オクトパストラベラー 感想日記27「親友よりイケメンの話を信じるわ」




※ネタバレがあります。

オフィーリア 4章

親友のリアナを追って、田舎町・ウィスパーミルにやって来たオフィーリア。

しかし町人は、オフィーリアを避けており、不安を覚えていました…。

そんな時に、天使で可愛いオフィーリアに私が慰めたらきっと、ぐふふふふ…!

体調不良を訴える住民を、介抱しようとするオフィーリア。

けれどそれは嘘で、邪教の救世主のお告げ「種火を追って女の神官がやってくる」により、オフィーリアを捕らえるよう命じられてたんです!

…種火のこと、すっかり忘れてた。。
住民ありがとう

邪教徒しかいない町で、牢送りにされたオフィーリア。そこに救世主…マティアスが現れたんです!

邪教では、聖火に封じられた、強大な魔法を持つ魔王ガルデラを崇拝しているよう。

そこでガルデラを復活させるために、種火と贄…つまりリアナが必要だと知るオフィーリアですが…

親友の話より、父親が生き返るという、マティアスの美味い話を信じ込むリアナ。
親友よりイケメンを選んだ瞬間

そんな彼女はオフィーリアを逃がすため、牢の鍵を解いてくれました。

心までは悪に染まってなくて一安心ですが、オフィーリアの制止の声も聞かずに、救世主について行ったんです…。

リアナの死者復活を願う心が、種火を死の国に繋げ、紫色の炎に変えてしまいました…。

村人は倒れますが、それでも父親が生き返ると信じて祈り続けるリアナのもとに、オフィーリアがやって来て…

父親が生き返らないこと、そして亡き父親が話してくれた、大切な人が亡くなった時にどうすればいいかを伝えたんです。

死んだ人は生き返らないこと。そして、悲しみは時が癒し、去りし者は心の中で生き続けることを。


VS 背教者マティアス

邪魔者のオフィーリアを潰すべく、戦闘を仕掛けてきたマティアス。

一瞬だけ上半身裸に見えてしまいましたが、よく見たら服を着てますね。ちっ

リアナの親友

マティアスを倒し、自分がしでかした事の重大さに気付いたリアナと共に、フレイムグレースへ帰還したオフィーリア。

種火も正常に戻り、式年奉火を無事に終えたものの、リアナは引きこもりニート状態に。

父親の死の悲しみ、罪なき村人の命を奪おうとしていたことへの罪悪感から、ご飯も食べなくなりました。

幼い頃、両親を亡くしたオフィーリアが引きこもり、リアナに元気付けてもらいました。

今回は自分が元気付ける番だと考え、オフィーリアはリアナをある場所に無理やり連れて行ったんです。

そこは、かつてリアナが連れてきてくれた、2人にとって大切な場所。

オフィーリアは、過去にリアナが慰めようとした時に、一番印象に残った言葉を教えました。それは、

オフィーリア
元気ださないとご飯おいしくないよ

リアナはすっかり忘れてましたが、思わず笑ってしまいました。

料理の美味しさは作り手の技術力や材料によりますが、元気なら大抵おいしく感じますもんね。私だけか

リアナは元気を取り戻し、めでたしめでたし。

それにしても、絆を取り戻した2人が可愛いですね!私もこんな美人に生まれたかった…!

リアナのバスト強調ポーズは、個人的にツボです!ありがとうございます、開発さん!
もっとやってください

残る主人公は6人!ラストスパートかけて頑張るぞおおお!!!

←次回 オクトパストラベラー 感想日記28「ドラゴン倒した意味」

→前回 オクトパストラベラー 感想日記26「愛した男との対峙」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。