オクトパストラベラー 感想日記13「サンタさんに迷子のお知らせ」




※ネタバレがあります。

冒険家ル・マン(1)

冒険家になりたい男の子がいたものの、冒険家の装備がなくて困ってました。

それくらい自力で用意できないんじゃ、冒険家になれませんぞ。しかし、490円で売ってたので買い取ってあげました。

内容は、どうのつるぎ(270円)・かわのよろい(180円)・やくそう5個(40G)と言ったところですな。
たてがないのはご愛嬌

冒険家の装備を持ってきたら…

ル・マン
「ありがとう!!もう、君は僕の(都合のいい)友人だよ!」

悲しいかな、私にはこのように聞こえました。
心が歪んでいるため

そうして、冒険家ル・マンは旅に出たのです。これも巡遊少女と同じく、シリーズものなのでどこかで会いそうですね。


異国の言葉

異国の本を手に入れたけれど、外国語が読めない男性がいました。
ほんやくこんにゃく食べてくだされ

そこで、リプルタイドにいた異国の言葉を理解できるおばあさんを連れてきましたよ。

本にはホルンブルグに巨大な門がある、と記載されてたんです。ホルンブルグってオルベリクの故郷ですよね。既に滅びましたが…。

ならず者

ならず者に困っているおじいさんのため、近くにいた悪い奴を討伐したものの「こやつらを操る黒幕は別にいる」と言われました。
名探偵か

そこで、おじいさんとならず者の睨み合いを、遠くから見つめていたトビアスにけしかけて、リンデに噛み付いてもらいました。

こやつが犯人だったわけですね。

ハンイット 2章

ストーンガードにやって来たハンイット。

そこには、師匠を知る女性・ナタリアがいたんです。師匠は彼女に会っていたようですね。
もしや元カノ?

ナタリアは、ザンダーと連絡が取れないことを心配しており、彼が最後に向かったのは山奥にある森と教えてくれました。

しかし、森の入口がないので調べたら…

木に擬態していた魔物が、通せんぼしていたんです!!なのでけしかけたものの、なかなかしぶとい。

「けしかける」では、リンデと捕獲した魔物が主な攻撃手段です。物語が進むとリンデが弱く感じてしまうので、ポケモンみたく魔物を捕獲する必要があるんですね。
マスターボール欲しい

VS 森の主

師匠と赤目が戦った痕を発見すると、森の最奥部からトナカイが登場!
サンタさんに迷子のお知らせ

こやつは森の主で、赤目の影響を受けてか、イライラしていました。そんな時は、深呼吸して6秒間我慢するのおすすめですよ!

ザンダーは石になった

森の奥で、石化したザンダーを発見!

赤目により石化する直前、ザンダーは誰かに読んでもらえることを期待して、矢文を放ってました。

そこには、赤目が石化の力を持つこと、石化を解く手がかりはノースリーチの占い師が握ることが書かれていたんです。

そして最後にハンイットとの約束「必ず帰る」を果たせなくてごめん、と記されており切なくなりました…。

もし私が同じ立場なら「石化を解く前にお腹と二の腕と太ももをちと削ってね」と書きそう…。

ハンイットは師匠の石化を解くと決意し、手紙にあった占い師スサンナに会いに行くことに。

師匠に赤目討伐を依頼した聖火騎士エリザは、その間に赤目の居場所を突き止めるそうです。

また、ナタリアはザンダーの親友の妻であることがわかりました。しかし親友は亡くなり、絶望したスサンナをザンダーは励ましていたんです…!

だから何度も訪れていたんですね。ザンダーの元カノと勘繰ってしまい、すみませんでした。。

←次回 オクトパストラベラー 感想日記14「努力しない系男子」

→前回 オクトパストラベラー 感想日記12「キャベツ宝石」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。