閃の軌跡3 感想日記1「鉄壁のシスコン英雄・リィン」




※ネタバレがあります。

はじめに


こんにちは、美男美女と
ムフフなハプニングを愛するりーさんです!

初見プレイのため、
コメント欄でのネタバレは
控えていただきますよう
お願いいたします。


新Ⅶ組+αで要塞攻略


これはTGSで試遊できたシナリオですね!

5人の生徒は、Ⅶ組B班として
要塞攻略を行うんです。

教官兼主人公のリィンと、
閃1・2でお馴染みの旧Ⅶ組は
A班として行動しているよう。

攻略する理由は不明ですが、
よおおし!!
いっちょ気合い入れて戦いますか!!


気合い入れた結果、2人がお亡くなりに…。

じゃ、アイテムで回復しよう
と試みたものの、
アイテム欄が使えないんです!!

いやいや、これはまずすぎますぞ!!
と焦ったところ、
回復装置があったので助かりました…!

VS スレイプニルF1


5人の前に立ちはだかるのは、
鉄機隊が所有する兵器
スレイプニルF1です!

鉄機隊は、結社・身喰らう蛇の幹部
アリアンロード直属部隊ですが、
初めて遊ぶ人には何のこっちゃなお話かと…。

それについては追々触れるとして、
ひとまずはこやつらから退治することに!

ここではバンバン、
Sクラフト(必殺技)を使い撃破しました!
機械類はピカチュウの10万ボルトで一気に倒せそう

VS 剛毅のアイネス、魔弓のエンネア


その後、高みの見物をしていた
鉄機隊のアイネスとエンネアがお出ましに!
個人的に右のエンネアが好み

鉄機隊は女性のみで構成されているので、
ぜひともハーレムに加えたいものですな。

そんな彼女たちは、
主力を迎え撃つまでの暇つぶしとして
生徒らと戦うことに…!

血気盛んな女性は
あっちのほうもお盛んなんでしょうな…
なんて考えてる場合じゃありません!!

致し方なく戦うことになりますが、
ここではある程度HPを減らすと
強制終了するんです。


すると、ポンコツ
神速のデュバリィが来ました!!

3人による技「星洸陣」とやらで
カタをつけてくる様子ですが、
生徒たちも過去に見たことがあるようで。

彼らの言動からして、
そんなもの発動されたら
ただでは済まなさそうですぞ!


圧倒的に不利な生徒たちの危機に、
リィンら旧Ⅶ組が駆けつけました!!

おお、胸が熱くなる展開ですね!!
私の推しメンは閃2で最期を迎えたのですが、
その次にキュンと来ているのはガイウスです!

高身長イケメン、たまらぬ!!

と悶えつつも、ここは彼らに任せて
生徒たちは先へ進むことに!

ここで何しようとしているのか
気になりますが、時は3カ月前に遡ります。

ティータとアガット


列車でリーヴスに向かうリィンは、
貨物列車に格納された
騎神ヴァリマールに会いに来ました。
人語を操るモビルスーツだと思って頂ければ

そこに現れた女の子・ティータと
リベール王国の遊撃士・アガットに会い、
お話することに。

空の軌跡シリーズでは
度々見かけたキャラなので懐かしいですね!
ティータをよしよししたい

互いに初対面なのですが、
行先は同じリーヴスのようですな。

パトリックと鉄壁のブラコン


リィンと一緒にいるのは、
貴族のパトリック・ハイアームズ!

閃1では何かと
リィンにつっかかっていたものの、
今ではよき友兼ライバルとして
切磋琢磨し合う仲なんですね。

ちなみに、パトリックは
リィンの妹・エリゼに片思い中なんです。

なのでエリゼを誘おうとして、
閃1ではリィンにあんな対応をされていました。

そして今回も、
エリゼに連絡をとりたい旨を伝えたところ…


ありがとう、パトリック。だがそれは全く別の問題だな(棒読み)」

貼り付けたような笑顔が怖いですぞ!!

このとき、リィンはパトリックと
握手を交わしているのですが、
パトリックが泣きそうな表情をしていました。

リィンがゴリラのごとく強い握力で
「妹に手出すなよ」
と主張していることが窺えましたぞ…。
さすがシスコン

トールズ士官学院・第Ⅱ分校


リーヴスに着きますと、
懐かしのトワが迎えてくれたんです!!

リィンは、新設されたばかりの分校で
教官として勤めるんですね。

先輩のトワも同じく、
教官の道を選んでいました。

彼女は、閃1・2では
超有能なスーパー生徒会長だったので
今回もその活躍に期待ですね!
そして胸は相変わらず平(ry


こちらは、鉄道憲兵隊の少佐・ミハイルと
クロスベル警察の方面から
赴任してきたランディです。

彼らもまた、教官として分校に来たのだそう。

かつて宰相は鉄道憲兵隊らを率いて、
クロスベルを制圧したんです。

リィンはそれに加担したので
ミハイル少佐共々、
ランディには良く思われていなさそうですな。

4名の教官が揃ったところで、
分校長のオーレリアと、
特別顧問のシュミット博士という
名だたる人物が現れたんです!

なんだこのメンバーは!と驚きつつも
生徒のクラス分けを行うため
校庭へ出ることに。


少なっ!!!!!

全員で20名しかいないじゃないですか!!
20名に対して、
この分校の広さは寂しいものがありますぞ。

第Ⅱ分校は帝国政府が建てたようですが、
この膨大な校舎・施設を建築したからには
それに見合う何かを
生徒・教官に求めていることが窺えます…!


黄金の羅刹と呼ばれるオーレリアによれば
第Ⅱ分校は捨石とのこと…。
にしてもダイナミックなたわわですな

しかし、常在戦場という理念を持つ彼女は
そんな状況だからこそ得られるものがある
と説き、今一度生徒たちに
入学するかを問いました。

勿論、ここで逃げ出す生徒はおらず
皆が入学することに。

新Ⅶ組


クラス分けが発表され、
リィンはⅦ組特務科の教官として
赴任することに。

生徒はたったの3名です!

そこには、帝国情報局の
アルティナもいることから、
何かしらの任務を遂げるために
宰相によって配置された気がしますぞ。
〇リ枠がいないから入れたんですね

←次回 閃の軌跡3 感想日記2「不埒なクルト」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。