閃の軌跡 感想日記9「2章 麗しき翡翠の都 3」




※ネタバレがあります。ご注意ください。

前回のあらすじ


 ユーシスの身の上話をこっそり聞いていたマキアス。彼の意外な過去を知ったマキアスは…?

2章 麗しき翡翠の都

特別実習2日目


 起床すると、昨夜の話に絆されたマキアスは「戦術リンクを成功させよう」という約束を、ユーシスと交わしました。しかし、アルバレア公爵が息子のユーシスを呼び出し、彼は一時離脱することに。昼に合流すると言いますが…。


 いがみ合うほど喧嘩腰だったマキアスが、ちょっぴり優しくなりました。なので、生暖かい目で見つめられます。やれやれ。

懐かしのメニュー


 ユーシスの母親の兄弟なので、彼の伯父にあたる料理人ハモンド。懐かしいメニュー(スープ)を作るために、油脂とハーブを収集して渡しました。このスープは、ユーシスの母親が試行錯誤して作ったもので、ユーシスが体調不良のときによく飲んでいたそう。

北クロイツェン街道の手配魔獣


 植物園にいそうな手配魔獣が、ずっと橋の手前で待ち構えています。水を与えると元気になりそうですな…。つ ホエルコじょうろ

旅行者の護送


 オーロックス砦で迷子になっていたので、バリアハートまで護衛することに。途中ではいきなり叫びだしました。何があったの…。

昼間の様子


 ユーシスと親しい子供たちから、赤い月のロゼ5巻を入手!この子たちは、両親が仕事から帰ってくるのを待っているそうです。


 昨日、ドリアード・ティアを呑み込んだ伯爵は、お手洗いに勤しんでいるようです。きっと罰が当たったんでしょう。にしましても、便器を持たされるロイスが不憫すぎる…。

特別実習2日目 午後


 バリアハートに戻ると、領邦軍の兵士が駆けつけてマキアスを逮捕しました。公爵が敵対する帝国知事の息子だから「帝国知事との交渉で有利になるよう手札に加えておく」という狙いでしょう。


 ここで遊撃士のトヴァルが登場!!残されたリィンたちに、公都の地下水路の存在を教えてくれました。そして、3人は地下水路からマキアスのもとへ行き、彼を奪還することに決めます。


 地下水路への扉は、エマさんが魔法で開けてくれます。ちなみに、Aperioは「花開く」という意味だそうです。


 リィンたちと同じことを考えていたユーシスが、実家から脱出し、地下水路からマキアスのもとへと向かっていたので合流しました。公爵が呼び出した理由がユーシスの拘束であり、話をするためではなかったことにしょんぼりするユーシス…。


 フィーが爆弾で扉を破壊した結果、彼女が猟兵団出身であることが判明。どうりで身のこなしが軽いわけです。


 マキアスを救出するも、兵士たちに見つかったので戦闘へ。ユーシスの言葉通り、彼らを気絶させて脱出を試みます。が…


 まさかの軍用犬投入もはや化け物! 迅速な動きで退路を断たれますが、ユーシスとマキアスの戦術リンクで無事勝利!


 初めての成功に感動する2人。違う


 束の間、領邦軍に包囲されるA班。そんなとき、喧嘩相手だったマキアスを庇う言動を見せたユーシスが、それはもう格好良すぎて胸を打たれました!しかし、隊長は怯まず…。


 そこに現れたのが、サラとルーファスです! 彼はトールズ士官学院の常任理事で、生徒への不当な拘束は認められないという理由から、領邦軍を退散させます。アルバレア公爵を何とか説得したそうで、この場は一件落着に。

 しかし、ここで兄と弟の格差を見せつけられましたね…。ユーシスには逆らうのに、ルーファスには逆らえないという領邦軍と、ルーファスの説得には応じたアルバレア公爵の態度に。ユーシスの立場を考えると、何とも言えない気持ちになりました。


 峡谷方面に去ったルーファスを見つめるトヴァル。そこに、ブルブランが現れました。むむ、外国から来た初々しいカップルって……

エステル
 エステルと…

ヨシュア
 ヨシュア…?


 帰路では、サラが「この経験は、君たちの血肉になる。将来はばらばらになるかもしれないけれど、かけがえのない仲間と一緒なら、今しか得られない何かを手に入れられる」なんて珍しく良いことを言ってくれました。

 その一方で、オーロックス砦に侵入していた子供・ミリアムがA班を見守っていました。彼女の話し相手はスケアクロウと呼ばれ、どんな交渉も必ず成功させるレクターです。ここで言う「連中」というのは、ギデオンたちのことでしょう。


 2章でのリィンの評価はSでした! ゲームとは言え、羨ましいです。私もこんな評価が欲しかった…。そしてエマさんかユーシスにぎゅっと抱きしめてもらいつつ、「よく頑張りました(頑張ったな)」と褒めてもらいたい…!

←次回 閃の軌跡 感想日記10「幕間 バリアハートでの特別実習を終えて」
→前回 閃の軌跡 感想日記8「2章 麗しき翡翠の都 2」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。