閃の軌跡3 感想日記13「灰の騎神・ヴァリマールに胸キュン!」




※ネタバレがあります。

エリゼ・シュバルツァー


この少女は、
アストライア女学院の生徒会長…
エリゼ・シュバルツァーです!

リィンの妹ですが、血は繋がっていません。
リィンはエリゼの家族に拾われたので…。

しかし、リィンを兄さまと呼ぶほど
心底慕っているんです!!
私もお姉さまと呼ばれたい

相変わらず皇女のアルフィンとは仲が良く、
近々あることに参加するそうです。

これはリィンたちと
出くわす可能性が高そうですな…。


アリサ・ラインフォルト


一方で、こちらは旧Ⅶ組のアリサです!

ラインフォルト社(通称:RF社)の開発部で
せっせと働いていましたが、
最近シャロンの様子がおかしいようで…。

シャロンとは、
ラインフォルト家のスーパーメイドです!

お淑やかで、戦闘から家事まで
何でもできちゃいます。
おまけにたわわもグッドサイズ

そんなアリサは、
エプスタイン財団のティオすけと
連絡を取っていました!

2章ではアリサ、
そしてイベントがあったものの
ブログでは掲載していないエマ、マキアスが
旧Ⅶ組メンバーとして登場しそうですね!

ドキドキな女子会


こちらは、第Ⅱ分校の男女別選択授業です。

女子は家庭科ですね。
トワの指示に従って料理していますが
ボウルの中身に何も入っていませんぞ!!
いったい何を混ぜているの!!?空気

その後、誰がイケてるだのなんだのと
恋愛話へと発展しました。

女子はこういうお話が好きなんですよね。
しかしこれは授業じゃなく、
もはや女子会ですぞ!!
ここだけのお話、女子会のネタは男性と下ネタが多い

私だったらクロウ先輩を
全力で推したいのですが、
ガイウスもいいんですよね~。

アッシュはYDK


こちらは、
導力端末(パソコン)を使った授業です。

アッシュは時間の無駄だと言いながら
教室を出て行っちゃいましたが、
リィンいわく及第点を取っているそうで。

なるほど、アッシュはYDKなんですね!
YDK=やればできる子

ロボットに恋しそう


格納庫では、技工士のミントが
ヴァリマールの整備をしてくれてました!

そこで天性のおドジを発揮し、
落ちそうになったミントを救ったのが
ヴァリマールです!!

え、何ですかこの展開は!!
第三者の私でさえ
ヴァリマールに胸キュンしましたぞ!!
ロボットでも恋愛対象に入ります

神機の調査


一方で偏屈おじさんシュミット博士は、
神機のパーツを調べていました。

調査した結果、
神機とやらが動いていた事自体、
工学的におかしいことがわかったんです。

至宝と呼ばれる超越的な力を持つ
古代遺物も使っていないので、
どんな力で動いているのか知りたいですね!

クロウとの思い出


格納庫を去ろうとしたリィンの足元に
50ミラが転がってきました!

50ミラと言えば、
クロウじゃないですかあああ!!!

手品に使うと言われて50ミラを渡したら、
パクられた懐かしい思い出が蘇ります!

彼だと思い、ぱっと顔を上げたところ
ガッカリなことにランディ先生でしたぞ…。

自販機で買い物したところ、
誤って50ミラを落としちゃったのだとか。
紛らわしいですぞ

不埒な気配


一度はプンプンだったクルトも
リィンとはすっかり元通りで。

リィンへの信頼がより強まったようで、
シャキッとした態度で接してくれました。
しかし目線はネコミミにいっているような…

そんな様子を見たユウナとアルティナいわく
不埒な気配がするとのこと。

この世界の乙女は、
男性同士の純情で情熱的な物語が
好きなんですね!

やけに男子同士のムフフ?を推してくるので
開発者の中にBL好きがいますな…!


終いには、お風呂も一緒に入っちゃいます。
急に距離が縮まり過ぎますぞ!

ほうほう、
クルトの上半身もなかなか綺麗ですね!

上腕二頭筋はリィンより衰えていますが、
肌が陶器並みに美しいですぞ!
触りたい!!

これは髪を伸ばしたら、
女性に間違えられてもおかしくないほど
美女になりそうですな…!

取り違えられた本


文芸部のタチアナが本を購入したのですが、
間違った本を持ってきてしまったようです。

その本は「私を畑へ連れてって
というタイトルで、早速探し始めることに。
農業の本ですかね?

すると、カインという男性の本と
取り違えられていたことに気付きました!

そこでカインに聞いて、中身を確認すると
女性がほぼ登場しない恋愛小説でした!!

ということは、タイトルの私って
男性を示しているのですかね!?

農作業に勤める男性に惚れた
私(主人公・男)が、
彼の畑に連れて行ってほしいと
懇願する物語なのかも知れまぬな。
彼の畑ってもしや下ネタ…

ランディとサシ飲み


ランディ先生に誘われて、
宿酒場バーニーズで飲みながら
お話しすることに。
残念ながらバニーガールは登場しません

サザーランド州での演習を振り返りつつも
ランディがかつて行動していた
特務支援課のお話を聞かせてくれました。

閃2でリィンが対峙した、
ロイドが所属する課ですね。


この写真に写っているのが、
特務支援課のメンバーです。

ここにいないキーアも含めると、計7名ですね。

画面左側の犬ころは、クロスベルで
神狼と呼ばれている大きな狼です。

ポケモンで言うと、
ルギアやホウオウみたいな存在ですね。

しかし名目上、
警察犬として扱われています。
狼ではありません


あいつともこんな風に飲めたら…っていうのは甘ったれすぎか

ランディ先生との飲みを終えて、
リィンはふと思いました。

ここで言うあいつとは、
愛しのクロウ先輩です!!

私もクロウ先輩と
サシ飲みしたいですぞ!!!
酔わせてあんなことやムフフなことを…

ミュゼとお風呂イベント


た、たわわああああああああ!!!!!

…っとすみません、
視線があらぬ方向に向いてしまいました。

彼女は着物に着替える前に、
身を清めるためにお風呂に入ったのだそう。

そんなミュゼは
海都オルディスの貴族の娘なんです。

…まさか、
父親はカイエン公(閃2の悪役)
じゃないですよね?

←次回 閃の軌跡3 感想日記14「オーレリアはバリバリ最強NO.1」

→前回 閃の軌跡3 感想日記12「猟兵王ルドガーとネコミミ教官」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。