オクトパストラベラー 感想日記19「アイスバケツチャレンジ」




※ネタバレがあります。

アーフェン 3章

セントブリッジを訪れたところ、薬師オーゲンは傷を負った傭兵を治療せず、すたすた去ろうとしてたんです。

オーゲンいわく救う価値のない患者とのこと。

患者は全員救うべき!という信念を持つアーフェンは、傭兵ミゲルを全力で助けることに。

重症のミゲルに「ぶどう酒が飲みたい」と頼まれ、酒場に寄ったアーフェン。カルシウムを摂らせるためにも牛乳を混ぜとこ

そこで腹痛を訴えていた子供を助けようとするも、原因に見当つかないでいると、オーゲンがサクッと治してくれました。

そんなオーゲンは、治療前に必ず質問をしているんです。内容は分かりませんが、それで救うか否かを判断しているんです。

おそらく、こんな内容でしょう。

アイスバケツチャレンジしたことあるか?

オーゲンのやり方に賛成できないアーフェンは、各家を回ることに。

そこでミゲルが、執事を◯したことが発覚し、怒り心頭のアーフェンですが…

罪を償ってまっとうに生きる、と誓ったミゲル。

子供達がお腹を空かせており、どうしてもお金が必要だったようですが、治ったら警察に自首してくだされよ。

オーゲンが「救うべき命じゃない」と判断したのは、彼が犯罪に手を染めていたからなんですね。

…と思いきや、オーゲンが救った酒場の子供が、ミゲルに囚われてるんです!!

お金を要求し、リヴィエラの森に来いと脅しをかけてきました。お金より大切なものがあるんだよ、と説く暇もなく走り去ったので、後を追うことに!


VS ミゲル

リヴィエラの森の奥で、子供がうるさいという理由でお腹を刺した非道なミゲル。

子供がいるという話も嘘で、執事◯しもまったく反省してないので、お灸をきつく据えてやりました!

そして、治療した悪人が子供に重傷を負わせたため、アーフェンは「自分がやってきたことは間違ってたのか」と肩を落としたところに、オーゲンが現れたんです。

オーゲンの過去

オーゲンもかつて、アーフェンと同じように分け隔てなく助けていました。

優しいオーゲンは重傷の犯罪者を家に入れ、治療を施した結果、外出中にオーゲンの妻は◯されたんです。

それから、オーゲンは救う価値の有無を見極めてから、治療を施していました。というか、そんな悲劇が起きてはそうせざるを得ませんよね…。

オーゲン
人生は取捨選択の連続だ

すっかり落ち込んでいるアーフェンに、オーゲンがアドバイスを告げました。

彼の言う通りで、目玉焼きにかけるのは醤油か塩か、ゲームに課金するかどうかなど、確かに取捨選択が多いですもんね。
そういうことじゃない

アーフェンは元気が取り柄なので、今回の出来事を乗り越えて、いつもみたいに戻って欲しいですぞ。

←次回 オクトパストラベラー 感想日記20「仲間にしてあげますか?」

→前回 オクトパストラベラー 感想日記18「女の子ばかり育ててすまぬ」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • アイスバケツチャレンジてのが何なのか調べてたら微妙にエロかった件(笑)

    あれ?….今回、なんかシリアスであんまりツッコミどころがない(;゚д゚)

  • どにゃさん

    コメントありがとうございます!^^

    なんとww一時期流行っていたのですが、そのような画像があるとは…!私も調べてみねば!!笑

    今回は、シリアス濃いめです。。ですが、次回はどにゃさんが大好きなトレサさん回ですよ~!こちらにもコメントをいただき、ありがとうございます!(´ ▽ `)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。