとうございます!^ ^

    トレサは良い子ですよ〜!( ´ ▽ ` )

    この台詞は妻の前でも通用しそうなので、確かに考えたスタッフさんはなかなかの猛者だと思います!修羅場を経験していそうですw

    も、ももんじゃですか!?すごいですね!私はすぐに合成してしまいました。。まさか健闘できるとは…!私も好きなモンスターを限界まで育てればよかったです(;ω;)

    魔王系は強いですよね〜!私は攻略本を見ながらダークドレアムを作って、育てていました!^ ^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。